2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 天皇賞春の予想 | トップページ | NHKマイルの予想 »

NHKマイルの展望

明日はNHKマイル。3歳春の若駒にマイルを走り切る上での総合力を問う東京マイル。週中はかなり雨が降り、馬場状態が懸念されましたが、本日は快晴。メインレースの頃には良馬場になっていたらしく、明日は絶好の馬場馬場のもとでレースが行われそうです。

今週から5週連続して東京競馬場でのG1レースが続きます。マイル戦はこの後、ヴィクトリアM安田記念がありますが、同じマイル戦でもこの2レースと今回のNHKマイルは少し違います。
NHKマイルは後方からの馬の好走が多い。
いくつか理由があると思います。

東京マイルは総合力が問われるタフな舞台である事、1回こっきりの3歳G1レース、特にマイルがベストと踏んで目標にしてきた馬は当然勝ちに行きます。しかし、この時期の陣営の考えるマイルの資質なんてものは怪しいものです。初めて経験するマイルG1の流れでそれも東京のマイル、フルゲートの18頭立て。内が良い馬場でもない限り、前で積極的に競馬をして長い直線を踏ん張り切るには相当な力量、マイル適性がいるのでは?

特に先行馬にはマイルを走り切る以上のスタミナが要求されますが、1800m以上のレースで流れが締まったレースは皐月賞にでも出ない限り経験出来ません。途中が緩んだ中距離レースで好走しても、それが直ちに東京マイルを押し切れるだけのスタミナがあるという事にはならないと思います。

G1レースと言えども、3歳の本当に強い馬はダービーに行くはずで、言ってみればこのレースはマイル版「プチ」ダービー。東京マイルを先行して押し切れるような馬なら1800とか2000mのトライアルで好走して皐月賞に出ているのでは?

まとめて言うと、後方からの馬がよく好走すると言うよりは、「プチ」ダービーに出るような力量の先行馬が初めて経験するタフな流れで長い直線で最後までもたない。世代のトップレベルでない馬達のG1ではまともに行ったら最後止まるから後ろで脚を溜めていた方が有利、といった事だと思っています。
このレースが中山マイルであったり、ダービーが東京マイルで行われると言うなら違った結果になっていると思います。

このレースでは逃げ馬、逃げに近いような先行馬、斬れる脚が無いので先行粘り込みしか活路のない馬などはかなり力量を有すると思わない限り評価しない予定。(内の馬場が有利なら話は別ですが、今回はそんな馬場ではないと思っています。)

有力各馬。

ブレイクランアウト

この馬は強いと思っています。力量から言えば、東京マイルで特に嫌う事はなさそう。2番人気なのは共同通信杯以来で間隔が空いている事が大きいと思います。
2月の頭のG3から間隔をとってNHKマイル→ダービーと、このレースを渾身の目標にしてきた陣営から見ればかなり「舐めた」ローテ。ダービーの叩き台とも取れるようなローテ。
最近このG1の2連戦を連勝した馬もいますが、1頭は故障がなければ最強馬の1頭だったんじゃないかと思っているキングカメハメハ、もう1頭は今年この馬を中心に日本競馬が回ると思っているディープスカイ。この2頭でさえ、3月の毎日杯経由。

皐月賞で勝つよりは数段難易度が低いと思っているこのレースを狙った事は賞金の額に差がない事を考えてもなかなか賢いと思いますが、続くダービーを考えて間隔を取ったことはどう出ますか・・・・・?「虻蜂取らず」なんて事になるかも?

共同通信杯は緩んだ中距離レースで直接評価し難いですが、朝日杯は無駄に外を回ってかなり脚を使って差のない競馬。そして世代のトップレベルとまともにやり合う事の出来る馬。「プチ」ダービーでは明らかに力量上位!
上に書いた理由から本命にする気はありませんが、間違いなく印を打つ馬。どの印にしようかは思案中。

アイアンルック

この馬が1番人気。
キングカメハメハ、ディープスカイと同じ毎日杯勝ち馬という事が評価されているのでしょうか?それを抜きにしてもなかなか強そうな馬。負けたアーリントンCは武騎手が鞍上、軽く出遅れ、4角は余裕の手応え。直線で中ほどを抜けようとしますが、完全に前が詰まります。最後壁の外に出して凄い脚で突っ込みますが、決着した後。まともなら勝っていたであろうレース。続く毎日杯は斬れる脚を見せつけて勝利。
もしアーリントンCで前が詰まらずに勝っていたら(武騎手がそのまま乗っていたら)圧倒的な1番人気になっていたでしょう。

タフな東京マイルもむしろ合いそうな感じ。
疑うならアーリントンCも毎日杯もまともに皐月賞を狙っているような馬のいないレース。強い馬とはレースをしていない馬。
そして1番人気の馬に東京マイルの経験の少ない小牧騎手
新馬戦は小牧騎手で7馬身差で圧勝するもアーリントンCでは恒例の「将来性がありそうな馬は武騎手にチェンジ」。そのアーリントンCでダブルウェッジに乗りこの馬を抑えて勝利。毎日杯で再びチャンスが来て、しっかり勝ってこのレースに駒を進めました。心情的にはこの馬を実力で手繰り寄せた小牧騎手に勝ってもらいたいと思いますが・・・・・・・。

サンカルロ

この馬が今のところ本命候補。現在3番人気。
2戦目の東スポ杯2歳Sでナカヤマフェスタ、ブレイクランアウトとそれほど差のない競馬で3着。前々走スプリングS、着順は4着ですが、完全に直線で前が塞がったレース。スムーズに抜けて来れればアンライバルドに勝ったとは思いませんが、差のない2着はあったレース。スローからの瞬発戦とは言え、まぎれもない世代のトップホースに対しての走りとしては評価出来ます。
そして前走ニュージーランドT。内々で巧くレースを進めたとは言え見事な勝ちっぷり。ゴール前も余裕があるように見えます。この馬はここにきてかなり力をつけているような気がします。当然今回のレースも期待。完全なスローからの瞬発戦になればこの馬より斬れる馬はいそうですが、そうならないのであれば(そうならないと思っています。)勝機は十分にあると思います。

穴馬。

サンカルロとの比較で言えば、ティアップゴールド。現在9番人気。

ニュージーランドTでは内々を進めた勝ち馬に対してこの馬は終始外々!4角では大外を一気に捲り上げ、かなり脚を使いました。その割によく直線でも伸びて2着。コースロスを考えればサンカルロとも差が無いかもしれません。
前々走の500万のレースはやや重の馬場の消耗戦を前目で押し切り完勝。2着アルーリングムーンもそこそこ強い馬。
末脚の斬れという点では疑問もありますが、単純な斬れが問われないレースになれば出番あり。締まったラップの好位差しなら期待が出来るかもしれません。

大穴、現在ビリ人気のツクバホクトオー

新潟2歳Sでお世話になった馬。このレースは強いレースをしましたが、その後はパッタリ。行きたがるところがあり、折り合いに難がある馬。今回は後方からの競馬を試すらしく、前に馬を置いて道中の体力のロスをなくし、直線でインからスルスルと抜けられるようなら。5番枠を引き、内枠の馬は前に行く馬。サンカルロもインに固執する事はないはず。ビリ人気なら一か八かのイン差し狙いでもいいでしょう。久しぶりに左回りのコースで奮闘に期待。

« 天皇賞春の予想 | トップページ | NHKマイルの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29536912

この記事へのトラックバック一覧です: NHKマイルの展望:

« 天皇賞春の予想 | トップページ | NHKマイルの予想 »