2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ヴィクトリアマイルの回顧 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)と東海Sの予想 »

優駿牝馬(オークス)の展望

ここに来て忙しい日が続き、おまけに急に暑い日が多くなったのでかなりのグロッキー状態。オークスの予想の方は全く進まず、早、前日の夜。もう土曜日なのでとりあえずオークスの展望。

牝馬3冠の2冠目、オークス
マイル~2000mくらいのレースしかした事のない馬達の最大の目標レースが東京の2400m!これは少しおかしなレース体系のような気もします。2000→2400→3000と距離を延ばしていく牡馬クラシックとは違い、牝馬クラシックはいきなり1600→2400となります。

この時期に牝馬にとって2400mは長い距離であり、しかも全馬初距離。そして当然にようにスローペースになりがちなレースになります。速くならないのでマイル+αくらいの適性があれば十分好走可能。スローペースの長丁場、大事な事は折り合って体力のロスを最小限にとどめる事、その溜めた脚を最後の直線で存分に開放する事。

現在、外では雨が降っています。先ほどは一瞬篠突く雨。明日も雨予報で馬場が悪くなるのでは?と思っています。馬場が悪化した場合少々事情が変わります。
明日、18頭の乙女達が、晴れて大舞台オークスに立つわけなのですが、力量もそれぞれ、距離適性もそれぞれ。多くの馬はまだそれらが判然としていない馬達(特に距離適性の方)。更には道悪の適性まで問われる事になる?

馬場が悪くなると道中その分余計に体力を使う事になるので、いくらスローでもマイル+αくらいの距離適性では厳しいかもしれません。
重馬場で行われた97年のオークス。1番人気のキョウエイマーチは先頭で競馬をするも最後に大失速。この後中距離で活躍する名馬メジロドーベルが勝利、他の馬券になった2頭は不良馬場の2000mレースに好走歴があった馬。

今回もマイル辺りの距離でこそ強みを発揮する馬が沈んで行くレースになるかもしれません。

やはりと言うか、ブエナビスタが単勝1倍台の圧倒的な人気。レッドデザイア、ディジアーナがこれに続きます。4番人気以降はかなり離された人気。

上位3頭はそれぞれがかなりの力を持った馬。この人気も納得です。晴れていて馬場が内外イーブンならこの3頭で決まってしまっても何の不思議もありません。特にブエナビスタとレッドデザイア。共に似たような脚質、終いが斬れる事が強み、何よりお互いがお互いを意識してレースする事からこの2頭がセットで馬券になる可能性は高いと思っています。
ただ、圧倒的1番人気と2番人気の馬を◎○にするような馬券は買いません。不確定要素の多い3歳牝馬、初の長丁場、天候悪化も考え、「お堅い」馬券を買うようなレースではないと思っています。

この3頭について。

ブエナビスタ
この馬の末脚、その推進力は牡馬も含めてもおそらくはこの世代でNo.1。この「伝家の宝刀」を持つがゆえに傲慢なほどの後方から大外ブン回しのスタイル。
この危ういスタイルでさえ圧勝してしまうほどの末脚!を持っている馬です。

桜花賞は明らかなほどの外差し馬場がこの馬に向いた事は確かですが、桜花賞、マイルG1で一旦最後方まであえて下げる競馬。そして全馬差し切って勝利。それもギリギリ差し切ったレースでもなく、レッドデザイアに近づいた時点で勝利は確定的。余裕のある勝利。明らかに他馬とは一線を画する馬!
それでも今の内が残る馬場、外差しが利かない馬場でのこのスタイルを考えれば1着を否定したいと思っていましたが、安藤騎手は次のようなコメントを残しています、

これまで後ろからレースをしてきましたが今なら前でレースをする足も持っています。でも位置にはこだわりません。ただ仕舞にかける競馬になるとは思います。ただ東京競馬場は先週もこの前も馬場の内側がやけに残る競馬が続いているのでこの次の競馬は土日東京競馬場なのでその状況を見て競馬の組み立てを考えたいと思います。

安藤騎手が考えるところの「理」のある競馬をするのでしょう。これは日本で一番精度の高い先行競馬の技術をもっている(と私が勝手に思っている)安藤騎手なら当然の創意工夫。今の馬場状態で大外回し、後方から一閃の競馬に「理」がないのは明らか。
ブエナビスタの大外回しに期待する馬券を買おうと思っていたので、この発言をしてくれた事に感謝したい気分です。

