2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

天皇賞春の展望

日曜まで晴天が続くそうで、今年の天皇賞春は良好な馬場状態で行われることになりそうです。

毎年楽しみなレースである天皇賞春。
ダービーやジャパンカップが頂点として競馬の体系が出来ている以上、中距離で力を発揮できる馬を求めて配合も行われます。そしてそんな馬たちが「主流」となります。

近年3200mの天皇賞春を制した馬は名馬と呼ばれる馬はアドマイヤジュピタ、メイショウサムソン、ディープインパクト、(マンハッタンカフェ)、テイエムオペラオー、スペシャルウィーク。
短距離馬、中距離馬、長距離馬などと呼ばれる事がありますが、おそらくは2400mくらいの距離で最も強さを発揮出来る、いわば中距離馬だと思っています。3200mの天皇賞を制することが出来たのは抜けている能力。少々適性が外れても問題なく勝ってしまうだけの力量を持つ馬たち。当然彼らは人気を背負っての勝利でした。

そして天皇賞春で波乱の主役となるのは適性面で主流から外れる馬。近年ではイングランディーレ、ヒシミラクル。2000~2400mくらいだとズブ過ぎて、よほどタフな流れにならないと勝負にならない馬。中距離で斬れ負けする馬も距離が延びれば適性面で他の馬より有利になる事もあります。中距離レースでのズブさが実は長距離の適性の裏返しだったなんて事もよくある事だと思っています。

そんなタイプの馬が去年の菊花賞で◎を打ったナムラクレセントだと思っています。今回流れが締まれば波乱の主役に、と思っていましたが、出走は叶わず。

その菊花賞で完勝したのがオウケンブルースリ。流れが緩んでの長距離レースに向くと考えている馬です。前走は重馬場で逃げ馬が引っ張るタフなレース。菊花賞とは異なる質のレースになりました。7着でも見直し可能。
以前からこの馬を◎にしようかと漠然と考えていましたが、出走馬に日経新春杯で引退するはずだったテイエムプリキュアの名前・・・・。うーん、と思っていたら故障で春は全休だそうで登録にもその名は無し。

この2頭は思い入れもあり、いずれにしても重い印を打とうと思っていましたが、出走しないので他の馬から選ぶしかありません。

今回キーになる馬は間違いなく逃げるであろうテイエムプリキュアとそれについて行く?ホクトスルタン

テイエムプリキュア。
前々走、日経新春杯が初めての重賞勝ち鞍となった若手の荻野騎手が引き続き手綱を握ります。間違いなく、積極的に「行ってどこまで!」の競馬をやるでしょう。
この馬自身はイングランディーレのように体力満々という馬ではありませんし、得意の道悪も望めません、そして斤量別定のG1。さらに言うなら牝馬。単騎逃げ逃げがいくらハマろうが馬券に絡む事はあり得ないと思っています。

そしてホクトスルタン。
鞍上は小牧騎手。去年の菊花賞の時に書きましたが、長距離レースで信用していない騎手。この馬がもしテイエムについて行けば・・・・。
この馬は状態が良ければ決して軽く見ることは出来ない逃げ馬。流れは締まりタフな上がりのかかる競馬になる可能性があります。

逃げ馬を意識してレースが動いてくれるかどうかで勝ち馬も変わってくるような気がします。
この逃げ馬を意識してレース全体が締まったものになれば斬れ不足で去年の秋のG1連戦で勝負にならなかったアサクサキングスに流れが向きそうです。前走の勝利もタフな流れになった菊花賞も上がりがかかってこの馬に向いたレース。
ただ明らかに斬れ不足の人気馬(1番人気)、それもホワイトマズル産駒の馬を春天で1着付けにはしたくないと思っています。

これからじっくり考えますが、今のところ1着候補筆頭はスクリーンヒーロー

時代の主流から外れる長距離レース。出来れば穴馬から入りたいところですが、明らかにピークを過ぎている馬や力不足の馬が多いような気がします。せっかく予想するなら、もう少しメンバーの揃った天皇賞春であって欲しかったとも思っています。

アンタレスS、フローラSの回顧

アンタレスSは上がり馬ウォータクティクスが勝利しました。

前日が雨。当日は走り易い重馬場。速いタイムの決着で、前が止まらないという想定での予想。その点は狙い通りでしたが、勝ったウォータクティクスが大誤算。

もし勝ち馬がいなかったら?なんて言う事はナンセンスの極みでありますが、もしいなければ⑤→①→⑥・・・・。13万馬券がヒットしていたレースでした。重賞初挑戦は他のレースにしてもらいたかった・・・・。

予想で書いた「もっと凄い階段の昇り方をしてきた力のありそうな上がり馬」でしたが、これほど走るとは!
未勝利から5連勝で初の重賞挑戦。もちろん有力な馬だとは思い買い目には入れましたが、2番人気は評価され過ぎだと思っていました。前走は同条件の京都1800、重馬場。オープンレースとはいえ完全にメンバー落ちのレース。この馬が単勝1.4倍。カフェオリンポスに僅かハナ差の勝利。
持ち前のスピードで逃げて、最後はかなり上がりかかるレースぶり。クラスが上になるとこれまでの様にはいかないだろうと。ワンダースピードのいい目標になる馬だと思いました。

