2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« NHKマイルの回顧 | トップページ | 京王杯SCの予想 »

ヴィクトリアマイルの展望 ウォッカについて

今週はヴィクトリアM

2週続けての東京マイルを舞台にしたG1レースになります。そして3週後にはまた同じ条件で安田記念があります。
G1レースは根幹距離で行われるべきなんでしょうが、1つくらい1800mのG1レースがあってもいいような気がします。

今年で4年目になる歴史の浅いヴィクトリアM。これまでのレースは、

2006年 12.6-11.2-11.6-12.1-12.2-11.4-11.3-11.6  33.8秒 5番手

2007年 12.3-10.8-11.7-11.8-11.6-11.2-11.2-11.9  33.4秒 6番手

2008年 12.4-11.3-12.0-12.2-12.1-11.2-11.0-11.5  33.4秒 6番手

各年のレースラップの後ろに書いたものは勝ち馬の上がり3ハロンと位置取り。

馬場差により全体のタイムは違いますが、ラップのバランスとしてはどの年も同じようなもの。3年共に同じような質のレース。流れが緩く、上がりが極端に早くなる競馬。

このレースで3着以内に入った馬は去年2着のウォッカを除いて全てサンデーサイレンス産駒、若しくはサンデーの仔の産駒の馬。道中緩んでの上がり勝負ならこのような結果になるのも分かる気がします。
同じ条件の安田記念と比べてみれば分かりますが、安田記念はもっと流れがきついレースで間違っても上がり33秒前半なんてタイムは出ません。真にマイルでの総合力が試されるレース。それゆえに斬れ味自慢のサンデー系の人気馬が信用できないレース。

同じ条件のG1レースですが、かなり質の異なるレースになっています。G1とはいえ、牝馬限定のレースだからという事でしょうか?

前3年の結果が示しているように、このような場合有利なのはやはり前目に付ける事が出来て速い上がりを繰り出せる馬。マイル適性のある先行馬で上がり勝負で強みを発揮出来る馬

今回の有力と目される馬では速い上がりという点でカワカミプリンセスリトルアマポーラはちょっと疑問。早い話がズバリ、ウォッカという事になってしまいます。
去年はまだ後方から競馬だったウォッカ。ウォッカより前で競馬をして上がり33.4秒を繰り出したエイジアンウィンズを捕えきれませんでした。今年は前でも競馬が出来るようになったウォッカ。先行するようになってから馬券は1度も外していません。このメンバーでは鉄板?そうではないと思いたいところです!

去年と同じくドバイ帰りの国内初戦。
能力だけを見れば、かなり抜けている存在!加えて適性も抜群!

この馬を疑うとすれば、まずは海外レース帰りであること。去年と同じローテですが、今年はドバイを本気で狙っていたのか、ドバイで目標レースの前に前哨戦を挟みました。慣れない環境での滞在競馬。

そして、非常にタフだった天皇賞秋の後のレースのウォッカのパフォーマンス。

JCは1着付けの本命にしました。レースはJCらしくないかなり緩みのあるレース。岩田騎手はこの流れを3番手に付け4角を迎えます。願ったり叶ったりのレース。もうこの時点で勝ったと思っていました。
結果はご存じのように2頭に差されて3着。そしてレース後の岩田騎手のコメント。

結果的に今日はスローペースだったことが応えていた。本当はもっとフワッと出てくれればいいけど、ゲートの出がいいので、そこで馬に逆らわずに前に行く形に。ちょっとムキになってしまった。折り合えばもっと弾ける脚を使ってくれる馬だけどね。

そして今回のヴィクトリアMはスローペースが濃厚なレース!!折り合っていかに脚をしっかり溜められるかが非常に重要なレース。
スローペースになれば総合力というよりは瞬発力、好位で折り合って、どれだけ速い上がりを繰り出せるかが問われます。(場合によってはそれのみが。)明らかにメンバー落ちのG1でもこれが出来なければ負けます。
嫌うならハイレベルな安田記念ではなく、相手が弱くても流れの緩みそうなヴィクトリアM?

ジャパンカップの敗戦はもちろんタフだった天皇賞経由という事が影響していると思うのですが、個人的にはその前の毎日王冠のレースも影響していると思っています。

毎日王冠は速い馬場の中、「逃げ」の戦法をとったレース。そして馬場を味方に積極的に飛ばし、更には1200~1400m区間のラップが10.5秒!ここで一気に勝負を付けてしまう乗り方。
これがウォッカをしっかりと折り合うことの出来ない馬にしてしまった可能性も!

続く天皇賞はダイワが逃げ、同厩舎の馬がそれを突っつき非常に締まったレースに。緩まなかったので折り合いに気を使う必要のなかったレース。

そしてドバイでは万全を期して前哨戦で一叩きして本番に臨みましたが、やはり先行して最後弾けず・・・。レース後に武騎手がどんなコメントを残したかは知りませんが、折り合って末脚の爆発力で勝つというスタイルがとれないのかもしれません。

個人的には海外レースは日本の馬場と大きく違うので負けてもそれほど気にする事はないと思っています。馬場に適った血を持つ馬が圧倒的に有利なのが競馬。日本と欧米の生産馬の基本能力に差がなくなった今日、ジャパンカップでコロコロ海外の有力馬が負ける事もそれを証明していると思います。

