2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 安田記念の予想 | トップページ | CBC賞の予想 »

安田記念の回顧 春のG1連敗に終止符 

安田記念ウォッカが最後にディープスカイを交わして勝利!去年に続いての連勝を飾りました。

馬券的にはようやく春のG1で初的中!先週のダービーが展望をしっかり重ねた挙句、馬券を勝買った後に大雨が降ってひどい不良馬場になるという何とも言えないレース。それだけにこの的中は嬉しいもの。

予想の骨組みはディープスカイウォッカの一騎打ち、3番人気のスーパーホーネットは消して、3着にはカンパニーファリダットを厚めに買うという予想。

そして実際にその通りの結果に!
完璧!と言いたいところですが、皆さん私の想定とは違ったレース運びをしていたようで・・・・。結果的にうまく当たったという印象。

12.0 - 10.6 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.4

レースは高松宮杯と同様にローレルゲレイロが外枠から楽に先頭に。この馬が主導権を握るとおもいきや、コンゴウリキシオーが押して押して先頭に。前半のラップが速くなりました。せっかくいいスタートを切ったのに、かつてこのレースを2着に導いた馬に流れを乱され藤田騎手は大迷惑。

重めの馬場で前半が速かったので、先行馬は直線で一杯に、少し上がりのかかる安田記念になりました。

勝ったウォッカ

牝馬ながらにダービーを勝ち、天皇賞を制した馬。おそらくは歴史に残る名馬であると言わる馬。それでもダイワスカーレットと同格の名馬かと言われると・・・。
などと思っていましたが、今日の走りを見て、「紛れもない名馬だ」と感じました少し主観が強いかもしれませんが、今日のウォッカには勝つという意思さえ感じました

今日の武騎手の騎乗はお世辞にも褒められたものではなく、位置取りは絶好でしたが、直線に入った所で、おそらく武騎手自身が出そうとしていた所は後ろのディープスカイに奪われ、それならば外に、と考えますがそこは壁になっており、そこに詰まっている間にディープスカイは前へと進出。

余裕があり過ぎたと言うか、大事に乗り過ぎた印象。後ろにいる当面のライバル馬に進路を奪われるなど言語道断!長く続く末脚を持っている馬に乗りながら、先に抜け出すという選択権を持ちながら、それを行使せずにまんまと進路を塞がれ、勝負所でしばらく追う事の出来ない競馬!負けて当然のお粗末な騎乗。

詰まっている間、ウォッカ自身が二度、三度と外のあいている進路に首をやります。業を煮やしたとさえ見えます。そこから一気に馬群を割って抜け出して伸びます。
パトロール映像で見ると馬群を割る際に、外の馬がヨレて来て強く接触され、その勢いで内の馬にも接触。ウォッカは全く意に介さず加速!!その前には外へと微妙に斜行しながら勝ちに行っているディープスカイが。不運な事にこれにも詰まります。
またしてもウォッカは接触された直後にもかかわらず首を外に向けディープスカイを抜きに行きます。
素晴らしい力感のあるストライドで一気に交わして勝利をつかみました。

競走馬は騎手が巧みに操って初めて勝利出来るものだと思っていましたが、今回のウォッカには馬自身に勝とうとする意思を感じました。私にはそう感じられました。
ヴィクトリアMで圧勝しても何も感じませんでしたが、このレースでは強く感じました!ウォッカは「紛れもない名馬」であると!
このレースは得意な条件で走ったとか、競争能力が他馬比べて抜けていたとかではなく、それ以上にこの馬が輝いて見えるレースでした。いいレースが見れました!!

2着、ディープスカイ

今回も四位騎手は完璧な騎乗。圧倒的な末脚を持つ馬に対してという意味ではオークスのレッドデザイアにも通じる乗り方。本当にこの人は東京のG1レースで毎回素晴らしい騎乗をします。それが勝ちに結びつかない事がもどかしい所です!四位騎手はもちろんでしょうが、今回は私も!!