今回はいつものように楽に先手を奪い、スムーズな走り、4角を馬なりで抜け出しそのまま突き抜けてレコードタイムで圧勝。もちろん時計の出やすい馬場もありますが、あれだけのペースで逃げて、上がりを36.3秒にまとめてしまった事に驚きました。

前が止まらない想定で逃げるであろう有力な上がり馬!!それでも前走の走りと初めての重賞挑戦、初めての力のある馬との対戦での2番人気という評価からとても重い印を打てる馬ではありませんでした。

見た目にも力が違ったと思えるほどの圧勝。前走とは次元の違う走り。これがこの馬の力なのでしょうか?前に付け、当然この馬を交わすつもりでレースをしたワンダースピードが全く歯が立ちませんでした。しかもワンダースピードにとってベストの条件と思える舞台。今回の勝利にはケチの付けようがありません。しかしながら、気性に難のある馬らしく、次走、特にパサパサのダートで人気を背負うようなら1回は疑ってみようと思っています。力量上位の逃げ馬がいる時は尚更。

2着、ワンダースピード
完全に前が止まらない馬場、単騎逃げの馬に利のあるレース、勝ち馬との斤量差は2キロ。これらを考慮に入れても全くの完敗。ベストと思える条件で完敗。差し馬が届かないなら馬場を言い訳にする事もできますが。
それでも2着。いつも通りの力は発揮していたのかもしれません。
この馬はG1で少し足りない馬。勝ち馬がG1でも可能性のある馬だったという事でしょうか?

3着、ボランタス
この馬はナメられ過ぎ。単勝62倍の11番人気。
馬場の速いレースは決められた空間をどれだけ速いタイムで走り切れるかという点でシビアなレース。今年のフェブラリーSは典型的なレース。後ろで悠長に構えて上がりがかかった所を差そうとするのは割の悪いレース。ちょっとした距離ロスが致命傷になります。前に行くか、インでロス無く競馬をする馬に利があります。

この馬は絶好の最内枠。池添騎手終始インでレースを進め、最後だけ馬場中ほどに出しました。全くロスの無い競馬。それにしても最後は良く伸びました。前が止まらない馬場で上がりも速いレースなのに終始インを走ったとは言え、あそこまで差し込んで来るとは。
前走マーチSではエスポワールシチーから0.3秒差。サトノコクオーとは差のない競馬。今回サトノコクオーは3番人気、内枠を引いたこの馬が11番人気??

速い馬場への適応能力は疑問に思っていましたが、かなり高そう。池添騎手曰く、勝負所の反応も良くなっていて、更に伸びシロがありそうだとか。
この馬も上がり馬で前走が重賞初挑戦。いきなり好走。今回も好走。この後が楽しみな馬です。
人気を考えれば狙っていい馬でしたが、重い印は打てませんでした。このレース重い印の3頭は最初から決めていたので。
勝ち馬がいなければ(ナンセンスの極み!)この馬に大感謝のレースでしたが・・・。

4着マコトスパルビエロ
出遅れた事が痛恨のレース。前で競馬をしなければ良さが活きないので、一気に脚を使って逃げ馬の後ろまで位置取りを上げました。これがなければ2着争いに絡んでいたかも。
更に言うなら、すんなり前に行けて、ウォータクティクスの前に出るような、並んで走るようなレースをしていたら勝ち馬は変わっていた可能性も?
引き続きG1以外のレースではメンバーによっては2,3着付けで買いたい馬です。もう安藤騎手は乗ってくれないのでしょうか?

7着、フォーティファイド
やっぱりちょっと足りなかったようで。それでも重賞初挑戦は悪い競馬ではありませんでした。スピードのある馬だと思っているので、もう少し前に付けても良かったと思います。今後の成長力に期待。

フローラS

このレースは外から差せるレースではありませんでした。
オークスは結果が見え見えの観がありますが、今回の馬場でオークスが行われていれば!!
雨が降った翌日、東京は内から乾き始めるので内伸びの馬場になる傾向があります。外は湿り気が取れず、力の要る馬場に。

ブエナビスタの最大の敵は、レッドデザイアでも、今回完勝したディアジーナでもなく雨上がりの乾き始めた東京の馬場??

