2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 東京優駿(ダービー)の展望 (1) | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 (3) 本命馬! »

東京優駿(ダービー)の展望 (2)  アンライバルドについて

今回は今週末に行われるダービーの展望の2回目。

展望(1)で書いた理由から最有力なのは皐月賞を経由した馬。皐月賞出走馬の質、レースレベルが低かった場合は他のステップの馬の馬がダービーで割り込んで来れると考えています。
特に皐月賞が締まった流れになって底力が問われるレースになり、その中で強い競馬をしたならダービーでも有力。
一昨年の皐月賞は非常にタフなレースで十分に底力を問われたレース、その中で底力満点の強い競馬で連対したヴィクトリー、サンツェッぺリンは斬れる脚を持ち合わせていない馬、非常に皐月賞向き、中山2000mを前で押し切るといったタイプの馬。こういったタイプの馬は内の馬場が相当いい状態か、または抜けた力量を持っていない限り東京2400mのダービーでは厳しいと思います。
皐月賞でダービーを取るだけの底力が証明されて、且つ斬れる脚、長く続く脚といったダービー向きの決め手を持っている馬を重く見たいところです。

1番人気はおそらくアンライバルド
皐月賞は全くの圧勝!この馬は皐月賞の予想の段階では疑っていました。スローからの上がり勝負しか経験していない馬。評価は「上がり勝負においては相当強い馬」。緩い流れのトライアルで終いスパッと斬れて皐月賞で人気になり、タフな流れの皐月賞でコロッと負けてしまうタイプの馬かな?と思っていました。
全くの見込み違い・・・・。

今までのレースより1000m通過で約2秒以上速い、前走スプリングSよりも約3.5秒速い流れ。位置取りは同じようなものなので、初めて追走にかなり脚を使った事になります。
初めて経験するこの流れの中、中団後方から4角を軽く一捲り、一気に先頭に立ち、押し切ってしまいました。特に勝負所での爆発力は普通ではありません。もともと勝負所での脚に非凡さを感じていましたが、この流れの中で従来と同じようなような爆発力を見せられてはこう言うしかありません。「この馬は本物!」 この世代では能力が抜けている可能性もあります。

ダービーで圧倒的な1番人気になってもそれは正当な評価。
ただ、ちょっと気になる点もあります。
あまのじゃく的な発想かもしれませんが、あまりに勝負所での脚が見事過ぎる事!!

皐月賞では4角からの勝負所で一気に抜け出して勝負を決めてしまった訳ですが、この鋭すぎる脚はズバ抜けて強い馬である事を証明するものか、一瞬の斬れ味を武器にする馬という事なのかは少し迷う必要があると思っています。
新馬からスプリングSのまでのレースぶりはどのレースもスローからの終いだけ脚を伸ばすもの。舞台も小回りコースが多く、スピードを持続させる能力については判然としません。
勝負所で一気に進出して先頭を捕えにかかり、トップスピードに、そのトップスピードをどれだけ持続出来るのか?ズバ抜けて強い馬か、小回りコース向きの一瞬の斬れを武器にする馬かはダービーが終わってから結論が出る?

もう一つ。
皐月賞が完璧過ぎる強さだったので、このレースが100%(以上?)の出来だったのではないかという点。
そうだとすると反動が危惧されます。スローの競馬しか経験していなかった馬が一転タフな流れのレースで一気に先頭に立ち押し切ってしまう圧倒的パフォーマンス。この点だけでも少々不安。
調教の動きは完璧などと言っていますが、(ダービー前の皐月賞馬の調教についての記事なんてものは「万全!」「申し分なし!」などと相場は決まっているものです。←これが「あまのじゃく的発想」なのですが・・・。)調教の負荷はレースの負荷に比べれば微々たるもの。レースで最後の直線で先頭を捕えに行くでしょうが、ゴール前も最も負荷のかかる所で最後の踏ん張りが利くかどうか。見えない疲労が邪魔をするかも。

最後に、折り合いを欠いて負けた事があること。
唯一の敗戦、京都2歳Sではスタート後、口を割って走っていたように少々折り合いを欠き、最後の爆発力も影をひそめ「並みの馬」になってしまいました。
展望(1)で書いたように、ダービーは正面スタンド前の発走。そこには超満員のテンションの上がり切った熱狂的競馬ファン!この異様な雰囲気は気性に問題がある馬にとっては厄介なもの以外の何ものでもありません。

最後の事はこれだけの馬ですからレース経験も積みましたしあまり問題ないかもしれません。道中折り合って溜めた脚を最後の爆発力に変換するタイプの馬・・・。一応「並みの馬」になってしまう可能性もあるという事で挙げてみました。

強い馬が勝つのがダービー。その一方、運のある馬が勝つのがダービーとも言います。
運が無いとすれば、皐月賞で走り過ぎた事かもしれません。

皐月賞からダービーまでは約1か月半、ダービーから菊花賞までは約5か月。前の1冠で渾身の走りをしても菊花賞では一旦緩めて疲労を抜き、もう一度馬体を作り直してから臨めるだけの時間的余裕があります。(だからよく言う、「強い馬が勝つのが菊花賞」。)ダービーではそうはいかない為、多少運の要素が必要になってくるのかもしれません。ダービーで素晴らしい走りをして勝利を手にした馬がその後燃え尽きたようにパタリと走らなくなる事が多い件についても、皐月賞からダービーまでの時間的余裕がなさがかかわっていると思います。

3冠の内の皐月賞とあと1冠を制するというのは難しい事です。皐月賞と菊花賞の2冠については長くなる距離が壁になります。皐月賞とダービーの2冠については間隔の短さが最大の壁になるのでは?


一応気になる点を書いてみましたが、論拠が「皐月賞が強すぎたから」では少々説得力がないと言うか、破綻さえしている気も・・・・。
◎は打ちませんが、抜けている可能性のあるこの馬には重い印を打つ事になると思います。

« 東京優駿(ダービー)の展望 (1) | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 (3) 本命馬! »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29828067

この記事へのトラックバック一覧です: 東京優駿(ダービー)の展望 (2)  アンライバルドについて:

» ダービー [HELL'S DAIRY -たわいもない話が次第にハマッテいく…かも?-]
ウィーッス! 今週はダービーですね ちょっとしたお祭り#63710;みたいなものですが・・・ ヘルズ的にはダービー馬が強いってイメージが無いんですよ~ ダービーで完璧に仕上げ過ぎてしまって・・・ そして燃え尽きてしまったダービー馬をたくさん見ていませんか? ..... [続きを読む]

« 東京優駿(ダービー)の展望 (1) | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 (3) 本命馬! »