ドバイの敗戦が単に力負けではなく、折り合いに難があるための先行策であったり、道中のムダな体力ロスによる最後の失速だったりすると今回の圧倒的1番人気(メンバーの質を考えれば当然こうなると思います。)もにわかに信用出来なくなります。万全を期したレースで去年より着順を落としている事も・・・・。

登録馬の名前だけ見ると東京マイルでウォッカが連を外すとはとても思えませんが、それは今までイメージ。特に安田記念のイメージがあるから。1年経って仮に肉体的な衰えがなくても、精神面で何かが変わっていればどうでしょうか?
そして鞍上は最近馬を御しきれていない印象のある武騎手。強く馬を御す事の出来る安藤騎手や岩田騎手なら重い印は打ちますが・・・・。

 
  

« NHKマイルの回顧 | トップページ | 京王杯SCの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

私は悩まずウォッカで行きます。
武は私も気になりますが、やっぱり一流ジョッキーです。
素人の私なんかより馬のこともレースのことも熟知しているので、偏見を持たずに応援したいと思います!
今回のメンバーでは負けることはないという個人判断が半分と、勝ってほしいという希望が半分です。
まあ、安田記念へのトライアル的な側面があるような気もしますが、それでもこのメンバーで着外なんて想像もできませんです。

こんばんは。
metalmoonさんはウォッカですか。正直私もこの歴史に残る名牝がこのメンバー相手に連を外す可能性はかなり低いと思っています。
少々行きたがってもそのまま押し切ってしまうんじゃないかなんて・・・。
おそらくは圧倒的な人気。競馬はどう人気馬を嫌っていくかのゲームでもあるので、オッズと勝手に考えた好走確率を天秤にかけて、今回は嫌ってみる事にするつもりです。
とは言え、どの馬がウォッカに勝つのか?となると・・・???

今回のコメントはありがたいと思っています。
競馬はいろんな人がいろんな角度からの見解を持って馬券を買うというところがとても面白いと思っています。
このブログは私の手前勝手な見解を一方的に述べるだけのつまらないものなので、特に見解が異なる時にコメントいただけるととても嬉しいものです!!!!!

さてどんなドラマが待っているか楽しみですね。
回顧で「さすがウォッカ!参りました」なんて書くハメになりそう?

私がウォッカを本命とする理由は、スタートセンスの良さ。
いつもいいスタートを切って思い通りの位置取りができるのが強みだと思っています。
毎日王冠のときはメンバーがあれだったので、そのまま押し出されるように先頭で走りましたが、それでもあのタイムをウォッカが作り出したというところに強さを感じます。
私はウォッカは武の指示に素直に従っていいポジションをとれると思っています。ウォッカに衰えがあるのか?は、まだわからないところです。わからないのであれば、今まで見てきたウォッカで判断するのが正しいと思っています。
今回不可解な負け方をした場合、その時はじめてウォッカが衰えてきたのか?を判断したいと思っています。

タマルファイさんが何を本命にするのか?その理由は?
予想楽しみにしています~horse

本命馬・・・。

記事にも書いた通り、前目に付けて斬れる脚を使える馬、溜めたら斬れる馬を本命にしたいレースですが、良い馬がいないので困っています。

力のありそうな馬はどの馬も溜めたら相当斬れるというタイプでもないように思えます。

先週に続いて高速馬場でしょうか?
前半スローで高速馬場だと終いが相当斬れなくては勝負にならないのですが、このスローという想定を外せば予想は楽になるのですが・・・。

雨が降って道悪にならないかなー・・なんて。(週間予報では週末傘マークがついていたのに、無くなっています!!!!)

該当者なしでは予想にならないので土曜の芝の状態を見てからよく考えてみます。

言おうか悩んだんですが、実は先週の日曜日にウォッカが3枠に入らないかなぁと思っていたんです。
なぜかというと、レーシングプログラムの裏にヴィクトリアマイルの広告が載っていて、それが真っ赤なTシャツに『勝』と書いてあるものだったのです。
そのときはふざけて3枠の馬が勝つね!なんていっていたのですが、まさか本当にウォッカが赤い枠に入るとは・・・
しかも同枠の隣にいるのは安藤『勝』己・・・
なんとも強力な運を感じるではないですか!これでウォッカかザレマが来たらこれがサインだったとか言われちゃうんでしょうねぇ~と思いつつ
私のウォッカ本命はこれとはぜんぜん関係ないですからね!ないですからね!bar

最後の一文を読んでホッとしました。
サイン読みとかは全く興味がないので、どうコメントを返そうかと・・・・。

でも楽しみ方としてはもちろんアリです!!
勝負事って不思議と何かと繋がるように思える事ってありますよね。
何かをやる前にある事が起こって「これは瑞兆??」なんて。妙に自信が出てきたり、実際そのある事が思いもよらぬほどうまくいったり!

metalmoonさんも自信が出てきたのでは?非常によく分かる気がします!

また思うところがありましたら気軽に何でもコメントお願いします!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29597913

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアマイルの展望 ウォッカについて:

» 今週の重賞レース【ヴィクトリアマイル】PART3 [明日の勝利のつかみ方(JRA版)]
G1プレイバック ヴィクトリアマイル思い出のヴィクトリアマイル… まぁ3回しか行われてないのですが… コイウタが勝った年ですねw 2007年 第二回ヴィクトリアマイル ついでに自分の本命は・・・忘れたw 多分ディアデラノビアかなぁ? でも今振り返ると出走した全18頭は今や立派な重 ...... [続きを読む]

« NHKマイルの回顧 | トップページ | 京王杯SCの予想 »