予想のし甲斐のあるオークスにするために、レース前日たっぷり東京に雨が降ることを望みます。

アンタレスSの予想

今週は春のG1連戦も一休み、東でフローラS、西でアンタレスSが行われます。

予想はアンタレスSの方にします。

先に印を。

◎ワンダースピード
○フォーティファイド
▲マコトスパルビエロ

ワンダースピード
毎回G1では少し足りないこの馬も、今回の舞台京都1800mではスペシャリスト。58キロも問題なし。新興勢力との力の比較は難しいが、実績馬のベストの条件となればココは1着固定の◎。
怖いのは前の流れが速くなりそうな事ですが、そうなった時に最も恐ろしいメイショウトウコンはJCD以来いま一つの走り。この馬に関しては小牧騎手は文句のない騎乗ぶり。彼には今回も勝ち切れる乗り方を期待。

フォーティファイド
2月の東京開催で現地観戦に行った時、白嶺Sで3番人気だったこの馬を1着付けの馬単で勝負しました。結果は2着。馬券が取れていればその分で京都記念の3連単を買うつもりだったので悪い意味で思い出深い馬。

この馬は確実に階段を昇って来た馬。昇級初戦で好走し、次走で勝利というパターンでついに重賞に挑戦するまでに。正直まだ重賞の別定戦ではちょっと足りない気がしますが、そこは4歳馬の上がり馬、プラスαにも期待します。
もっと凄い階段の昇り方をしてきた力のありそうな上がり馬も参戦していますが、思い入れも含めて4歳のこの馬に期待。湿り気の残ったダートはこの馬に向くと考えています。
武騎手はフローラSのミクロコスモス騎乗の為に和田騎手にチェンジ。余計な人気も付かず、和田騎手は個人的に異常なほど相性のいいジョッキー。その腕前と「相性」にも期待?

マコトスパルビエロ
実績、力量を考えればこの馬に○が順当だと思います。前走はテン乗りの出遅れ常習犯の犯行により大敗。それにより人気も下がっていて力の割に買いやすいオッズになっています。前で競馬をしなくては強みが活かせないので前走は度外視可能。
隣のワンダースピードと同じような位置で競馬をして同じような着順になる事を期待。もちろん最後はワンダースピードの決め手に屈するという形で。

勝負馬券は馬単。

◎→○▲ の2点!

経験上うまくハマっても、こういう馬券は惜しくも外れるという事が非常に多いので、3着付けの3連単も。

◎→○▲①②④⑩⑪⑯→○▲ の14点も。印が重なる2点は厚めに。

1月の同条件平安Sはワンダースピード→エスポワールシチー→マコトスパルビエロで決着。

Photo_2





完全的中でしたが、実馬券はちょっとしか買っておらず。今回も湿り気が残ったダート。再び前での決着で今回は十分な払い戻しを。

縦書き?横書き?

このブログも始めてから1年半以上が経ちました。飽き性の私がよく続くものだと驚いています。毎回頭に浮かんだ事を繋げて書いているだけなので、無駄に長い、とりとめのない文章になってしまっています。
その間、ひたすらキーボードを打ち、横へ横へと文字を連ねます。一通り打ち終わった後、軽く読み返します。打っている時には気にならないのですが、読み返す時に気になる事があります。

ブログというかインターネットではほとんどの文章が横書きです。そして新聞や本は縦書きの文章。皆さんはどちらの方が読み易いと思いますか?

続きを読む "縦書き?横書き?" »

皐月賞の回顧

皐月賞は見応えのあるレースでした。中でもアンライバルドの勝ち方は衝撃的でした。

その年の3歳馬の評価がまだ流動的という意味で予想するのが非常に楽しみなレース。このレースが終わってはじめて「あの馬が本当に強かったんだ」などと評価が固まるレースでもあります。

皐月賞の展望の冒頭に書いたくだりですが、「アンライバルドは本物だった」と印象が強く残りました。

12.1 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1

これが皐月賞のレースラップ。
スロー続きだった前哨戦とは一変して、G1らしい総合力を問われる流れ。勝ちタイムは1分58秒7、正直もう少し時計のかかる馬場だと思っていました。
緩みのないラップを刻み、終わってみれば先行馬は総崩れ、上位に来たのは全て後方の位置取りを選択した馬でした。
このラップで先行して上位に踏みとどまれば、今後の活躍が楽しみな馬でしたが、1頭もいませんでした。

上位に来た馬はそれなりに展開利があった馬ですが、アンライバルドはこの流れを4角前に早めに動き出し、4角を楽に捲り上げ、いつも通りの爆発力を発揮・・・。全くの完勝!道中もよく折り合っていて騎手に指示にも従順でした。

強い馬だと思っています。ただ、ココではまだ「上がり勝負に強い馬」の評価。
4角前からレースが動き出すシビアなレースで、いつもより脚を使って追走して、同じ様に爆発力ある末脚が繰り出せるかどうか。可能性はありますが、対抗の印を打つつもりはありません。

こんな事を展望で書いていましたが、見込み違い!
今までのレースより1000m通過で2秒以上速い、前走よりも3.5秒速い流れ。位置取りは同じようなものなので、初めて追走にかなり脚を使った事になります。
この馬の勝負所での進出する脚は飛び抜けているものでしたが、前半が緩んでこその末脚だと思っていました。
今回、追走に脚を使いながらも全く同じような圧倒的パフォーマンス。もちろん今回のレースまでの成長分もありますが、今までのレースは楽をして余裕で勝っていたと見た方が自然でしょう。