レースは想定通り、ウォッカを視野に入れてその後ろに付ける競馬。
ウォッカの武騎手が大事に乗って末脚の爆発力を発揮しようとしたその時に、ウォッカの内側に馬をねじ込み、ウォッカの進路を塞ぐとともに、自分はスムーズに進路を確保して加速していった騎乗技術は秀逸!!馬との呼吸、周りの馬の動きを完璧に把握していないとああ巧くはいかないでしょう。完璧以上の騎乗。

レース後、「あれで負けたら仕方ないですね」とコメント。オークスの後もこんなコメントを残していたような。これには圧倒的な馬に対し、打ち勝つ為のベストの騎乗が出来たという騎手としての自負のようなものを感じます。

仕掛けが早いとか言う人がいるかもしれませんが、ウォッカに勝つには最善の選択だった事は間違いないと思います。

残念だったのは、(レース後に知った事ですが)馬体が絞れていなかった事。宝塚を視野に入れた仕上げだった事。

今日は前走から+14キロでしたが、昨年のJCからの比較では+6キロですからね。それにピークはまだ先とも思い、宝塚記念に繋がるように考えて調整しましたからね。この後上積みはあるだろうと思っています

これはレース後の調教師のコメント。
こういう調整方針だった事はレース前に大々的に言って欲しかった・・・・。
多分これは負け惜しみなどではなく本当のところでしょう。完璧な競馬をしながらファリダット、カンパニーとあまり差がなかった事を見ても万全で無かった事は明らか。

(もう少ししっかり仕上げていれば・・・・。ディープが勝利していれば、勝負馬券のそれも厚く買った2点のうちの1点(149倍)が的中ですがどうだったでしょう?)

ディープスカイは最後もっと弾けると思っていました!弾けなかった理由はコレ?
前走は良化途上での叩き対台。春は安田記念と宝塚の2戦のみ。最も充実する4歳馬ですし、2戦ともしっかり仕上げてもよかったのでは?こんな事をしていると両方取り損ねる事にもなるのでは?それとも何か問題が???

ウォッカがまずい騎乗をされ、勝つチャンスの大きかったレース。意図的に万全に仕上げなかった事でレースを落としたと見る事も出来ます。勝負事は勝利の女神に見放されると不思議と勝てないものです。勝ってくださいのレースを人為的な理由で落としたレース!次走はどうでしょうか?

今回の走りを見るとウォッカには全くの完敗。完璧な騎乗をしたディープが負け、ひどい騎乗になったウォッカが勝利。単に仕上がり不足という差だけなのか?意外に成長力が無かったなんて事は??このレース万全の状態で臨むディープスカイが見たかった・・・。

3着、ファリダット

カンパニーとファリダットを3着候補として重く見ましたが、配当面を考えると3,4着の鼻差は大きい。この馬と安藤騎手に感謝。

中団のイン辺りでの競馬を想定しましたが、最後方の競馬。コンゴウリキシオーが前半を速くしてくれた事が幸いしました。それを見越しての作戦??ローレルゲレイロのペースなら上がりがもう少し速くなり届かなかったでしょう。

この流れを中団で競馬していたら、もともと斬れるがそれほど長く続かない脚の馬。厳しいレースになったかも。

カンパニーとの着順の関係はコース取り、内外の馬場差もあったでしょう。今後は再び過剰人気?この馬は内差しが期待できる前走から重く見るようになりましたが、馬券的な相性は良さそうです。今後も仲良くしたい馬。

4着、カンパニー

天皇賞に続きまた鼻差の4着!!天皇賞は悔しい思いをしましたが、今回はフェリダットも重く見ていて助かりました。毎回よく走ってくれますし、能力も高い馬で応援している馬。でも今後はそろそろ年齢的に衰えの心配がありそう。



今回はウォッカがまともにレースをしていたら圧勝していたレース。評価した馬をこう言うのもなんですが、東京の長い直線がいいとは思えないファリダットが3着、実力馬だが8歳のカンパニーが4着。上位3頭は強いが、他は少し役者が不足していたように感じていました。今のマイル路線は相当に層が薄そうです!!今年のマイル重賞では意外な穴馬の激走が期待できるのでは?新星登場を熱望!!!

