2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (2/2) と桜花賞ブエナビスタについて | トップページ | 桜花賞の回顧 »

桜花賞予想

いよいよクラシックが始まります。明日は桜花賞

ブエナビスタは単勝がなんと1.2倍!一本被りもいいトコ!
最後方から大外ブン回しすると分かっている馬がこれだけの単勝支持・・・・。余程他のメンバーに単の魅力が無いか、それともG1で傲慢とも思えるロスの多い競馬をしても十分勝ち切れるだけの能力を持っている馬と考えている人が多いか・・・・たぶん両方でしょう。

この馬の能力の凄さについては「展望」で書いたので省きます。
たとえ飛び抜けた末脚の推進力を持っていても、これだけロスの大きい競馬をしていては取りこぼす事が十分にある、相手も同じ年に生まれたそれも選りすぐられた馬達、3歳の春で一気に才能を開花させる馬がいるかもしれない、その馬がブエナビスタよりもずっとロスの無い競馬をして直線で先に抜けたら届かないかもしれない!
そして、牝馬3冠の中で一番あり得るのがマイル戦であるこの桜花賞!
これが予想の骨組みになりブエナビスタは対抗の2、(3)着付けにしようと思っていました。この馬が2着になるだけで配当は跳ね上がります。配当面からも狙える馬券。

ちょっと残念なことが2つほど。

今日の芝のレースの映像を見ましたが、あまりにも外差しの馬場になっています!ブエナビスタに誂えたような馬場!勝ってくださいと言わんばかりの、穿った見方をすれば意図さえ感じるほどの馬場。
8~10Rは勝ち馬が上がりがとても速いレース。当然、道中が緩んだレースでもありました。それなのに先行して内を通った馬が残れていません。勝った馬は全て後方から外を差して来た馬。このテのレースの「利」は先行馬にあり、ある程度斬れる脚を持つ馬なら後ろから差し切ってもおかしくはありませんが、先行して脚を溜めた馬がたいてい上位に残るものです。
今の阪神は内、外で相当に馬場差があると考えても良さそうです。
あまりに馬場差がある場合、それに逆らうべきではないと思っています。昨年末から今年にかけて中山でのレースで全て内を先行出来そうな馬、4角で先頭付近の内にいそうな馬に◎を打ち続け、期待通りの走りをしてくれましたが、今回はその真逆を狙うべきだと思っています。(つまりはブエナ重視。)

残念なことのもう一つは、展望で書いた、逆転まで期待する馬、ルージュバンブーは外枠になった事。馬場を考えればいい枠ですが、逆転を考えるなら真ん中辺りの枠が欲しかったところ。
多分位置取りは中団あたり。ペースがそれほど速くなければ4角でブエナが外を捲って来て直線に入る頃にはこの馬の脇を抜けて前に。直線で後ろになるようなら勝ち目はありません。それどころか外を捲り上げられ戦意を失う可能性も。
スローからの終い勝負しかしていない馬なのでもう少し内で脚を溜めてから、直線で先に抜け出せればと思っていましたが、この枠ではそれも難しいでしょう。ブエナとあまり変わらないコース取りでは勝ち目は薄いと思っています。

他に逆転候補として考えていた馬は①ダノンべルベール。③ショウナンカッサイ。⑮ジェルミナル。

ダノンべルベール
この前走は生で観ました。とても万全で無いと思って軽視していましたが、さすがの走り。賞金も桜花賞に向けて問題の無い馬で、万全でなくてもディジアーナと差のない競馬。(フラワーCでディジアーナは2着ながら抜けて強い競馬をした思っています。)そして今回はおそらく万全で桜花賞に。JFでは完敗も、成長のありそうですし、コース取りによっては逆転の1番手!
と思っていたところ、最内の1番枠。内の伸びない馬場。難しい競馬を強いられそうです。加えて阪神の経験の少ない後藤騎手。早めに栗東入りするも、3歳牝馬の関東馬はやはり不利。
それでも3番人気と差のある2番人気だと思っていたので、この人気は少々意外。◎ではありませんが、力量を考えれば積極的に買っていい馬だと思います。

ショウナンカッサイ
前走は意味の分からない控える競馬。レースは前に行った馬で決着。幸騎手もレース後やはり前に行くべきだったとコメント。前で巧く立ち回ってこその馬!ききょうS、阪神JFともに評価出来るレース。前走は全く良さを活かせないレース。度外視出来るレース。あの1戦だけで16番人気の単勝122倍とはあんまりな評価!絶好の穴馬!と思っていましたが、内が伸びない馬場・・・・内枠の先行馬受難のレース?
JFで見せた前に行ってからひたすらインで脚を溜め、最後のイン差しに全てを賭ける競馬もそのイン差しが出来ない馬場・・・。泣く泣く買い目からも外す事に。

ジェルミナル
阪神JFは先行して勝ちに行った競馬。後方から来た馬と内で脚を溜めた馬に先着された6着はそう悲観するものでもないと思っています。ダノンべルベール同様、賞金が足りている馬で前走は叩き台。万全でどこまで成長したかは見もの。
外枠を引いて先行を示唆。
この馬ももう少し内で脚を溜めてから直線で抜け出る競馬を期待していた馬。道中よどみなく流れるレースより静→動のレースの方が向きそう。阪神JFの回顧で書いたようにオークスで重い印を打ちたい馬。
可能性はあるが、マイルで外枠から先行して最後の脚がどうでしょう?

馬場が内、外イーブンでこの枠順ならダノンべルベールを逆転候補にしたいところでしたが、それもできずに1着を期待する馬がいなくなってしまいました。

おとなしく、ブエナビスタが本命。

印は
◎ブエナビスタ
○ルージュバンブー
▲ダノンべルベール
△ジェルミナル

馬券は3連単

◎→○▲△→〇▲△ 6点が勝負馬券。

能力がまだハッキリしない馬ですが、可能性はあると期待している○ルージュバンブー。「馬券について」での、「圧倒的な馬が1頭いるレースでの3連単の狙い方」で書いた着を拾いに行く競馬になる可能性もあります。
G1の流れでどうかなど未知数の部分が大きい馬ですが、その分の10番人気の低評価、ブエナあまりに強かった時の2,3着付けに。

◎→○→②⑤⑥⑧⑪⑰⑱
◎→②⑤⑥⑧⑪⑰⑱→○ の14点はオマケの馬券。

いくら馬場が向くとは言え、最後方から大外ブン回しの馬が勝つことに期待する馬券は癪にさわるので、

馬単○▲△→◎ の3点も買います!

« 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (2/2) と桜花賞ブエナビスタについて | トップページ | 桜花賞の回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29077990

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞予想:

« 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (2/2) と桜花賞ブエナビスタについて | トップページ | 桜花賞の回顧 »