ウマニティというサイトで今年の牡馬クラシックについて個人的に意見交換をした方がいました。この方は早い段階からアンライバルドに目を付けていたのに対して、私は皐月賞の流れ次第では(締まった流れになると)怪しい馬だと考えていました。
馬を見る目が確かな人は若駒S辺りの走りを見て、この馬のスケールの大きさに気づくのでしょう。せめてスプリングSがもう少し早く流れてくれればこの馬の評価を上げる事も出来たかもしれませんが、結局は見る目の無さを痛感させられました。
若駒SやスプリングSの映像は何度も見ましたが、もう少し流れが遅いならまだしも、これだけ締まった流れで圧勝してしまうとは全く考えていませんでした。

次はダービー。これだけの圧勝で力が違っていると考えるか、皐月賞が100%以上の出来で、しかも初めて経験する底力勝負の流れでの圧倒的パフォーマンス、ダービーまでに100%の出来に戻す事が出来ないと考えるかは人によって分かれるところでしょう。

ダービーは東京2400mの究極の総合力が問わる舞台。疲労が残っていれば最後踏ん張りはききません。見る目のない私の目から見ると、このタフなレースでも最後まで余裕のある勝ち方にも見えますし、勝負所での反応、しっかり斬れる末脚はダービー向き。今回のようにしっかり折り合う事さえ出来れば勝ち負けかな?と思っています。

惨敗したロジユニヴァース
この馬が3着を外すとは全く思っていませんでした。
この馬が勝つイメージとしては、リーチザクラウンが引っ張る平均ペースを3角辺りから早めに進出を開始して、4角過ぎに前を捕えて上がり35秒前半で押し切る、といったもの。皐月賞で最もありそうなパターンだと思っていました。

想定より少し速いペースでしたが、底力実証済みのこの馬が早めに馬群に沈むとは。時計の速い決着もこの馬向きではありませんが、それでも馬券圏内は外さないと思っていました。
斬れる脚がないだけに、体力を活かせる中山2000mの皐月賞こそ絶好の舞台のはずが・・・・。
終わったから言える事ですけど、底力で札幌2歳S、ラジオNIKKEI杯2歳Sと連勝しましたが、トライアル弥生賞は弱いメンバー相手に超スローペース。馬場の有利な内を楽に逃げて上がり勝負で完勝。
展望でも前哨戦で負担がかからなかった事を大いにプラスとして扱いましたが、体力勝負で押し切って勝つ馬にあまり楽をさせては次のレースに影響が出るといった事があるのかもしれません。馬が道中楽をする事を覚えてしまうという点で。

もちろんこれは推測の域を出ません。惨敗の真相は関係者も含め誰も分からないでしょう。競馬は難しい・・・・。
皐月賞を圧勝してもダービーでは嫌うつもりでしたが、ココで惨敗するとは・・・・。

2着、トライアンフマーチ
若葉Sのレースぶりから、皐月賞の流れにも対応出来そうだと、G1で、それも中山のG1で絶対に買いたくないはずの鞍上に目を瞑り、買い目に加えました。
今までのスタイルで2着が取れたなら大いに評価する馬ですが、最後方から伸るか反るかの競馬では評価は難しいところ。

3着、セイウンワンダー
幻の皐月賞本命馬。弥生賞でいくら太めとはいえ、あのレースでは重い印は打てません。今回10キロ絞れての3着。好きな馬なので、復活に兆しが見れてひと安心。
2歳チャンプはクラシックでは毛嫌いされますが、早めの完成度の違いで朝日杯を勝ったわけではなく、且つ状態今ひとつで勝った馬。斬れる末脚もある、基本能力が高い馬として評価しているので今後の成長力に期待。
順調度を欠いたいたのでこのレースが100%ではないでしょう。タフなレースでしたが、次を100%で迎えられれば。

4着。シェーンバルド
これだけ上がりの速い競馬になってしまうとあの位置から外に回しては届きません。それにそれほど斬れる脚でもありませんでした。
この馬が勝った2レースは共に最後上がりがかかったところを差し切ったもの。今回は違う流れ。 ?の朝日杯と今回のレース、参考外にしてもいいかも。
重賞勝ってますし、皐月賞直行?人気落ちは確実?上がりが速くならないであろう皐月賞で穴馬(?)として面白い馬かも。引き続き内田騎手を希望!

