2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット! | トップページ | 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (2/2) と桜花賞ブエナビスタについて »

桜花賞の展望

圧倒的な人気が予想されるのがブエナビスタ
この馬の能力が飛び抜けて高いという事は衆目の一致するところでしょう。

新馬戦ではアインライバルドリーチザクラウンの今思えば牡馬クラシック路線のトップホース2頭の3着。道中はスローで後ろにいたら届かないレース。絶望的な位置からとてつもない脚を使い3着。3着とはいえこの馬の推進力は飛び抜けており、あれほど後ろで構えなければ順位は分からなかったでしょう。

阪神JFとチューリップ賞は今回の舞台、阪神マイルですが、両方ともディープインパクトのような競馬(笑)。能力に差がないとあの競馬では・・・。
タフな馬場での阪神マイルで先行馬が潰れたJFとは違い、チューリップ賞は完全なスローからの上がり勝負。逃げたサクラミモザ藤岡騎手にしてみれば「シメシメ」と思ったであろうレース。藤岡騎手は前年エアパスカルで逃げ、トールポピー、オディールを封じて勝利した同じレースを演出、再現しました。ただ、1頭「おかしな」馬が混ざっていました。

それがブエナビスタ。
サクラミモザが前でロス無く進んで、しっかり脚を溜め、最後が時計の掛かる馬場で 11.1-11.9 の上がり。これを最後方から早めに脚を使って位置取りを上げて行き、それも外外を、最後も大外を回して差し切り勝ち。距離ロスと脚をかなり使っている事を考えるとまずふつうは差し切れないレース。その能力差は歴然!!明らかにふつうでない馬。
しかも権利取りに必死な馬ばかりの中でこの馬の目標は次のレース!

今の阪神は少し内が悪くなっているような感じ。外差しの馬場もただでさえ強いブエナビスタに味方します。この馬をどう嫌えと・・・。

この馬の能力に文句の付けようはありませんが、レーススタイルについてはケチをつけたい馬。
おそらく単勝で1倍台。下手をすると1倍台前半。その馬が多分当たり前のように、最後方、外外を距離ロスをしながら位置取りを上げ、最後は大外ブン回し。
確勝級と騎手も感じているからこそのスムーズな競馬を意識しての安全策、大外ブン回し・・・。この辺りに落とし穴はないものか?若駒牝馬にはタフな阪神マイルも年を明けて力をつけてくればJFのように先に勝ちに行った馬があれほどパッタリ止まらないかもしれない。

ブエナビスタ程ではないにしても、少しは対抗できる能力を持つ馬が道中しっかり脚を溜め、馬群を割って馬場中ほどを先に抜け出したら、ブエナビスタよりずっとロスの少ない競馬をしたら・・・・。

そんな対抗出来そうな馬さえいないから、圧倒的人気になるでしょうが、可能性のある馬ならいないこともないかと。

そういう馬をピックアップするなら今回初対戦の馬の中から選ぶべきなんでしょうが、チューリップ賞で随分脚を余しているように見えた馬、チューリップ賞で3着になったルージュバンブー

内からロスなく進めたレース、4角を抜けて手応えはありそう、さあこれから追い出しという時に、脚が残っていない前2頭が壁になり前が塞がり、横に出そうにも横が塞がり、その間にブエナビスタが悠々とスピードに乗って交わしていきます。
追い出せたのは残り200の看板を過ぎてから。ラチ沿いを抜けますが時すでに遅し。

それでもジェルミナル、ブロードストリートなど能力評価出来る馬に先着し、権利を確保。
ずっとインにベッタリで流れもスロー、最後の200m弱しか追っていないのであのくらい弾けても特に凄い事とは思いませんが、特筆すべきは、チューリップ賞がまだ3戦目のレースであったこと。チューリップ賞のレースぶりも含めまだ底を見せていない馬、勝負付けが済んだ馬とは違い、「鮮度」があります。

2月デビューで、新馬を落とし、未勝利戦を使いそこで勝利、そしてクラシックに乗せるためにチューリップ賞に。1か月で3戦。
2月デビューで無理やり桜花賞に間に合わせたようなローテ。相手は順調に駒を進め、経験を積み、トライアルで万全の一叩き。臨戦過程でかなり不利がありますが、やはり前が詰まらず、ブエナビスタよりも先に抜け出していたなら・・・・・。
不確定な事が多く、G1の流れでどのような能力が発揮出来るかはハッキリしませんが、可能性としては・・・。人気が無いのなら!
ちょっと夢を見たい気もします。

他の馬では、
ディジアーナも可能性のある馬でしたが、オークスが目標らしく回避。タフな競馬が続いた馬なので回避は状態面の可能性も。
ダノンべルベールはおそらく2番人気、人気でも買い目には必ず入れる馬ですが、JFはブエナビスタに完敗、桜花賞でわざわざ人気の関東馬を重く扱わなくても。
サクラミモザは前走恵まれ過ぎ、力はある馬ですが、ブエナと差が無かった事から人気になるのでは?桜花賞でのメンバー、流れ、馬場を考えてもこの馬のアドヴァンテージはかなり減りそう。エアパスカルの二の舞も。
ヴィーヴァヴォドカ。タフな馬場で逃げてディジアーナを封じましたが、この日の中山は最内に1頭分走り易い馬場があったようで、この日のレースもこの馬場に乗せてきた馬に利がありました。
フィリーズRで権利を取った馬は阪神1400で積極的に前に行って結果を出した馬。マイル適性というよりは短距離の適性がモノを言った可能性も。距離が延びて阪神マイル、内が悪くなり始めた馬場、外から差せる馬場でどうでしょうか?

やはりローテに目をつぶってルージュバンブーに期待したいと思っています。

次は万全の状態、必勝態勢で最初の1冠を取りにくるブエナビスタ。この馬を1着付けの◎にして、2,3着付けにルージュバンブーを買うのが適当だと思いますが。さて・・・・。

« 大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット! | トップページ | 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (2/2) と桜花賞ブエナビスタについて »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

桜花賞枠順出ましたね(・∀・)
ブエナは5枠9番、まずまずの枠ですな( ̄▽ ̄)

最内なんかに入ったらJRAの陰謀じゃ~( ゚皿゚)
って記事を書こうと思ってたのですが( ̄ー ̄)ニヤリ

ますます死角が無くなってきましたね(・∀・)イイ!

こんばんは!

もう枠順出てますね。
ブエナは9番ですか、結局後ろから外を回すでしょうからあまり関係ないですけど、スムーズに外に出すにはイイ枠ですね。
勝っちゃいそうですね!
最後方から長く脚を使って捲り上げ更に直線で爆発なんて競馬(ディープ戦法)は「割が悪い」最たるモノだと思っているので能力が抜けていたとしても嫌いたい気持ちで一杯なんですが・・・。

ルージュバンブーは真ん中より内ならと思っていましたが、外・・・。
うーん。4角で捲くられて先に行かれそう。

あれっ、ショウナンカッサイはこのレース出られるみたいで、しかも内枠ゲット。幸騎手も前走の反省もあるだろうし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28999091

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞の展望:

« 大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット! | トップページ | 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (2/2) と桜花賞ブエナビスタについて »