実際、安藤騎手ならオークスで今までとは違う競馬で容易く勝利に導いていまうかもしれませんが、競走馬が従来の競争スタイルを崩すという事については多少危うい所があります。
枠は内寄り、中団、中団後方辺りの馬群の中にいるのでしょうか?馬群を割って来る競馬?強すぎるゆえに大外回しの競馬しかしていない馬、どうでしょうか?
先週は抜けて力を持っていて、しかも東京マイルの適性が抜群のウォッカが1倍台の人気。(精神)状態不安を理由に嫌いましたが、今回はもし嫌うならブエナビスタが従来のスタイルを崩すという事でしょうか?
あまりに末脚が斬れる馬が道悪でどのくらいの推進力を見せられるかも注目です。この後は凱旋門賞も視野に入れているとか?日本の馬場での道悪をこなせないようでは欧州のタフな馬場でも勝負にならないでしょうから見極めるにはいいレースになるかもしれません。

仮に今回、圧倒的な末脚を持つブエナビスタが問題なく中団からの競馬で完勝したら、人気関係なくこの馬の支持者になります。最終的には有馬記念のハーツクライのような競馬が出来るのではないかと期待します。
このレースはブエナビスタが最強馬へ向かう為の重要なステップレースかもしれません。(期待し過ぎ?)

レッドデザイア
僅か3戦目で桜花賞2着。それもブエナビスタから0.1秒差。これは相当な素質馬!成長曲線によってはブエナを逆転することも。
と考えてもおかしくはありません。その可能性もあり得ます。
安藤騎手もブエナビスタとの比較でこの馬の強さを認めています。安藤騎手が上記のコメントを残したのもこの馬が先に抜け出して、それを外を回して追いかけたら捕え切れないと感じているからかもしれません。それほどの馬・・・・。

しかしながら、桜花賞はブエナビスタからみれば全馬格下のレース。それゆえロスが多くても「安全」な競馬をしました。それでも勝てませんでした。今回はレッドザイアをライバルと認めているレース。まだ4戦目で上昇度があったとしてもこの2頭には差があると思います。
この馬も末脚の斬れで勝負するタイプ。馬場が悪化してどうでしょうか?経験が少ない馬が18頭立ての内枠。距離が延びていい馬かどうかも疑問。

ディアジーナ
末脚の斬れが上の2頭とは差があるため、相手の末脚が鈍るという点で道悪になるのは歓迎。
この馬の最近の成績には文句の付けようがありません。負けたフラワーCはかなりタフな馬場の大外枠。勝ち馬が内に1頭分ある走りやすい馬場を巧く利用したのに対してこの馬は力の要る馬場を終始走り続けました。2着でもその力の差は歴然。

この馬がいつ桜花賞をパスするか決めたのかは分かりませんが、フラワーCでかなりタフな競馬をした為?なんて思ったりもしています。
フローラSはまず万全の状態で使う事は考えられず、それでも完勝。このレースの2,3着馬との力の差も明らか。
そして今回目標レースであるオークス。内が伸びる馬場状態、前日の雨、外枠にならなかった事。一番「運」を持っているのはこの馬かもしれません。
有力馬は後方脚質に対してこの馬は前でも競馬出来る馬。タフな馬場でも好走を続けている馬。ヴィーヴァヴォドカがレースを引っ張ってくれればその馬の後ろからしぶとい脚を繰り出すには好都合。直線に入った所でブエナよりかなり前にいる事が重要。

明日の馬場状態がどうなるか分かりませんが、引き続き内が伸びるようならこの馬は買いだと思っています。オークス向きの斬れる脚はありませんが、その分を位置取りでカバー出来れば。馬場のアシストもありそう。

他の馬では、
デリキットピース
外枠は少々残念ですが、新馬戦はともかく、2戦目忘れな草賞は強い競馬。ブロードストリートを封じた事は大きく評価できます。
2戦2勝でオークスに出てきた馬。よく取れば底が割れていない、悪く取れば経験不足。今回先行するタイプの馬が少ないので内が伸びる馬場なら3戦目の上昇度も含め期待したい馬。鞍上は先週も内が伸びる馬場を利して逃げ、馬券圏内に粘りこませた柴田騎手。

ダノンべルベール
桜花賞は完全な外差しの馬場。最内枠が裏目に。もう少し走ってもよかったと思いながらも、それで人気が下がるなら買い目には入れたい馬。距離延長は疑問も流れが緩めば好走も可能。枠もいい枠を引きました。

ジェルミナル
この馬は漠然とオークスで狙いたい馬だと思っていましたが、桜花賞でブエナビスタに勝てるはずもない末脚勝負。これにはどんな意図があったのか分かりません、スローペースのオークスで前目で進めれば可能性はあると思っていました。
福永騎手曰く、左回りの方が向く馬で、本質的に長い距離が合う馬。
桜花賞で違う競馬をしてそこそこ走っていれば、この馬に重い印でしたが。