これはブレイクランアウトが瞬発力の違いで圧勝した共同通信杯の回顧。内田騎手が乗らないので早めに対抗候補から外しました。
この馬は上がりがかかるレースで期待出来そうな馬。
今回の皐月賞は願ってもない展開。大外を回って早めに勝ち馬を追いかける競馬。この分2頭に差されました。4着とはいえ見どころのある競馬。
上がり勝負ではこの馬の良さは活かせないと思いますが、そうはならないレースでいつか重い印を打つ事もありそう。これ以上距離が延びるレースではちょっと買いづらい馬。

18着、イグゼキュティブ
馬体が絞れておらず、これでは無理!直前に予想のやり直し。
2戦続けて太め残りで最下位。ラジオNIKKEI杯2歳Sの無理な競馬が影響しているのでしょうか?持続力勝負ではソコソコの力を持っている馬だと思うんですが。
持続ラップでしぶとく伸びる脚も馬自身が苦しくなってくると勝負を諦めてしまうのでは宝の持ち腐れ。単に状態面の問題であって、精神面の問題でなければいいのですが・・・。
立て直してから、ローカルのラジオNIKKEI賞辺りでの走りを見たいものです。

今回の皐月賞は明らかに先行馬にきついレースで、もちろんこのテのレースで負けた先行馬は見直し可能なのですが、更に距離が延びる今後のクラシック。もう少し抵抗出来る先行馬がいても良かったような気もします。

皐月賞予想 やり直し

軸に指名したイグゼキュティブは全く馬体重変わらず。
皐月賞にこれではほとんど無理。買い目には残しますが軸馬変更。
前走はスローで前に詰まったりメチャクチャな競馬になりがら2着。それでも力量的には勝ち馬よりずっと上。その後順調にトライアルが使えなかった事には目をつぶりナカヤマフェスタを○に昇格。ロジとの2頭軸で馬券を買います。

上がり勝負しかしていない「斬れ」が身上の馬ですが、上がりのかかる競馬に対応出来る可能性もあると思います。スタートを決めて外を回さない競馬で!

去年も人気薄で東スポ杯を勝った馬を皐月賞で本命にして外していますが・・・・。

皐月賞予想

天気にも恵まれ良いコンディションで皐月賞が行われます。

高松宮杯、桜花賞では一瞬馬券が取れたか?と思えるレースでしたが、惜しくも的中ならず。今後の春のG1の連戦に弾みをつける為にも当てておきたい1戦!

当てておきたいと言いつつ16番人気の馬を軸にします。

昨日の展望で書いた通り、◎①ロジユニヴァース、○イグゼキュティブの2頭軸の3連馬券で勝負します。
対抗をナカヤマフェスタベストメンバーに変更も考えましたが、前者は力量十分ですが、前走は2着もメチャクチャな競馬、しかも間隔を空けての皐月賞と順調度を欠いている為、後者はこのメンバー、この条件でこそ狙える馬だと思いましたが少し人気になりすぎて軸は嫌いました。

ほとんど理由は展望の時に書いてしまいましたが、両馬ともに持続力勝負向きの先行馬ということでセットで馬券圏内に入る事を期待します。
イグゼキュティブは大幅に馬体が絞れている事を期待します。(絞れていなければ100%無理!)状態さえ戻ってすんなり先行出来ればしぶとく残れる馬、ロジについて行って何とか雪崩れ込みの3着を!松岡騎手には弥生賞のモエレヴィクトリーのような位置取りで競馬をしてほしいと思っています。出来れば早めに内に!ラジオNIKKEI杯2歳Sのように中団から位置取りを無理に上げて行く競馬にならないようにまずはきっちりとスタートを。それとロジ相手に無理に勝ちに行かないでほしい・・・・。

今年の年明けの中山のレースで横山騎手は馬場の利を考え非常に巧く乗っていましたが、それは松岡騎手も同様。馬場状態は当時ものとは違いますが、中山で良い騎乗をする松岡騎手、彼の手綱捌きに負うところの大きいレースです。

馬券は3連複2頭軸。

①-⑨から⑱⑦⑥⑩⑮⑯ ⑰②⑫④⑪ の11点。青字が勝負馬券。

オマケで3連単

①→⑨→⑱⑦⑥⑩⑮⑯
①→⑱⑦⑥⑩⑮⑯→⑨

とても確率は高いとは思えませんが、配当はロジ絡みでも魅力的、万一来れば早々と3年連続プラス確定??

皐月賞の展望

明日は3冠レースの1冠目の皐月賞。その年の3歳馬の評価がまだ流動的という意味で予想するのが非常に楽しみなレース。このレースが終わってはじめて「あの馬が本当に強かったんだ」などと評価が固まるレースでもあります。
今年の前哨戦はスローペースのレースが多く、ある程度流れの締まるこのレースでどのような結果がでるのか興味深いところです。
その楽しみなレースの展望を週中から書こうと思っていたのですが、全く書く時間が無く、早、皐月賞前夜。

先走って、きさらぎ賞の回顧の時に1度皐月賞を展望しました、「セイウンワンダーは内枠を引いたら本命、トーセンジョーダンは皐月賞こそ買いたい馬で重い印」などと書きましたが、セイウンワンダーはトライアルが太めで大凡走、そして今回外枠。トーセンジョーダンは故障で春全休。本命候補の2頭が順調に本番を迎えることが出来ませんでした。

