2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 東京優駿(ダービー)の展望 (2)  アンライバルドについて | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 (4) 明日の馬場と各馬について »

東京優駿(ダービー)の展望 (3) 本命馬!

今回は後回しにしていた本命馬について。

馬券の買い方は「本命馬心中型」なので、馬券の成否に直接かかわる本命馬選びには慎重になります。2,3頭候補がいる場合には1番頭を悩ませるところですが、今回は最初から決まっています。

セイウンワンダー

デビューはダービー出走馬の中でどの馬よりも早い去年の6月。馬の将来性やスケールではなく、仕上がり早、早熟性が重要になってくるレース、朝日杯FSの勝ち馬。そして岩田騎手にふられ、内田騎手にふられた馬。(泣)
クラシックを目指す馬なら朝日杯ではなく、たいていラジオNIKKEI杯など中距離レースを使うものです。実際朝日杯FSに出走してダービーで好走した馬はほとんどいません。最近ではドリームジャーニー、マイネルレコルトが掲示板の一番下に載ったくらい。加えてトップジョッキーの2人がこの馬より魅力があると感じた馬を選んで去っていきました。あまり人気にならないのでは?

前走の皐月賞は3着とは言え、同じような位置取りでレースをしたアンライバルドに全くの完敗。流れが厳しく、先行馬が総崩れ、流れが向いた為の3着。多くの人がそう思うでしょう。私もそうです!

皐月賞は先行馬受難のレース。前が止まった事でお鉢が回ってきての3着。直接このレースを高く評価する事は出来ませんが、無理に厳しい流れを前で進める事なく、復調の兆しを見せてくれた事。ダービーを目指すにあたってはこれで十分だったレース!

ちょっとこれまでのセイウンワンダーの軌跡を。

新馬戦は2歳戦ではしばらく1番評価が高かったツルマルジャパンが相手、外枠から出遅れ、馬群の外を回って1コーナーまでにすんなり逃げたツルマルの後ろまで進出。半馬身差で負けてしまいますが、この時点でツルマルよりは強い馬という評価。

2戦目は問題なく先行して脚を溜めて、最後に一気に突き放し圧勝。センスの良さそうな馬だと感じました。

3戦目が思い出深い新潟2歳S
1着付け本命。2戦目のような競馬を期待していましたが、いきなり出遅れ!新馬戦とは違い、末脚が抜けていれば勝負になる新潟の外回り、岩田騎手は最後の脚に賭ける事を選択。正直1着は厳しいと感じていましたが、大外埒沿いをまっすぐに伸び続けて全馬追い抜いて完勝。ちょっと驚きました。
当ブログの予想記事で的中した馬券の配当が一番高かったレース。

4戦目、朝日杯FS
新潟2歳Sの後一頓挫あり、急仕上げでのG1出走。力量はNo.1と思っていましたが、とても状態が良いとは思えず評価を下げました。実際、万全ではなかったと思いますが、岩田騎手のインでの巧みな立ち回りも手伝ってこのレースを勝利!
まさか勝つとは思いませんでした。新潟の長い直線での大外一気の後に、冬場の中山マイルでシブいイン差しのレース。センスも良く、明らかに基本能力の高い馬。

5戦目、弥生賞
重めの馬場のレース。ロジユニヴァースに有利に働く事は明らか、無理に勝たなくてもいいレース。印は▲。程よく負けて皐月賞で少しでも人気を下げてくれれば、と考えていました。
結果は大凡走!これまで4戦全て見どころのある走りを見せてくれましたが、不可解な凡走。太め残りで全く走らず、目をひくシーンも皆無。かなりのスローだったので距離が長いという問題でもなく、ただただ不可解な負け方。急仕上げで激走した朝日杯の反動で絞れなかった??皐月賞で◎の予定でしたが、本番まで1か月の前哨戦でこのパファーマンスでは◎は無理。

そして前走の皐月賞
中団後方、アンライバルドの後ろでのレース。4角辺りで先行馬が失速し、後方の馬が外を回して進出。この勝負所でアンライバルドには一瞬にして引き離されます。後ろのシェーンバルドが外側を一気に進出してアンライバルドに併せに行ったのでスムーズに外に出せなかったという事もありましたが、勝負所での反応の違いは明らかでした。
それでも最後の直線で伸びてきますが、パトロール映像を見ると外のトライアンフマーチが斜行し不利と言えるほど寄られています。
大凡走の弥生賞より10キロ絞ったとはいえ、個人的な見解ではまだ少し太め残り、完調の一歩手前。最後の寄られながらも見事な勝負根性。明らかに複調の兆し。

あくまで好意的な見方ですが、弥生賞ではとても走れる状態ではなく、皐月賞である程度仕上がり完調前の出来。無理な負担をかける事なく、上り調子でダービーで100%に仕上げるには理想的な過程を踏んでいるのかもしれません。

新潟2歳S以降、朝日杯FS、弥生賞、皐月賞と3戦していますが、どのレースも満足のいく仕上がりではなかったと思います!新潟2歳Sが去年の9月ですからそれから9か月経っています、当然かなりの成長があります。その間、この馬は一度もベストの状態で競馬をやっていないのかもしれません。もしダービーに向けて満足いく状態を作れたら上積みは想像以上?!
皐月賞は他の馬は万全に仕上げて最初の1冠を取りにいったレース。この馬は多少余裕残し?「1か月半の調子の維持に苦労する馬」VS「皐月賞はいわば叩き台、ダービーこそ100%に、と考えている馬」だったら何だか勝ち目がありそう。
ダービーの後は一旦疲労を抜く期間があります。ダービーでは更に絞って完璧に仕上げた状態で出て来てくれる事を願います。

