2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 東京優駿(ダービー)の展望 (3) 本命馬! | トップページ | 東京優駿(ダービー)の予想 »

東京優駿(ダービー)の展望 (4) 明日の馬場と各馬について

ダービーの展望の最終回です。

昨晩まとまった雨が降り、土曜の競馬は不良→重の馬場。
明日も微妙な天気、それほど雨が降るようでもないので、やや重くらいの馬場でのダービーになりそうです。
前日が雨で当日に乾き始めてくると、東京の馬場が内が有利になりやすいのでこの点が残念。正々堂々の真っ向勝負、全馬力を出し切り、その結果が素直に着順になれば納得なのですが、馬場のアシスト付きで結果が出てしまうと、殊更、ダービーでは残念なものです

予想は馬場状態込みでおこなうものだと思っています。
馬の実力<馬場の有利不利
となる事もよくある事ですが、それがレースというもの。

3年前のダービーが今回と同じような状況。この時の本命はドリームパスポート
メイショウサムソンが勝ったレース。ダービーに不慣れな石橋騎手が鞍上でしたが、柴田騎手のアドマイヤメインがダービーを走り切るのに適正なラップを踏んで逃げたので、石橋騎手にはいいペースメーカーになりました。この馬を目標に、その馬を差し切れば勝利が待っていたレース。

メイショウサムソンは全くもってダービー馬相応しい力量を備える馬、この堂々たるダービーにケチをつけるつもりは毛頭ありませんが、極端ではないにしろ、少々の馬場のアシストもあったように思えます。特に2着のアドマイヤメインは馬場の恩恵を受けたように感じました。(後ろからいい脚を見せながらもこの2頭に届かなかった3着馬が◎だったので多少の偏見を含むかもしれません。)

今回の本命馬は一流のジョッキーが初騎乗、皐月賞で好走、脚質(全くの後方競馬は期待していませんが。)、人気の付き具合がドリームパスポートとダブります。そしてアドマイヤメインをダブらせるならリーザクラウンでしょうか?馬場の恩恵を最も受けるとしたら・・・・。

レース発走時にどのような馬場状態になっているかは定かではなく、誰にも正確には分からないもの、加えて今回は特別なレース、馬に携わる人とって、競馬ファンにとっても特別なレースの最たるもの、ダービー!馬場云々というような、せせこましい考え方は最小限度に抑えて、力のある、タフな東京2400mを好走するに値すると思える馬をしっかりと評価していきたいと思います。

レース別評価。

皐月賞
展望(1)で書いたように皐月賞経由は最も有力なローテ。
このレースのレベル如何で他のレース経由の馬がダービーで上位に来やすいかどうかが決まると思っています。
今回の皐月賞はかなり厳しい流れで、先行馬受難のレース。先行して最後一杯になり後方の馬に差された馬は十分見直せるレース!人気の落ち具合を考えれば、この中にダービーでの穴馬が混ざっていてもおかしくありません。
それでも全く抵抗出来ずに先行馬は失速。もう少し抵抗出来てもよかったように思えます。

NHKマイル
このレースは皐月賞とは逆に前に行った者が有利になったレース。先行した4頭のうち3頭で1~3着が決まりました。後方の馬が見直せるレース。
ジョーカプチーノが完勝。勝ちタイム1分32秒4も立派。いい「マイラー」である事は確か。
内有利の馬場を活かし積極的な競馬を心懸けた事も勝因の一つ。2着レッドスパーダとの差はどれだけ前に行ったかの差かもしれません。3着に入ったエリザベスムーンがこのレースどれだけ前が有利だったかを証明しているようにも思えます。

このレースを勝って、ダービーも勝利した馬もいますが、2頭とも名馬と言っていい馬。道中後方で折り合って必要な場所で必要な脚を繰り出して勝った馬。それだけにダービーに通ずる所があったように思えます。この点、ジョーカプチーノはマイルで積極的に行った馬、距離延長がそのまま壁になる可能性は高いと思っています。