ロジユニヴァース
1番人気ですが、多分この馬が本命。上位人気は少し割れると思っていましたが、抜けた1番人気。4戦4勝、トライアル弥生賞も大楽勝となればこの人気も仕方がないでしょう。この馬が本物だと感じたのは昨年末の阪神のラジオNIKKEI杯2歳S、信じられないような底力で圧勝。しかもこの馬は関東馬。2歳馬にはタフな馬場、流れでしたが驚くべきタフネスぶり。
スローからの上がり勝負で脆さを見せるのではと弥生賞は嫌うつもりも、前日の降雪で力の要る馬場に。不本意ながら本命。大外枠から逃げてスローに落としましたが突き抜けて大楽勝。スローからの上がり勝負にも十分対応しました。

かと言って今回のメンバーは終い勝負で勝てるほど甘くはないでしょう。弥生賞は相手がイマイチ、馬場も他の馬が苦にした分、また内の馬場が良かった分もあっての楽勝劇だったと思っています。
最内枠なので先行することは必須。更には包まれる事なく早めに進出を開始してラップを締め、後続の斬れる末脚を封じる必要があります。また逃げるであろうリーチザクラウンに楽な逃げをさせないという事にもなります。
ラップを締めての4角先頭付近で押し切る競馬が出来れば、ちょっとこれを差し切る馬がいるとは思えません。もし差し切れたのなら、その馬はダービー馬にもなるんじゃないかと。

ラジオNIKKEI杯2歳Sがなければ、前のリーチザクラウンを潰しに行って末が鈍り、最後アンライバルドら後続に差される、「前門の虎、後門の狼」のような状況も考えたでしょうが、類稀な底力は証明済みの馬!前哨戦も負担をかけずの楽勝、地元関東でのレース。底力実証済みで皐月賞を迎えることの意義は大きい。
不安要素は時計の速い馬場になって、「皐月賞はスピードのある馬が勝つ」的なレースになった場合だと思っていましたが、そんな馬場でもないでしょう。残る不安要素はG1シルバーコレクターの鞍上が馬の力を信じて積極的に勝ちに行く競馬をしなかったら・・・・?

3強と言われる残り2頭。

リーチザクラウン
手抜きですが、きさらぎ賞の回顧で使ったくだりを。
能力は高そうですが、この舞台が向いている馬であった事も確かでしょう。楽勝だったので余力も残っていましたが、今後は?
次は皐月賞だそうで、中山の2000m、ある程度締まった流れ、ゴール前の坂、気性難、そして関東への輸送。メンバ強化。クリアーする課題は多そうです。
最後の踏ん張りがきく馬でもなさそうですし、前哨戦で弱いメンバー、楽な流れで勝って人気になるならあまり評価をしたくない馬です。
大外枠からハナを取りに行って巧く馬を制御できるでしょうか?早めにロジに突っつかれたら?

アンライバルド
強い馬だと思っています。ただ、ココではまだ「上がり勝負に強い馬」の評価。
4角前からレースが動き出すシビアなレースで、いつもより脚を使って追走して、同じ様に爆発力ある末脚が繰り出せるかどうか。可能性はありますが、対抗の印を打つつもりはありません。

対抗候補。

イグゼキュティブ
前走本命。プラス20キロの太め残りで結果はビリ!今回は人気ガタ落ちの単勝130倍の16番人気。
この馬は本命候補のロジユニヴァースと同様に持続力勝負で強みが活かせる馬だと思っています。幸いにも松岡騎手、斎藤誠調教師共に瞬発力勝負では分が悪いから積極的に前で競馬するとのコメント。スローからの上がり勝負で結果を出してきた馬が集まったレース。このレースプランには大賛成。松岡騎手は2年前のサンツェッペリンのように(持続力勝負向きの馬を前に行かせて)あっと言わせることが出来るか。

前走の予想記事のタフなレースになったラジオNIKKEI杯2歳Sについて。
イグゼキュティブは中団での競馬。先行したのはロジユニヴァースとリーチザクラウンの世代トップの2頭。何を思ったか、タフな馬場、全く緩みの無い流れの中、敢然と位置取りを上げて行く積極的な競馬!これは無理があります。一番タフなレースで一番タフなレース運びをした馬。これで5着なら相当力はありそうです。

最初から前に付けられていれば。今回は前を意識してにレース。札幌2歳Sではフラットなラップを先行してロジと0.2秒差。巧く内を突いたレースで額面通りの勝利ではありませんが、京都2歳Sでは今回3番人気のアンライバルド、4番人気のベストメンバーに先着。
ラジオNIKKEI杯2歳Sがタフ過ぎる競馬だったので反動があっての前走の状態、結果だったのかもしれません。もし状態が戻っていれば人気を考えても非常に面白い馬だと思っています。もちろん馬体が絞れている事は必須条件。
内に入れて、ロジの近くでレースが出来れば。ロジの後ろで着拾いができればいいのですが、松岡騎手なら勝ちに行くんでしょうね。
万全でもロジには勝てないとの評価。ゴールした時、ロジとこの馬の間に何頭いるかが問題。1頭ならOKですが・・・・。

他にナカヤマフェスタベストメンバーゴールデンチケット、(セイウンワンダーも対抗候補。少なくとも必ず買い目に入れる馬です。

花粉の時期も終わり、春風駘蕩、部屋の窓を開けて、遅い夕食の後にビール片手にのんびり皐月賞予想・・・・。オツなものです!
適度に酔いもまわり正常な思考回路が働いていない気がします。明日考えをまとめてから予想記事をアップします。

