2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« アンタレスS、フローラSの回顧 | トップページ | 天皇賞春の予想 »

天皇賞春の展望

日曜まで晴天が続くそうで、今年の天皇賞春は良好な馬場状態で行われることになりそうです。

毎年楽しみなレースである天皇賞春。
ダービーやジャパンカップが頂点として競馬の体系が出来ている以上、中距離で力を発揮できる馬を求めて配合も行われます。そしてそんな馬たちが「主流」となります。

近年3200mの天皇賞春を制した馬は名馬と呼ばれる馬はアドマイヤジュピタ、メイショウサムソン、ディープインパクト、(マンハッタンカフェ)、テイエムオペラオー、スペシャルウィーク。
短距離馬、中距離馬、長距離馬などと呼ばれる事がありますが、おそらくは2400mくらいの距離で最も強さを発揮出来る、いわば中距離馬だと思っています。3200mの天皇賞を制することが出来たのは抜けている能力。少々適性が外れても問題なく勝ってしまうだけの力量を持つ馬たち。当然彼らは人気を背負っての勝利でした。

そして天皇賞春で波乱の主役となるのは適性面で主流から外れる馬。近年ではイングランディーレ、ヒシミラクル。2000~2400mくらいだとズブ過ぎて、よほどタフな流れにならないと勝負にならない馬。中距離で斬れ負けする馬も距離が延びれば適性面で他の馬より有利になる事もあります。中距離レースでのズブさが実は長距離の適性の裏返しだったなんて事もよくある事だと思っています。

そんなタイプの馬が去年の菊花賞で◎を打ったナムラクレセントだと思っています。今回流れが締まれば波乱の主役に、と思っていましたが、出走は叶わず。

その菊花賞で完勝したのがオウケンブルースリ。流れが緩んでの長距離レースに向くと考えている馬です。前走は重馬場で逃げ馬が引っ張るタフなレース。菊花賞とは異なる質のレースになりました。7着でも見直し可能。
以前からこの馬を◎にしようかと漠然と考えていましたが、出走馬に日経新春杯で引退するはずだったテイエムプリキュアの名前・・・・。うーん、と思っていたら故障で春は全休だそうで登録にもその名は無し。

この2頭は思い入れもあり、いずれにしても重い印を打とうと思っていましたが、出走しないので他の馬から選ぶしかありません。

今回キーになる馬は間違いなく逃げるであろうテイエムプリキュアとそれについて行く?ホクトスルタン

テイエムプリキュア。
前々走、日経新春杯が初めての重賞勝ち鞍となった若手の荻野騎手が引き続き手綱を握ります。間違いなく、積極的に「行ってどこまで!」の競馬をやるでしょう。
この馬自身はイングランディーレのように体力満々という馬ではありませんし、得意の道悪も望めません、そして斤量別定のG1。さらに言うなら牝馬。単騎逃げ逃げがいくらハマろうが馬券に絡む事はあり得ないと思っています。

そしてホクトスルタン。
鞍上は小牧騎手。去年の菊花賞の時に書きましたが、長距離レースで信用していない騎手。この馬がもしテイエムについて行けば・・・・。
この馬は状態が良ければ決して軽く見ることは出来ない逃げ馬。流れは締まりタフな上がりのかかる競馬になる可能性があります。

逃げ馬を意識してレースが動いてくれるかどうかで勝ち馬も変わってくるような気がします。
この逃げ馬を意識してレース全体が締まったものになれば斬れ不足で去年の秋のG1連戦で勝負にならなかったアサクサキングスに流れが向きそうです。前走の勝利もタフな流れになった菊花賞も上がりがかかってこの馬に向いたレース。
ただ明らかに斬れ不足の人気馬(1番人気)、それもホワイトマズル産駒の馬を春天で1着付けにはしたくないと思っています。

これからじっくり考えますが、今のところ1着候補筆頭はスクリーンヒーロー

時代の主流から外れる長距離レース。出来れば穴馬から入りたいところですが、明らかにピークを過ぎている馬や力不足の馬が多いような気がします。せっかく予想するなら、もう少しメンバーの揃った天皇賞春であって欲しかったとも思っています。

« アンタレスS、フローラSの回顧 | トップページ | 天皇賞春の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29374295

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春の展望:

« アンタレスS、フローラSの回顧 | トップページ | 天皇賞春の予想 »