2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (1/2) | トップページ | 大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット! »

大阪杯、ダービー卿CTの予想

今週はG1の谷間の週ながら、東西メインに興味深い重賞が2つあります。
一つは今年のG1戦線で活躍が期待されている馬の年明け初戦のレース。もう一つはメンバーの質が高いとは思えない重賞のしかもハンデ戦、どの馬もあまり勝つシーンを想像できない馬で何が勝つのかさっぱり分かりません。それだけに配当の期待が出来るレース。

大阪杯
このレースは去年のダービー馬、ディープスカイの年明け初戦。かつての名馬と言われる馬達もこのレースを始動のレースに選びました。
感動した天皇賞秋でずいぶん熱心に記事を書きましたが、その中で、この伝説のレースの上位3頭、ウォッカダイワスカーレットに対するディープスカイを1999年の有馬記念、グラスワンダースペシャルウィークに対するテイエムオペラオーになぞらえました。
その時代最強の古馬2頭に対する最強の3歳馬。結果は順位だけでなく、着差まで同じ結果になりました。

これまた符号するように、2着だったスペシャルウィーク、ダイワスカーレットはその年のレースを最後に引退。1着だったグラスワンダーは翌年輝きを失います。ウォッカはドバイディーティーフリーで7着。(この馬が輝きを失っているかは分かりませんが。)
テイエムオペラオーはご存じのように、翌年、初戦から勝利を飾り、年間8戦全勝。メンバーの質が高いレースばかりを勝ち抜きました。4歳になったディープスカイはテイエムオペラオーの軌跡を辿ることになるのでしょうか。
その意味でも非常に興味深い1戦です。

ディープスカイにとっては初めての59キロという酷な斤量、休み明けのレース。しかも何が何でも勝たなくてはいけないレースでもありません。
最近ではメイショウサムソンネオユニヴァース(共にダービー馬。)が同じような立場でこのレースに臨み、勝利しました。この2頭は正直メンバーに恵まれていました。それでも勝ったとはいえ、着差は僅か。3歳時の、クラシック、その後の古馬とのビッグレースを目一杯戦った後の年明け初戦のレース、59キロを背負ってのレースがどれだけ難しいかを物語っていると思います。

今回の大阪杯はメンバーの揃ったレース。
59キロは馬格があるだけに、これほどの馬となるとあまり問題ないような気もしますが、休み明けは少々問題。自身初めて間隔の空いたレースになったダービー後の神戸新聞杯ではブラックシェルに首差の勝利。今回のメンバーは明らかにブラックシェルよりは楽ではないような。

そしてこの馬の単勝オッズは1.6倍!この馬への期待のあらわれだと思いますがちょっと付き過ぎ。
この馬が勝つ確率は高いと思いながらも、オッズから考えて、負けて2着になる方にベット。

ディープスカイを負かす馬は年明け使っている分のアドヴァンテージがあると思える2頭。ドリームジャーニーサンライズマックス
そして年明け初戦の実績があるマツリダゴッホ。外枠なら買いませんが、やはりこの馬が内枠から先行したら最有力。最内枠なら武騎手でもさすがに先行するでしょう。中山専用の馬ではなく、滞在+内枠から先行出来るなら強い馬である事を証明して欲しいものです。

馬券は
①→⑪
⑧→⑪
③→⑪ の馬単3点。

①→⑪→⑧③②⑤⑦
①→⑧③→⑪ の3連単7点。

ほとんどこのレースは見るレース。果たしてディープスカイはテイエムオペラオーの軌跡を辿る事が出来るか?その初戦。注目の1戦です。

ダービー卿CT
もう何だか分からないレース。それだけに配当を期待したスケベ心丸出しでの参戦。

マヤノライジン
最初オッズを見た時はかなり人気が無かったのでこの馬からワイドをちょっと買おうと思っていましたが、今ではそれなりのオッズ。

中山マイルの実績もあり、中山で負けた2戦は共に道悪。
前走は休み明けで馬体大幅減、そして毎回コンスタントに走ってくれるこの馬が珍しく大惨敗!、大いに不安ですが、その分の12番人気。
前走の大負けがなければこんな人気にはならなかったでしょう。
8歳でガクッと衰えがきてなければ力量は上位。状態は分からないものの「一変」に期待。