桜花賞の回顧

桜花賞は圧倒的人気に応えてブエナビスタが勝利しました。

予想記事で想定した通りかなり内外の馬場差のあるレースになりました。馬券になったのは後方から大外を回した3頭。個人的にはここまで馬場差があるG1レースは興ざめなのですが、それもレース。
馬場抜きにしても上位馬は力があり、特に外の馬を避ける為、一旦は最後方付近まで下げながら勝ったブエナビスタの末脚の能力は際立っていました。
ブエナ以外の17頭は露払い、最後に主演女優を際立たせる為のバイプレイヤー。

勝ったブエナビスタ
結局は馬場の事もあり、この単勝1.2倍の馬を1着期待の本命に。
スタートはなかなか。外の馬がブエナを意識してか直線で伸びる外の馬場を狙ってか後方待機。パトロール映像を見るとブエナは外に出せる位置まで下げています。
半周マイルをどれだけ速く駆け抜けるかを競うレース。それもG1の桜花賞。このロスはかなり大きい。安藤騎手はそれでもスムーズに外にさえ出せれば勝てると踏んでいたのでしょう。それでも実際に、そこから大外を回して勝ってしまうのだから世代では現状抜けている馬。
前日阪神牝馬Sでジョリーダンスが後方から一閃、33.6秒の脚で差し切りましたが、ブエナは33.3秒の脚。外の馬場は相当速いタイムが出る馬場になっていました。

残るは2冠。ブエナビスタについてはっきりした事があります。残る2冠の圧倒的な人気。そしてその支持に応えるべくスムーズな(ロスの非常に大きい)競馬をする事。間違いなくスタイルは崩さないでしょう。
今回と同様に道中のロスは関係なく、スムーズに末脚を伸ばさせる事が最重要。末脚を100%発揮して前に届かなければしようがないといった乗り方

レース後の安藤騎手のコメント。
道中は前とどれだけ離れているかはまったく見ていなかったです。ちょうど前にジェルミナルとレッドディザイアがいたので、この2頭しか見ていませんでした。追い出して、この2頭に並びかけたところで『勝った』と思いました。

これは安藤騎手がダイワの名馬2頭で見せた競争相手に確実に勝つといった「ならでは」の騎乗ではなく、末脚の能力差で勝つという騎乗。(安藤騎手が手綱を取るからといってプラスαが付く騎乗でもありません。)
問題なのはこの乗り方をする馬が今後も単勝1倍台(前半)であること!


末脚の推進力の違いは百も承知、同世代相手の牝馬クラシックなら全勝するのは当然とも思える馬です。それでもこの馬より前で効率のいい競馬をして上がりをまとめられる強い馬を探したいと思っています。特に京都の内回り秋華賞で去年のような内が良い馬場なら!

2着、レッドデザイア
これまでの2戦とは違い流れの締まった桜花賞のペースでも末脚衰えず。少々この馬を軽く見ていました。外伸びの馬場を考慮に入れても個人的に実力を評価している同じく外を回したジェルミナルに先着、上がりタイムでも上回ります。
この馬は年明けデビューでこのレースが3戦目。今後の上がり目も期待出来そう。
オークスは大方スローのレース。後方で溜めてからの末脚勝負では同じように負けます。インとアウトの差を活かすか、中団で競馬して脚を溜め、先に抜け出せば勝機があるかも。この馬に外国人騎手が乗れば・・・・。
オークスは多分2番人気。ブエナが馬券を外すとは思えないし、んー。

3着、ジェルミナル
ある程度前で競馬をすると思っていたこの馬が着拾いのレースをするとは思いませんでした。
前半は意図的にハミを外してゆっくり追走。結局ブエナと変わらない位置取り。末脚自慢のブエナ相手に勝ちを諦めている競馬。予想でも書いたようにこの馬は静→動のレースで良さの活きる馬だと思っています。結果的には外伸びの馬場とあわせて着を拾うには理に適った競馬。今後に向けて何か考えがあったのでしょうか?分かり切っていた事ですが、末脚で勝負ではブエナに太刀打ち出来ない事はハッキリしたかと。ジェルミナルの単の馬券を買った人は・・・・。

この馬は前で競馬も出来る馬。対牡馬の骨っぽいメンバー相手に1800mレースでの勝利もあります。末脚で劣る分は位置取りでカバー。静→動で能力が発揮できる馬。距離さえ適えばオークスが一番期待出来る馬だと思っていますが。

ブエナの対抗の軸にした、5着、ルージュバンブー
この馬が着拾いをする可能性が高いと思っていました。去年の秋華賞で外枠に入り、レジネッタに最後まで脚を溜めさせていた小牧騎手の印象がとても強く残っていた事と、これまで終い勝負しか経験していない馬であった事が理由でした。あとペースに対応できない場合、早めにブエナに捲くられると思っていました。
小牧騎手とこの馬に少々失礼な予想。
レース内容は軸に指名して後悔の無い、大満足な競馬。外枠を利して良い位置をキープし、外の伸びる馬場に乗せ、そして勝ちに行きました。直線で前に出て見せ場十分!グワッと力強く伸びるシーンもありましたが、最後に33秒台の脚を繰り出した馬にやられました。
馬券は外しましたが、想像以上の走り、いきなり桜花賞の流れにも十分対応しました。今後も期待出来そうですが、距離延長はどうでしょう?