« ヴィクトリアマイルの回顧 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)と東海Sの予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

私も同じような見解です。
ブエナビスタは今回は今までとは違うレースをするような気がしていて、それがうまくいけば本当の一流馬になれる!失敗したらこの後がつらい・・・そう思っています。
レッドディザイアもすばらしい馬で、馬体もすごいし坂路の調教もありえないすごさ!
正直なところこの2頭で硬いと思っています。
ただ、この2頭ともウォッカ、ダイワスカーレットほどの絶対的な感じがまだないというか、あくまでも牝馬の中ではトップというイメージなので、本当の意味で強さが確立されてはいないかもしれないという意味で、今回いは別の馬も狙ってみたいなぁと
そこで、無謀な狙いかも知れないですがブロードストリートです
チューリップはブエナビスタに前をカットされて仕掛けが遅れたし、忘れな草ではのんびり構えすぎた・・・まともに走れば勝負になるかもしれないと期待を寄せています。
後は阪神JF、チューリップ、桜花賞とブエナビスタと一緒に走っているジェルミナル
実は1.1→0.6→0.3と、同じコース同じ距離でだんだんと差をつめてきているんですよねぇ~これが何を意味しているのか!
レースがすごく楽しみです。

おはようございます。
いよいよオークスですね。
昨日結構雨が降ったと思うんですが現在良馬場です。少々雨も降っているらしくどんな馬場状態か把握する事が難しいレースになりそうです。

騎手のコメントを聞いてブエナビスタの走りに大注目です!
レッドデザイアは追い切りで最後凄い脚!調子は間違いなく絶好。ただ関西馬、3歳牝馬、少々やり過ぎな気も。現役時代牝馬を巧く操った松永師、トレーナーとしても牝馬を巧くエスコートするかどうかも注目です。

ブロードストリートは全然無謀ではありませんよ!チャンスありです。もっと人気になると思っていました。中団からの差し脚はこのレースかなりの武器になりそう。忘れな草賞→スイートピーS、権利を取るためですが、自身初の33秒台で上がったスイートピーSが1戦多い気もします。でも買う馬です!

ジェルミナル。前からこのレースで本命にしようと思っていた馬ですが、マイルでは2強よりちょっと劣るくらい。距離が延びたら?の期待があります。今回後方からのレースでどうでしょうか?完全な道悪で騎手が思っているより体力ロスの多いレースになればこの馬は最後までしっかり動いているような気がします。
この馬をどうしようか考え中です。位置取りが気になりますが、馬券圏内なら結構チャンスがありそうな気がします。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

あっしは桜花賞に続き
ヴィーヴァヴォドカ本命にしますた(◎´∀`)ノ

午後の芝レースを見てても結構
前に行った馬が粘っているので
チャンスありかも( ̄ー ̄)

PO的にはブエナビスタに勝って欲しいですが
馬券は別です( ̄▽ ̄)

来週は3年ぶりにダービー観戦を予定してるので
軍資金をゲットしたいところです

グッドラック(*゚▽゚)ノ

こんにちは。
ヴィーヴァヴォドカ・・・。馬場状態を考えれば非常に怖いと思いながらも買い目から外してしまいました!(怖)

フラワーCは内の1頭分ある馬場のいい所を通っていたのでかなり恵まれたかな?と考えました。

2400mで逃げは厳しいかな?とディアジーナに直線で並ばれると厳しいですが先に抜け出せば・・大波乱!!!も。

来週のダービーは現地観戦だそうで羨ましい限りです。来週はイーブンな馬場でのダービーになるといいですね!!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29759537

この記事へのトラックバック一覧です: 優駿牝馬(オークス)の展望:

» オークス ポスター [newsニュース]
【2008年モデル】オークス きかんしゃトーマス 子供用ヘルメット商品価格:2,999円レビュー平均:5.0 オークスの予想!さてさてオークス(G1)の予想いってみたいと思います! ちなみに5/24に行われたオークスは過去69回の歴史の中で4回あります! 第25回 1964. 5.24 カネケヤキ 前走 桜花賞1着第42回 1981. 5.24 テンモン 前走 桜花賞2着第48回 1987. ...(続きを読む) 【オークス 2009 予想】ダノンベルベールオークス 2009 予想. 2009年の... [続きを読む]

« ヴィクトリアマイルの回顧 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)と東海Sの予想 »