皐月賞で不利な位置取りで負けた実力馬がさほど人気を落としていないのに比べて、このレース後方で能力を発揮出来ずに負けた実力馬の人気の凋落ぶりは顕著!!このレースもう少し走っても!とは思いますが、ここまで人気が下がるなら買います。

青葉賞
このレースの勝ち馬は着差以上の圧勝。力が違っていました。東京2400mが適いそうな印象。当然ダービーでも有力。
ダービーと同条件なだけに有力なステップである事は間違いないのですが、ダービーまでに1か月弱のレース、そしてこのレースで権利を取らなくてはダービーも夢で終わってしまうレース!ここで仕上げて、そしてダービーも!と言うには?
このレース経由でダービーも好走した馬は後で考えても強い馬。このレースを完調で迎えなくても権利が取れるだけの力量が必要。権利を取らなくてはいけないレースを叩き台として使えるような馬。
今回勝利したアプレザンレーブはそのような馬だと思っています。

京都新聞杯
勝ち馬ベストメンバーは3着ならありそうな馬、他の馬は消しのつもりでしたが、今回は出走が無いようで。

プリンシパルS
「principal」ステークス・・・・。ダービーに向けて「主要な」レースのはずですが、全く主要ででないレース!
アントニオバローズは気にしていた馬ですが、このレースを落としてしまうとは。
勝ち馬は消し、アントニオバローズは・・・思案中です。買っても3着まで。

簡単に人気上位馬について。

1番人気、アンライバルド

抜けている可能性のある馬。嫌う点については展望(2)で余す事なく長々と書きました。
今日ダービー前のインタビューを見ましたが、岩田騎手がこの馬について、「敏感な馬」と評していた事が印象的。展望(2)で書いた事も強ち的外れではなかったかな?と。
力量最上位クラスの馬である事は間違いありませんが、その馬を確実に勝たせるとなると乗り難しい馬。特にダービーでは。関門がたくさんあり、岩田騎手はその一つ一つをこなしていかないといけません。世間の人が考えるよりもずっとタフな作業なのでは?

2番人気、ロジユニヴァース

体力、底力は世代随一だと思っていましたが、それを問われる事になった皐月賞で大惨敗!前走弥生賞が初めて経験する緩すぎる流れだったので、馬がそれに慣れてしまった為の凡走かもしれません。
斬れ味勝負になって敗れたなら言い訳もききますが、この流れで全く抵抗出来なかったのはちょっと。
斬れる脚を持たず、体力、底力に優れる馬。皐月賞は勝って、ダービーで人気になり、それを嫌うという青写真がありましたが、皐月賞で大きく負けてしまいました。もともと嫌うつもりだった馬で、1か月半前のレースを大凡走でなおも2番人気。

3番人気、アプレザンレーブ
実力馬。その実力も高く評価!鞍上は内田騎手。ダービーを取るにあたって騎手としての技術、資質、経験、どれも申し分なし。好きな騎手で本命を打つ事もしばしば。去年の宝塚で◎、ビッグヒットになった菊花賞で○。ともに思わず「さすが内田騎手」と言ってしまう騎乗。そして経験豊富な内田は馬を見る目も確か。
この騎手が我が◎馬をふってこの馬を選びました・・・・。内田騎手が乗った時の◎馬は実は状態が今一歩だったので騙された・・・、なんて事になってもらいたいのですが。

全然馬の評価ではないですね。
負けた毎日杯は見直せるレース。実質4連勝?
対戦した相手が弱いレースばかり、今回初めて強豪との対戦!これは青葉賞経由の馬なら同じ様なもの。ゼンノロブロイ、シンボリクリスエスも同じ。
この2頭の名馬ほどではないかもしれませんが、ハイヤーゲームくらいの力量は十分に持っていると思います。重い印を打ちます。