« 安田記念の予想 | トップページ | CBC賞の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

武と四位の騎乗は同意見です。
昆調教師はそんなこと言ってるんですか。なんか、解せない使い方です。

こんばんは、カリブさん。

ラジオNIKKEIのサイトのレース後のコメントの記事で見たのですが驚きました。

ディープスカイを本命1着付けにした人も相当多くいると思うのですが、そのほとんどがこのコメントには唖然とさせられたでしょう。

ディープスカイが勝つところを期待していた者にとっては、余計にガッカリさせられるので見なければよかったと思ってしまいます。

私もコメントを見た時には唖然としました…一番嫌いなタイプの言い訳コメントです
その昔、浜田調教師が『本番もトライアルも関係ない、ファンが応援してくれる限り100%に近い仕上げをするのが自分の仕事!』といったことに対して、伊藤調教師が、『そんなことでGIがとれるほど甘くない』コメントしたことに嫌悪感を覚えたのを思い出しました…言いたいことはわかりますが、ファンからすれば100%じゃなくてもいいから勝つ見込みを持って自信を持ってレースを使ってほしい!
そうすればレース後のコメントも違うものになっていたでしょうし…
私は四位騎手のコメントのほうを信じます
ディープは勝負になる調整で挑んで、ウォッカに勝つレースをして残念ながら負けた!

そういえば、もうひとつ嫌いなコメントで、GIを休み明けで使う馬が、『乗り込み量も十分で、いきなりでも勝負になる!』と強気のコメントをしておきながら、レースに負けた後のコメントが『久々がこたえた』これには参ります・・・

お見事です!
ファリダット、カンパニーをあつく持っていたところはさすがですね。

私はファリダットを最後に切りました。オッズを考えても無理に切らなくても良かったかなって思います。

ディープスカイから入ってたので、結局はダメでしたけどね・・・。

metalmoonさん、こんばんは!

その昔・・からのくだり!激しく同意です!!!

「言いたいことはわかりますが」と入るあたりにmetalmoonさんの思慮深さを感じます。

ファンあっての競馬!ファンが馬券を買ってくれる事で成り立っているのが実情です!
だれも見向きもしなくなったら・・・。

調教師はもちろん自分の管理する馬を目標レースに向けてしっかり鍛える事が仕事ですが、上に書いた理由からファンの存在も意識する事も必要だと思っています。

浜田調教師のコメントからはその意識がハッキリと感じ取れます。それに対して否定的なコメントをするという事は間接的にはではありますが、ファンの存在を否定する事では???
競馬ファンとして嫌悪感を覚える事も当然です!!

今回のレース後のコメントは本当に残念ですね。G1と言えば本来しっかり馬を仕上げて出るレース、そしてファンも多くの金額を使うレース、更にはディープスカイは人気馬!ファンの存在を意識する調教師なら・・・。

仕上がり具合も見極めて馬券を買う事も買う側としては必要なのかもしれませんが、その馬に期待をしたファンに対してレース後ヌケヌケと今回のようなコメントを残す調教師は競馬がどのような体系で成り立っているかもう一度考え直す必要がありそうです。

レース前のコメントも「かけひき」の一つなんて思っている人がいたらどうかと思います。

私の中では、競馬を支えているファンの存在を意識している調教師としては、昨年末の記事で触れましたが、小島茂之調教師が真っ先に思い浮かびます。
騎手としては池添騎手、この人のコメントは正直で馬券を買う側としては助かります。

metalmoonさんのもうひとつ嫌いなコメントの方!あります!ありますね!!こういうラッパ吹きはどうにかなりませんかね!

特にG1では全馬勝つ見込みを持ってレースに出て来る事を期待したいですね。残念ながらそれが叶わなかったとしても、レース後のコメントは多少はファンの存在を意識したコメントを!とお願いしたい気分です。

こんばんは、P.DONさん。

ありがとうございます!!

ファリダット、カンパニーうまく3,4着に来てくれました。レース運びは予想していたものとかなり違うんですけど・・・。

P.DONさんも同じディープスカイ1着付けの◎だったようで。もう少し弾けるディープが見たかったですね。

最後に切った馬って不思議とよく走りますね。特にオッズを考えれば無下に切らなくても!と思える馬に限って!!何度も経験があります!その苦い経験を糧に・・・ヒモが増えています!!??


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29991692

この記事へのトラックバック一覧です: 安田記念の回顧 春のG1連敗に終止符 :

» 安田記念でどの馬を買う? [無料レポート]
安田記念の買える馬、買えない馬、知っていますか? [続きを読む]

« 安田記念の予想 | トップページ | CBC賞の予想 »