2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« CBC賞の予想 | トップページ | マーメイドSの予想 »

CBC賞の回顧

CBC賞は伏兵プレミアムボックスが最後の直線で溜めた脚を開放、後方からの差し切りが決まり去年のオーシャンS以来の勝利を飾りました。

プレミアムボックスはかろうじて買い目には残しましたが、まさか勝つとは。掲示板の載った5頭は力強い走りに見えましたが、他の馬達が走らな過ぎた観も。このレースが秋に繋がるレースかは甚だ疑問です。
同日の同条件、6Rの500万のレースと比べても勝ちタイムは0.1秒速かっただけ。例年、同日同条件の500万のレースと比較すると大体1秒前後のタイム差があるものですが、今年は・・・・。回顧する価値があるかさえ・・・・。

勝ったプレミアムボックス
完全に終いに賭ける競馬。思っていた以上に斬れました。鮫島騎手は久しぶりの同馬の騎乗でしたが、「溜めればいい脚を使う馬」だと思っていたそうで。中京の最終週とも合わせて馬の長所を引き出したいい騎乗でした。
今後の向けての評価は展開待ちの馬。

2着、エイシンタイガー
将来的には重賞で勝ち負けになる馬なのでは?と期待しています。今後応援していくつもりです。このレース、古馬相手に何とか食い下がってもらいたいと思っています。

と予想の最後に書きましたが、いきなりCBC賞で勝ち負け!危うく(?)勝ってしまうレース。この馬は3歳馬の短距離路線で力量上位の馬ですが、抜けて強い馬というわけではありません。
池添騎手はレース後、「もう少しでしたね。抜け出すタイミングをもう少し遅らせていればよかったですね。くやしいです……」とコメント。
勝ってしまってもおかしくなかったレース。もちろんこの馬の力もある程度のレベルにはありますが、まだ成長途上の3歳前半の馬。毎回コンスタントに力を発揮する馬が52キロの「恵量」、そして相手は一線級とは言えないメンバーで、しかもあまり走っていない印象。

今後、この路線で応援していくつもりも馬ですが、額面通りとは言えない「CBC賞2着」の肩書きが付いてしまいました。今後過剰に人気になるかと思うと・・・・。

3着、スピニングノアール
馬はかなりの中京巧者、鞍上はその馬を毎回中京で上位にエスコートする術を心得ている福永騎手。この馬が○にしましたが、やはり中京では馬券になりました。
この馬も早8歳。次の中京はどうでしょうか?

4着、ソルジャーズソング
この馬は1200m戦では安定勢力。高松宮3着。力量は上位。印は▲。レースレベルを測る上で基準になりえる馬。今年に入って目標レースの高松宮を含んで5戦目。馬体重はマイナス14キロ。おそらくは万全ではなかったレース。そしてこの馬が差のない4着。
(レースレベルは「推して知るべし」か?)

5着、アーバンストリート
アーバンストリートも可能性はありますが、差して届かずのレースも目に浮かびます。しかもこの馬が1番人気・・・。旨み無し!!

こんな事を書きましたが、やはり届かなかったレースに。終いの脚は勝ち馬とほぼ同じ。4角の位置取りの差がそのまま着差に。前に行くという重要な能力が欠けている馬。(騎手曰く、変に出して行くと、終いが甘くなる馬。)かと言ってそれを補うほど末脚の爆発力が優れているとは思っていない馬。
このスタイルではやはり差し損ねが多くなるでしょう。
ポンとスタートで前に出して、その後がっちり馬を制御して終いの脚を確保できる騎手が乗った時が馬も変わり時??

6着以下は何とも言えないレース。

一応◎馬だけ。
ウエスタンダンサー
先行して4角で1頭内に突っ込む競馬。直線半ばでパタッと止まって最下位・・・。今回は状態が良いと踏んでいましたが、最後の失速ぶりは気がかり。苦しくなって馬が走るのを止めている可能性も。しばらくは買いづらい馬に。


今年のスプリント路線はタレント不足というか、層が薄い気がします。今回3歳馬が連に絡んだこともそれを象徴する出来事かと。今後のスプリント重賞も枠、展開一つで順位が上下する可能性も。オッズも割れ、予想し甲斐のあるレースになるという事に関しては歓迎なのですが・・・・。
秋のスプリンターズSに向けて、この路線で力量最上位と思っている馬はスリープレスナイト。この馬が本番前のステップレースで凡走するようなら、大混戦??


CBC賞と言えば、スプリントレースとしてはG1に準ずるくらいの「格」があった(はずの)レース。毎年トップレベルのスプリンターが集い、勝ち馬の名前だけを見ても錚々たるもの。
そのCBC賞が3年前からレースの施行時期を年末から6月に移行するとともに、格下げされてG3のレースに。
そして今回はこのようなレース。寂しいかぎりです。
施行時期の問題でG1を目指すようなメンバーが集まらない為か?単に今のスプリント界の質の低下か?

華やかな中距離路線と比べると、裏街道的なスプリント路線。(特に最近そのように感じます。)その裏街道をパッと明るく照らし出してくれるような煌めく才能を持ったスプリンターの登場は果たしてあるのか?

« CBC賞の予想 | トップページ | マーメイドSの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

エプソムCはシンゲンからの
馬連流ししか買っておりませぬ(TωT)

せめてキャプテンベガが2着なら
大儲けだったのですが。。。

馬連320円ではねぇ(;´д`)

相変わらずテンションの上がらぬ
週末でした(´~`)

だけんどもしかし
今週から2歳馬がデビューヽ(´▽`)/

テンションを上げてくれる若駒の
出現を期待しております(・∀・)

こんばんは、歳三さん。

エプソムCは堅い所が来ちゃいましたね。

今週はマーメイドS。近走パッとしない馬が集まり、しかも牝馬のハンデ戦。週末は雨?難解なレースになりそう。

テンション上げる為にももう一つ重賞があるとよかったような。

もう今週から2歳馬がデビューですか!!

最近どうも魅了される馬と言えば牝馬の方!そろそろ牡馬の「怪物」と呼べるような、見る方のテンションを上げてくれる馬が出てくる事を期待します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/30126498

この記事へのトラックバック一覧です: CBC賞の回顧:

« CBC賞の予想 | トップページ | マーメイドSの予想 »