この馬と一番3着以内がありそうだと思っている、前走復調の兆し、今回もこの馬に必要な内枠を引いたタケミカヅチを軸にしての3連複。

④-⑤から①②③⑦⑧⑪⑫⑬⑭⑮

« 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (1/2) | トップページ | 大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット! »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

Dスカイ≒オペラオー説(*゚▽゚)ノ

あっしも天皇賞(秋)を見て同様に
99年の有馬を思い浮かべました(・∀・)

これからはDスカイの天下じゃヽ(´▽`)/
と確信した次第です♪

その直後のJCは( ゚д゚)ポカーンって
感じでしたが。。。

まぁ相手は充実の4歳
一方Dスカイは発展途上の3歳ということで
致し方なしかと。。。

悲願の凱旋門制覇をクリアするためにも
ココは格の違いを見せつける勝ち方を
期待してますヽ(´▽`)/

でもそうなると( ̄◆ ̄;)

タマルファイさんの馬券は大ハズレですね
( ̄ー ̄)ニヤリ

ありがとうございます!
両方いただきました!sun

こんばんは、歳三さん。
ディープスカイは首差の2着でしたが、年明けを叩いているドリームジャーニー、59キロ、クラシック+天皇賞、JCで目一杯走った後の休み明けを考えれば物凄く強かったと思います。

次は安田記念、宝塚らしいですが、まず勝ち負けですね。テイエムオペラオーと同じく上の世代の強い馬が抜けた後(ウォッカは?)、最強になる可能性はかなりありそうです。

レースはドリームジャーニーありがとうのレース。やっと今年のブログ記事初的中になりました。

歳三さんも昨日ダブルヒットだったらしく、こちらも珍しくダブルヒット。G1連戦を前にいい流れです。二人でG1連勝街道を突き進みましょう!

こんばんは、お花さん。
わざわざ報告ありがとうございます。

こんな当たらないブログを参考にしてくれるとは恐縮の至りです。

最近は◎がよく勝ってくれたり、穴馬のピックアップがうまくいったりしていましたが、ブログ記事の的中は無し!もし予想記事を参考にしていたなら随分悶々としたレースが多かったと思いますが、やっと大きめの所がヒット。

何だかホッとしています。
先週は鼻差でなんてツキが無いんだとも思いましたが、当たる時はこんなものですね。

大阪杯はマツリダが外枠に入ればドリームジャーニーが3連単の1着付けだったと思いますが・・・・そんな事言ったら贅沢過ぎますね。

満足満足です。

お花さんも的中したらしく、二人共にダブルヒットで今後のG1連戦を迎えられる事が何よりです。

また見に来てください。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

ブログ記事での初的中おめっとさんです
ヽ(´▽`)/

Dスカイは残念でしたがまさに負けて強し♪
あれだけマークされればさすがに
厳しいですな。。。

一方ダービー卿は見てて
杉本実況を思い出しました( ̄▽ ̄)

マイネルはマイネルでもファルケだ~( ̄◆ ̄;)
マヤノはマヤノでもライジンだ~(・∀・)

にしても記事にも書きましたが
ファルケのチェック漏れは痛恨でした(´・ω・`)

まぁショックというより、あまりの自爆加減に
妙にハイテンションになってました(*゚▽゚)ノ

来週は桜花賞
今度は両者W的中といきたいですね( ̄ー+ ̄)

祝辞ありがとうございます。やっとですよ(笑)

ディープスカイは強すぎです。歳三さんおっしゃる通り、まさに負けて強し!休み明け、59キロであの競馬ですから。東京ならそれでも勝っちゃっていたかも?

いやーマイネルファルケは拾いずらいですよ。相手には選びましたが、評価は下の方でした。

来週の桜花賞は楽しみですね。W的中を目指しましょう!!
「あの」1頭が出なければすごく予想のし甲斐があるレースなんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28971369

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪杯、ダービー卿CTの予想:

« 馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (1/2) | トップページ | 大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット! »