4番人気、リーチザクラウン

上でアドマイヤメインになぞらえましたが、馬場の恩恵を受けられそうな馬。皐月賞では気性面から全く力を発揮出来ず。見直せる馬。
ダービーは道中の体力ロスを最小限に抑えて、最後の長い直線を踏ん張り切る事が重要なレース。加えてダービーはスタンド前の発走!前には歓声の放列!!まともに走るにはかなりの関門。気性に問題のある馬は評価を下げます。

5番人気、セイウンワンダー
本命馬。展望(3)に長々と書いてあります。新潟2歳S、不良馬場で勝っていますが、新潟の馬場は不良でも結構速い馬場。あまり道悪が得意という拠り所にはならないような気がします。

6番人気、トライアンフマーチ
皐月賞は最後方から「ハマるかハマらないか」の競馬。それがハマった馬。柳の下の2匹目を狙うのでしょうか?鞍上ならやりそう。
論外!としたい馬ですが、実力はベストメンバーくらいは備えていると思っている馬。先行馬を疑っているので後方のこの馬はヒモに拾います。

7番人気以下で評価したい馬は、

皐月賞はアンライバルを目標に一気に外を回して併せに行った馬。ちょっと4角で脚を使い過ぎ!乗り方次第では十分馬券圏内もあった馬。それで4着は立派!人気無さ過ぎ。距離さえもてば、ちょっと上がりがかかってのレースで台頭が期待できるシェーンヴァルト(12番人気)

毎日杯勝ち馬。決め手もあり、ダービーでも期待出来る馬。NHKマイルは展開向かず、もう少し走ってもいいレースでしたが、このレースでの人気馬が評価下がり過ぎ。去年ダービーでいい騎乗をした小牧騎手が鞍上。惜しかった2着。勝利騎手インタビューで「うるせー」とか言っていた人よりこの人にとってもらいたかったレース。その人が再び、1戦の凡走で人気薄になる実力馬に乗ります!気楽に乗れる事が何よりのアイアンルック(10番人気)

皐月賞では○にしようか迷った馬、最終的にこの馬を○に昇格させました。皐月賞では前目で競馬をした馬の中で何とか上位に残した馬。この走りは評価できます!東京重賞も取った実力馬、人気の盲点では?東京の一大フェスティバルで激走があるか?ナカヤマフェスタ(9番人気)

« 東京優駿(ダービー)の展望 (3) 本命馬! | トップページ | 東京優駿(ダービー)の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

武さんはアドマイヤムーンに乗ってたんで、アドマイヤメインは柴田でしたよ〜

パルさんご指摘ありがとうございます!!!

柴田騎手ですね。武騎手は同じアドマイヤのムーンの方に乗り替わりでした。柴田騎手はダービーで初騎乗になるこの馬を操って有利な馬場を活かした絶妙の逃げ。この大仕事を勘違いしてはいけませんね!!

早速訂正しました!ありがとうございました。

参考になるご意見満載のブログでした。
これからもレース前に読ませていただきます。

はじめましてカリブさん。

ありがたいコメントありがとうございます!

参考になっていたか、なっていなかったはレース後に分かってしまいますが・・・・・・。(笑)

カリブさんのブログ見させていただきました。
ジョーカプチーノ以外は評価している馬が似ていますね!
ジョーカプチーノは2400mでは測れないところが多いので正直怖い馬です。

両方の予想が当たる可能性もありますね。明日が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29866646

この記事へのトラックバック一覧です: 東京優駿(ダービー)の展望 (4) 明日の馬場と各馬について:

» ダービー レース前 全頭短評 [仔馬の庭]
ロジユニヴァース 皐月賞が実力負けでないことは明らか。馬体減に現れた体調不良と、先行馬総崩れの展開に原因を求めるのが素直な読みでしょ... [続きを読む]

« 東京優駿(ダービー)の展望 (3) 本命馬! | トップページ | 東京優駿(ダービー)の予想 »