更に好意的な見方をすれば、皐月賞の勝負所の反応の差で一気にアンライバルドに差をつけられましたが、ダービーではこのような一瞬の加速力はさほど重要ではないと思っています。一瞬の加速力では劣っていても、スピードの持続能力という点では勝っている可能性も。
メンバーが弱く、2歳のマイル戦ではありますが、一応新潟2歳Sでは長い直線を岩田騎手にびっしりと追われそれに応えています。左回りが苦手である事はありえず、経験し、好走している事も好材料。
もちろんこのレースのように殿一気はダービーでは無理です。中団辺りに付けて息の長い末脚を繰り出してくれる事を期待します。出来ればアンライバルドより前、若しくはコースロスの無い競馬で勝負してほしいものです。

この馬の手綱を握るのは福永騎手

やはりダービーではその馬に何度も騎乗している騎手が手綱をとっている事が重要。
馬との調和、馬の能力の把握、またその能力、強みを100%発揮させるという点で初騎乗は大きなマイナスポイントであり、かなり不安です。
また、馬に気を抜かせる事無く、長い直線をびっしり追うという点でも岩田騎手や内田騎手に乗ってもらいたかったのも正直なところ。
それでも福永騎手に期待します。

昔の失敗をいつまでもウジウジと言われるのは嫌なもの、今だにダービーになると若かりし頃の福永騎手が顔面蒼白になりながら迎えたダービーで2番人気のキングヘイローにひどい競馬をさせてしまった事を引きあいに出す人がいます。
もちろん、その後、しっかりと経験を積み、騎手としての技術、完成度は当時と比べるまでもありません。
おそらくそれでも今後も言われるでしょう。それを払拭するにはそのダービーで騎乗馬を自分の手綱捌きで勝たせるしかありません!!

この人はキングヘイローも含め、ダービーでは勝利する可能性のありそうな馬に乗っていない印象があります。今年は今までで一番のチャンスだと思います!!
一昨年のダービーで14番人気のアサクサキングスを2着に持った来たことは見事ですし、先週のオークスでも地味ながらジェルミナルの能力を巧く引き出し3着に導きました。どう乗っても先着した2頭には勝てないほどの力量差がありましたから、いい仕事をしました。

騎手としてそろそろ円熟期を迎え始める福永騎手。聞きたくもない昔話をやめさせる為にもダービーで一世一代の渾身の騎乗を!!

思い入れや妄想が強い今回の◎馬選び、正直2400mの距離はやってみなければ分かりませんし、状態も本当のところは分かりません。ですが、今回は特別なレース、ダービー。思い入れや妄想が強いほど楽しめるレースかもしれません。

« 東京優駿(ダービー)の展望 (2)  アンライバルドについて | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 (4) 明日の馬場と各馬について »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

私はアンライバルド本命です!
この馬はかかり癖がどうだとか、ゴール前で差をつめられるとかいろいろといわれたりしますが、私はまったく気にしていません。
唯一負けたレースにしても、スタートから無理やり抑えてしまい、馬が嫌がって騎手と喧嘩しながら走ったのが原因・・・私は逆にあのレースで3着に入った事に能力の高さを感じました。普通あそこまでひどい道中だったら大惨敗しますよねぇ~
もちろん皐月賞でも大本命として◎を打ったので、ダービーでも◎です!
相手は無謀にもアイアンルック
この馬は距離がどうかな?と思うのですが、ダービーに出てきたら狙うと決めていた馬なので、出走がかなった今回は皐月のトライアンフマーチのようなレースをして2着についてきてほしい!!
そしてもう1頭がアプレザンレーヴ
ちょっと能力的にどうかなぁという疑問はあるものの、狙った青葉賞をきっちり勝ち上がってきたのが好感持てます。
最後に穴として考えているのがナカヤマフェスタです。
これは皐月賞凡走した馬がダービーでくるパターンにうまくはまっていると思います。あくまでもデータからの狙いなので、この馬が強いのか?とかは全然見ていません!
明日は府中に行って生でダービーを見て来ます。
馬場が微妙なので、当たらない気がしますが、雰囲気だけでも存分に楽しんでこようと思っています。

こんばんは、いよいよダービーですね。

今週は眠い目を擦りながら展望を熱心に書いたりして疲れました。今最後の展望を書き終えましたが、metalmoonさんと馬の評価が似ています。

セイウンワンダーは一番応援している馬。思い入れが半分以上です。(笑)
アンライバルド、アイアンルック、アプレザンレーブ、ナカヤマフェスタ。どの馬も高評価です。

私はデータは気にしない方ですが、評価が重なるのは心強いです!

おっしゃる通り馬場が微妙ですね。馬場の状態が大きく、直接的に結果に結び付かない事を願います。

生ダービーはいいですね!晴天のダービーが一番ですが、雨さえ降らなければ楽しめますね。

アイアンルック全然無謀じゃないですよ!・・・と先週もブロードストリートについて書いたような・・・。
アイアンルックは評価が下がり過ぎですね。位置取り的にもアンライバルドと一緒に上がって来そうな感じですのでこの2頭を軸とした3連馬券は結構アリなのでは?

現地でのレースの感想を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29844380

この記事へのトラックバック一覧です: 東京優駿(ダービー)の展望 (3) 本命馬!:

« 東京優駿(ダービー)の展望 (2)  アンライバルドについて | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 (4) 明日の馬場と各馬について »