2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 大阪杯、ダービー卿CTの予想 | トップページ | 桜花賞の展望 »

大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット!

先週の高松宮杯は完全に取った!と思った3連複の勝負馬券、本線の馬券をハナ差で逃し、残念な思いをしましたが、今週は両重賞共にヒット!特にダービー卿CTの方は配当がかなり付きハッピーな週末になりました。

昨年の秋華賞では11番人気ブラックエンブレムに◎を打ちながら馬券を外し悔しい思いをしましたが、翌週の菊花賞では取り損ねた分を取り返して余りある3連複のビッグヒットとなりました。禍福はあざなえる縄のごとしではありませんが、ラッキーとアンラッキーは順ぐりにやって来るものかな?(特に勝負事では。)と実感しました。
今回も全く同じ流れ。

菊花賞の時にように取り損ねた分を取り返して余りあるとはいきませんが、先週のうっぷんを晴らすには十分な的中。

先にダービー卿CT
予想にも書いたように、どの馬も勝つシーンが想像出来ない混戦のハンデ戦重賞。1番人気の単勝が6.7倍というのは多くの人が同じような考えだったのでは?
マヤノライジンも○タケミカヅチも勝ち切れるタイプではなく、いつも2,3着要員の馬。タケミカヅチが勝ったという事は状態面も含め勝ち切れない馬の揃ったレースだったという事でしょう。
力強い勝ち方をしたように見えたタケミカヅチですが、今後も1着に期待する事は無いと思います。内枠に入った時に複勝圏に期待する馬です。

今回も高松宮杯と同じく「馬券について【2】3連複」で書いた典型的な3連複軸馬2頭の選び方。マヤノライジンは前走大敗しただけで12番人気とは随分な評価でした。

レースではマヤノライジンの走りを目で追います。好位に付け、いい感じで流れに乗っています、内にタケミカヅチ。厄介な相手だと思っていたレッツゴーキリシマは後方!理想的な展開。ペースもそれほど速いようには見えませんでした。そして道中なかなかいい手応え!外側を捲って行き直線もしぶとく伸びます。
先週は直線半ばで早、小躍り気分(?)、ゴール地点で小躍り気分終了でしたが、今回は何だか冷静に見ていました。
タケミカヅチは連対確実、マイネルファルケも残りそう、狭い所にいた後ろのキャプテンベガの伸び脚がいい!!・・・・・・。
先週の悪夢がよぎりましたが、何とか3着を確保。無事的中。
多分、キャプテンベガの前に十分な進路があったのなら3,4着は入れ替わっていた可能性が大きかったと思います。これが「ラッキーとアンラッキーは順ぐりにやってくる」って事かな?と。

オッズがかなり割れており、3連複の配当が期待出来るとスケベ心丸出しで参戦したダービー卿CTでしたが、自分のスケベ心に感謝!(笑)

このレースで他に回顧する事は特にありません。タケミカヅチは内枠の時に複勝圏を期待。マヤノライジンはメンバー落ちの1800m戦、ローカルの巴賞、函館記念辺りで少しだけ期待。脚を余した観のあるキャプテンベガはヒモで拾った方がいいかな?と言ったところ。他の馬も重賞では成長を見せるか、状態アップが無い限りちょっと足りなさそう。

今後に向けて大注目の大阪杯
ダブルヒットとタイトルに書きましたが、ダービー卿CTに比べればこちらはプチヒット。

勝ったのはドリームジャーニー
ディープスカイの単勝は1.6倍。メイショウサムソンとネオユニヴァースを引き合いに出しましたが、強い馬でも前年タフなレースを目一杯走った後の年明け初戦は難しいもの。引き合いに出した馬に比べて年明け初戦の相手としては少々骨っぽいメンバー。そして1頭だけ59キロ。

予想の骨子は年明け初戦でこのメンバー相手に単勝1.6倍は付き過ぎと、2着になる方にベットするというもの。そしてこの馬に勝てる可能性のある馬は年明け初戦を叩いたアドヴァンテージのあるドリームジャーニー、サンラズマックス、そして内枠+滞在競馬のマツリダゴッホの3頭。この3頭→ディープスカイの馬単3点。

3連単はやはり内枠のマツリダゴッホに魅かれこの馬が1着からの馬券を購入。
道中の走りを見て早々とこの馬券は諦める事に。

ドリームジャーニーは完全にディープスカイ1頭に絞った競馬。馬券を買った者からしてみれば願ってもないこと。サンライズマックスはディープスカイのやや後方のイン。
4角でサンラズマックスは手応えがあまり良くないが、ドリームジャーニーは抜群。細かい回転の足運びで差を詰め、直線でディープスカイの外に馬体を併せに行きます。キビキビとした回転の速い足運びがいつも以上に良く見え、首差差し切ってゴール。

4歳の年明け初戦で単勝1.1倍だったゼンノロブロイがウインジェネラーレに首差届かなかった日経賞を思い出しました。

負けたとはいえディープスカイはやはりとんでもない馬。この馬中心に今年の競馬界が回っていく事は間違いないでしょう。
負けたのは年明け初戦だったこと。(59キロも。)次は弾け方が違うと思います!次戦は安田記念とのこと。

ドリームジャーニーはやはり小回りコースで買いたい馬。この後は去年のように小倉に向かう事はないでしょう。多分この春の最大目標は宝塚。いよいよ競走馬として最も充実する期間に入るディープスカイに勝つことはかなり難しい事ですが、阪神内回りの宝塚なら可能性はありそう。ペースによってはですが、アドマイヤムーンがメイショウサムソンに対して取った戦法なら勝機があるかと。今回予行演習は出来ましたし。
その前の安田記念は差して届かずだと思っていますが、負けてもディープスカイに勝った馬として人気が下がらないのでは?

やっとブログ記事の今年初的中。記事にすると魅入られたように外れていましたが、やっとです。2レースの予想をアップしたのは今年初でしたが、その2つともヒットとは。来週も2レース予想を・・・と思いましたが、来週は桜花賞ですね。

« 大阪杯、ダービー卿CTの予想 | トップページ | 桜花賞の展望 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28980249

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット!:

« 大阪杯、ダービー卿CTの予想 | トップページ | 桜花賞の展望 »