2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 安田記念の回顧 春のG1連敗に終止符  | トップページ | CBC賞の回顧 »

CBC賞の予想

G1連戦も先週で終り、初夏のグランプリ宝塚記念まで少し間が空きます。

今週は中京でCBC賞、東京でエプソムCが行われます。

手を出すのはオッズが割れていて配当が期待できるCBC賞の方。

このレースで思い出す馬はゴールデンロドリゴ
馬券になるのは北海道シリーズと中京の1200。いかにもローカル平坦戦が狙えるロドリゴデトリアーノ産駒といった馬。
他場で凡走を続けていてもCBC賞ではまるで別馬のように走ってしまう馬でした。4着、3着、2着と(ピークを越えて)年をとる毎に、人気が下がる毎に着順を上げてくれる不思議な馬でした。

今年はその馬に似た馬が一頭出走。スピニングノアール
中京だけ買っておけばいいような戦績の馬。以前から時計が速い決着に適性がある馬だと思っていましたが、8歳になってもやはり「中京」「高速決着」だった前走で馬券になりました。
CBC賞においてはゴールデンロドリゴとダブる馬ですが、相違する点が一つ・・・。他場で凡走を続けているのに人気になってしまう馬という事!!
現在2番人気。本命にする気が失せます。

中京の最終週と言えば、内が荒れて、一気に外差しの馬場になるイメージがありますが、芝を育成する技術が向上したのか、最終週になっても極端な外差しにはならなくなっているような気がします。昔、この時期の中京最終週に3歳戦のファルコンSがありましたが、外を回すような馬を買っていれば当たるイメージがありましたが・・・・。

テレビ愛知オープン。中京の開幕週の1200m戦。当然馬場が良く、今年は1分6秒台の勝ち時計。前目で競馬が出来て軽い、時計の速い馬場に適性がある馬が上位に来ます。変わって最終週のCBC賞、狙うなら、テレビ愛知OPで馬券になった馬ではなく、後方から上がり最速を出しながら開幕週の馬場で届かずに負けた、アーバンストリートのような馬。

今年は例年よりずっと「小粒な」CBC賞、混戦模様のオッズが示す通り、力量差のないレース。流れ、位置取り、そして馬場状態で簡単に順位が入れ替わる難しいレース。
G1で少しは勝負になりそうな馬もおらず、テレビ愛知OPが主力ステップレース。最終週という事でこのレースの上位と下位が入れ替わるという予想もアリでしょうが、どうも馬場がそんなに変化しているようには思えません。アーバンストリートも可能性はありますが、差して届かずのレースも目に浮かびます。しかもこの馬が1番人気・・・。旨み無し!!

本命は人気薄から。
◎はウエスタンダンサー

去年の京阪杯の勝ち馬。勝ち負けになるだけの力量を備えている馬。問題なのは状態面。今回はその状態アップに期待します。
前走京王杯SCは1200mの馬には条件不適のレース。最後は止まりましたが、見せ場はあったレース。勝ち馬とも0.4秒差。復調傾向と見ます。
スタートはいい馬。ポンといいスタートを切って前に行き、そこから位置取りは下がっても脚を溜め、最後にその脚を開放するタイプの馬。馬場の真ん中辺りが一番伸びる馬場だと思っているので、枠順、いつものレースぶりからもその辺りの馬場に乗せて伸びてくる事が期待できる馬。川田騎手に戻る事も好材料。
とにかく状態アップを!状態さえ戻ればこのメンバーなら勝ち負け。現在9番人気はかなり舐められた評価をいう事になりますが、さて。

2頭軸の3連馬券を買うので対抗は悩みます。結局○は上に書いたスピニングノアール

凡走の多い8歳馬が2番人気。ちょっとどうかと思いましたが、中京1200mの「スペシャリスト」として期待します。久しぶりに福永騎手に戻る事も買える大きな要素!この人は中京1200mでこの馬をどう操れば上位に馬を持って来られるか熟知しているでしょう!陣営もその事に期待しての起用だと思います。

▲は因縁のあるソルジャーズソング

馬券は馬連。

◎から○▲ の2点が勝負馬券。

3連複。

◎○の2頭軸から ▲⑦⑬①⑰ ④⑪③⑫⑯ の10点、青字は厚めに。

オッズが割れていて3連複の配当が期待できるレース!しかもハンデ戦!ヒモは多めに。

このレースでどのくらい走れるか期待しているは⑰エイシンタイガー

この馬が去年夏にデビューした3歳馬。まだこの時期の3歳馬は完成していないという点で古馬と対戦は斤量差があっても多少不利だと思っています。それゆえ評価を落としました。
この馬はデビュー以来12戦をしていますが、ある程度高いレベルでの力量を持ち、しかも常にレースで持っている分の力を発揮してくれるの馬なので、他馬との比較をする「物差し」馬として重宝しました。
将来的には重賞で勝ち負けになる馬なのでは?と期待しています。今後応援していくつもりです。このレース、古馬相手に何とか食い下がってもらいたいと思っています。

« 安田記念の回顧 春のG1連敗に終止符  | トップページ | CBC賞の回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/30100242

この記事へのトラックバック一覧です: CBC賞の予想:

« 安田記念の回顧 春のG1連敗に終止符  | トップページ | CBC賞の回顧 »