2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)の展望 »

ヴィクトリアマイルの回顧

牝馬限定のマイルG1、ヴィクトリアマイルウォッカが7馬身差(!)の圧勝。

道中少しムキになって最後の爆発力を欠いたジャパンカップ、ドバイでの不可解な失速ぶり、現地での前哨戦まではさみ本気で取りに行った海外レースの後の帰国第一戦・・・・などの不安要素を挙げ、水曜の展望で長々とウォッカについて語りましたが、そんな考えを持つ者を嘲笑うような圧勝劇。ウォッカについて疑問視していた人にとってはぐうの音も出ないレースになってしまいました。

12.2 - 10.8 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.2 - 10.8 - 11.8

これでヴィクトリアMは4年続けてラスト3ハロンの瞬発レース。
ウォッカは絶好のスタートを切り、そこから無理に行きたがるような事はなく、先団に付けて脚を溜めます。<絶好のレース運び>、この時点でちょっとこれでは・・・・。

後半、緩→急に流れが変わりペースアップする中でウォッカは余裕の手応え。直線に入った所でいよいよ各馬追い出しにかかりますが、ウォッカは馬なりで悠々と先頭に!スピードの絶対値が違うとしか言い様のない抜け出し方!!
その後は後続との差をひろげる一方のレースに。同じく騎手が赤い帽子を被っていた去年の安田記念の光景を見ているようでもありました。
まともに折り合えばこのメンバー相手に、このくらいのパフォーマンスは当たり前?ただただ脱帽のレースでした。

前で競馬が出来て、その位置から最後斬れる脚を繰り出せる馬を狙う事がこのレースのポイントと考えていましたが、1頭は不安視していたウォッカ。そしてもう1頭はブラボーデイジー??

2着、ブラボーデイジー
今回はウォッカより前に付けて内枠を利してコースロスのない競馬。勝負所で簡単にウォッカに先に行かれてしまいますが、生野騎手はすぐさまウォッカの真後ろに付けウォッカを追います。ウォッカには遠く及ばないものの、上がり34.6秒。前で競馬をした馬の中では勝ち馬を除いて上がり最速。当然の2着。

この馬は拾えませんでした。前走で重賞を勝ったとは言え、不良馬場の福島、牝馬限定の重賞レース。上がりに37秒を要したレース。これまで芝の1800~2000mのレースを選んで使っていますが、必ず上がりに35秒後半以上はかかっている馬。前走の不良馬場の勝利がなければただの1000万勝ちの馬。
内枠から先行出来る馬は魅力ですが、速い上がりが使える馬だとは思いませんでした。
この馬は函館、福島、小倉、中山と去年の夏から結果を出してきた馬、小回りコースの上がりが速くはならない質のレースばかり。意外に広いコースの瞬発レースに向いていたのでしょうか??マイルくらいの方が適う?
調教師もレース後に「騎乗した生野騎手には満点をあげたいです」とコメントを残していますが、前目のインで脚を溜め、ウォッカを目標に終いの脚を引き出したという点で生野騎手のファインプレーだったのかもしれません。

3着、ショウナンラノビア
この馬は評価していた馬。スローが濃厚なレースで逃げられた事、最内枠から楽に先手を取った事が挙げられると思います。内が悪くなっていない馬場も向きました。

4着、ザレマ
多分この馬は今がピーク。思ったよりも後方での競馬になりましたが、これがもったいなかったと思います。今の馬場、ペースを考えれば前で競馬が出来ていれば・・・・。
今回はこの馬の状態、相手関係からチャンスでした。(勝つチャンスではありません。)今後G1となるとちょっと厳しそう。

5着、◎ジョリーダンス
ウォッカが抜けた時点でほぼ諦めましたが、いい脚を見せました。3着馬とはハナ+頭差の差のない5着。8歳馬に期待した訳ですが、頑張りました。勝ちは無理でしたが、十分楽しませてもらえました。
これで引退でしょうか?いい仔が産まれてくる事を期待します。

7着、ヤマニンエマイユ
無謀にもこの馬は重い印を考えていました。大外枠、と鞍上を考慮して思い留まりました。この馬は
左回りの速い上がりの勝負に特化している可能性があります。一番後ろからで勝負にはなりませんが、斬れだけなら結構ありそうです。好走したのは左回りの東京、新潟、中京。この条件で上がりが速くなりそうなレースなら。逆に中山などで上がりがかかるレースでは消し。この後、新潟の1400~1600mくらいのレースに出てくるなら買い。

今年もスローの展開。内の馬場が良い事から先行、内目が有利に。上がりが速くなる競馬で外を回した馬は圏外。今回不安要素ありと考えたウォッカを外しての本命選びに悩みましたが、先行出来て且つ速い上がりを繰り出せるという馬が見当たりませんでした。結局、その競馬が出来る馬が有利なレースでしたが、そんなタイプの馬がウォッカ以外にいなかったからウォッカは7馬身差という大差の圧勝。とても適性の無いと思われたブラボーデイジーが2着入選という結果になったのでは?

G1馬、リトルアマポーラカワカミプリンセスは特にスローで斬れるという強みを持つ馬でもなく、2頭とも外枠。このレースは向きませんでした。力の衰えも気になるカワカミプリンセスはさておき、リトルアマポーラは今後中距離レースでは見直せると思っています。特に先行競馬でガッチリと馬を制御するタイプの騎手が乗る時に。

さて春のG1は連敗街道驀進中!全敗まで見えてきました。(泣)
来週は
ブエナビスタの出走するオークス
週間予報では水、木曜辺りが雨の予報。これが土曜日くらいまでズレ込んで、日曜に天候が回復するようなら、東京競馬場の馬場特性、今週の馬場状態を考えても外差しが利きにくい馬場になる可能性があります。

強すぎるゆえに外外を回す「安全策」を取るブエナビスタ。ちょっと楽しみです。化け物牝馬の1着を否定して連敗記録を伸ばすか????

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)の展望 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29659267

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアマイルの回顧:

» 下半身痩せに効果的 [下半身痩せたい!]
下半身痩せたら、もっとオシャレができるのにと思っている人も多いと思います。でもなかなか努力しても痩せにくいのが下半身。効果的に下半身痩せをするにはどうしたらいいのでしょうか?! [続きを読む]

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)の展望 »