2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 桜花賞の回顧 | トップページ | 皐月賞予想 »

皐月賞の展望

明日は3冠レースの1冠目の皐月賞。その年の3歳馬の評価がまだ流動的という意味で予想するのが非常に楽しみなレース。このレースが終わってはじめて「あの馬が本当に強かったんだ」などと評価が固まるレースでもあります。
今年の前哨戦はスローペースのレースが多く、ある程度流れの締まるこのレースでどのような結果がでるのか興味深いところです。
その楽しみなレースの展望を週中から書こうと思っていたのですが、全く書く時間が無く、早、皐月賞前夜。

先走って、きさらぎ賞の回顧の時に1度皐月賞を展望しました、「セイウンワンダーは内枠を引いたら本命、トーセンジョーダンは皐月賞こそ買いたい馬で重い印」などと書きましたが、セイウンワンダーはトライアルが太めで大凡走、そして今回外枠。トーセンジョーダンは故障で春全休。本命候補の2頭が順調に本番を迎えることが出来ませんでした。

ロジユニヴァース
1番人気ですが、多分この馬が本命。上位人気は少し割れると思っていましたが、抜けた1番人気。4戦4勝、トライアル弥生賞も大楽勝となればこの人気も仕方がないでしょう。この馬が本物だと感じたのは昨年末の阪神のラジオNIKKEI杯2歳S、信じられないような底力で圧勝。しかもこの馬は関東馬。2歳馬にはタフな馬場、流れでしたが驚くべきタフネスぶり。
スローからの上がり勝負で脆さを見せるのではと弥生賞は嫌うつもりも、前日の降雪で力の要る馬場に。不本意ながら本命。大外枠から逃げてスローに落としましたが突き抜けて大楽勝。スローからの上がり勝負にも十分対応しました。

かと言って今回のメンバーは終い勝負で勝てるほど甘くはないでしょう。弥生賞は相手がイマイチ、馬場も他の馬が苦にした分、また内の馬場が良かった分もあっての楽勝劇だったと思っています。
最内枠なので先行することは必須。更には包まれる事なく早めに進出を開始してラップを締め、後続の斬れる末脚を封じる必要があります。また逃げるであろうリーチザクラウンに楽な逃げをさせないという事にもなります。
ラップを締めての4角先頭付近で押し切る競馬が出来れば、ちょっとこれを差し切る馬がいるとは思えません。もし差し切れたのなら、その馬はダービー馬にもなるんじゃないかと。

ラジオNIKKEI杯2歳Sがなければ、前のリーチザクラウンを潰しに行って末が鈍り、最後アンライバルドら後続に差される、「前門の虎、後門の狼」のような状況も考えたでしょうが、類稀な底力は証明済みの馬!前哨戦も負担をかけずの楽勝、地元関東でのレース。底力実証済みで皐月賞を迎えることの意義は大きい。
不安要素は時計の速い馬場になって、「皐月賞はスピードのある馬が勝つ」的なレースになった場合だと思っていましたが、そんな馬場でもないでしょう。残る不安要素はG1シルバーコレクターの鞍上が馬の力を信じて積極的に勝ちに行く競馬をしなかったら・・・・?

3強と言われる残り2頭。

リーチザクラウン
手抜きですが、きさらぎ賞の回顧で使ったくだりを。
能力は高そうですが、この舞台が向いている馬であった事も確かでしょう。楽勝だったので余力も残っていましたが、今後は?
次は皐月賞だそうで、中山の2000m、ある程度締まった流れ、ゴール前の坂、気性難、そして関東への輸送。メンバ強化。クリアーする課題は多そうです。
最後の踏ん張りがきく馬でもなさそうですし、前哨戦で弱いメンバー、楽な流れで勝って人気になるならあまり評価をしたくない馬です。
大外枠からハナを取りに行って巧く馬を制御できるでしょうか?早めにロジに突っつかれたら?

アンライバルド
強い馬だと思っています。ただ、ココではまだ「上がり勝負に強い馬」の評価。
4角前からレースが動き出すシビアなレースで、いつもより脚を使って追走して、同じ様に爆発力ある末脚が繰り出せるかどうか。可能性はありますが、対抗の印を打つつもりはありません。

対抗候補。

イグゼキュティブ
前走本命。プラス20キロの太め残りで結果はビリ!今回は人気ガタ落ちの単勝130倍の16番人気。
この馬は本命候補のロジユニヴァースと同様に持続力勝負で強みが活かせる馬だと思っています。幸いにも松岡騎手、斎藤誠調教師共に瞬発力勝負では分が悪いから積極的に前で競馬するとのコメント。スローからの上がり勝負で結果を出してきた馬が集まったレース。このレースプランには大賛成。松岡騎手は2年前のサンツェッペリンのように(持続力勝負向きの馬を前に行かせて)あっと言わせることが出来るか。

前走の予想記事のタフなレースになったラジオNIKKEI杯2歳Sについて。
イグゼキュティブは中団での競馬。先行したのはロジユニヴァースとリーチザクラウンの世代トップの2頭。何を思ったか、タフな馬場、全く緩みの無い流れの中、敢然と位置取りを上げて行く積極的な競馬!これは無理があります。一番タフなレースで一番タフなレース運びをした馬。これで5着なら相当力はありそうです。

最初から前に付けられていれば。今回は前を意識してにレース。札幌2歳Sではフラットなラップを先行してロジと0.2秒差。巧く内を突いたレースで額面通りの勝利ではありませんが、京都2歳Sでは今回3番人気のアンライバルド、4番人気のベストメンバーに先着。
ラジオNIKKEI杯2歳Sがタフ過ぎる競馬だったので反動があっての前走の状態、結果だったのかもしれません。もし状態が戻っていれば人気を考えても非常に面白い馬だと思っています。もちろん馬体が絞れている事は必須条件。
内に入れて、ロジの近くでレースが出来れば。ロジの後ろで着拾いができればいいのですが、松岡騎手なら勝ちに行くんでしょうね。
万全でもロジには勝てないとの評価。ゴールした時、ロジとこの馬の間に何頭いるかが問題。1頭ならOKですが・・・・。

他にナカヤマフェスタベストメンバーゴールデンチケット、(セイウンワンダーも対抗候補。少なくとも必ず買い目に入れる馬です。

花粉の時期も終わり、春風駘蕩、部屋の窓を開けて、遅い夕食の後にビール片手にのんびり皐月賞予想・・・・。オツなものです!
適度に酔いもまわり正常な思考回路が働いていない気がします。明日考えをまとめてから予想記事をアップします。

« 桜花賞の回顧 | トップページ | 皐月賞予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/29179671

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞の展望:

« 桜花賞の回顧 | トップページ | 皐月賞予想 »