6着、アイアムカミノマゴ
付けられた馬も迷惑だろうなと思ってしまう名前の馬。フィリーズRではレディルージュとのワイドでお世話になった馬ですが、マイルに距離が伸びて良い事は一つもないと思っていました。
この馬はマイルで結構やれるかもしれません。スタート抜群、その後制御して下げます。武騎手も外に出せねば勝負にならないと思っていたのか、スタート後外側に目をやりますが、そこにはレディルージュが。外に出す事を諦め、イン差しの競馬を余儀なくされます。
内を突いて勝負に出ます、中々いい伸び。内のあの位置は馬場が悪く、力も要るし、伸びないはずですが、一旦は先頭に。
馬場差もあって外の馬に差されて6着ですが、見どころのある競馬。内のいい馬場で期待したいタキオン産駒の馬。

桜花賞予想

いよいよクラシックが始まります。明日は桜花賞

ブエナビスタは単勝がなんと1.2倍!一本被りもいいトコ!
最後方から大外ブン回しすると分かっている馬がこれだけの単勝支持・・・・。余程他のメンバーに単の魅力が無いか、それともG1で傲慢とも思えるロスの多い競馬をしても十分勝ち切れるだけの能力を持っている馬と考えている人が多いか・・・・たぶん両方でしょう。

この馬の能力の凄さについては「展望」で書いたので省きます。
たとえ飛び抜けた末脚の推進力を持っていても、これだけロスの大きい競馬をしていては取りこぼす事が十分にある、相手も同じ年に生まれたそれも選りすぐられた馬達、3歳の春で一気に才能を開花させる馬がいるかもしれない、その馬がブエナビスタよりもずっとロスの無い競馬をして直線で先に抜けたら届かないかもしれない!
そして、牝馬3冠の中で一番あり得るのがマイル戦であるこの桜花賞!
これが予想の骨組みになりブエナビスタは対抗の2、(3)着付けにしようと思っていました。この馬が2着になるだけで配当は跳ね上がります。配当面からも狙える馬券。

ちょっと残念なことが2つほど。

今日の芝のレースの映像を見ましたが、あまりにも外差しの馬場になっています!ブエナビスタに誂えたような馬場!勝ってくださいと言わんばかりの、穿った見方をすれば意図さえ感じるほどの馬場。
8~10Rは勝ち馬が上がりがとても速いレース。当然、道中が緩んだレースでもありました。それなのに先行して内を通った馬が残れていません。勝った馬は全て後方から外を差して来た馬。このテのレースの「利」は先行馬にあり、ある程度斬れる脚を持つ馬なら後ろから差し切ってもおかしくはありませんが、先行して脚を溜めた馬がたいてい上位に残るものです。
今の阪神は内、外で相当に馬場差があると考えても良さそうです。
あまりに馬場差がある場合、それに逆らうべきではないと思っています。昨年末から今年にかけて中山でのレースで全て内を先行出来そうな馬、4角で先頭付近の内にいそうな馬に◎を打ち続け、期待通りの走りをしてくれましたが、今回はその真逆を狙うべきだと思っています。(つまりはブエナ重視。)

残念なことのもう一つは、展望で書いた、逆転まで期待する馬、ルージュバンブーは外枠になった事。馬場を考えればいい枠ですが、逆転を考えるなら真ん中辺りの枠が欲しかったところ。
多分位置取りは中団あたり。ペースがそれほど速くなければ4角でブエナが外を捲って来て直線に入る頃にはこの馬の脇を抜けて前に。直線で後ろになるようなら勝ち目はありません。それどころか外を捲り上げられ戦意を失う可能性も。
スローからの終い勝負しかしていない馬なのでもう少し内で脚を溜めてから、直線で先に抜け出せればと思っていましたが、この枠ではそれも難しいでしょう。ブエナとあまり変わらないコース取りでは勝ち目は薄いと思っています。

他に逆転候補として考えていた馬は①ダノンべルベール。③ショウナンカッサイ。⑮ジェルミナル。

ダノンべルベール
この前走は生で観ました。とても万全で無いと思って軽視していましたが、さすがの走り。賞金も桜花賞に向けて問題の無い馬で、万全でなくてもディジアーナと差のない競馬。(フラワーCでディジアーナは2着ながら抜けて強い競馬をした思っています。)そして今回はおそらく万全で桜花賞に。JFでは完敗も、成長のありそうですし、コース取りによっては逆転の1番手!
と思っていたところ、最内の1番枠。内の伸びない馬場。難しい競馬を強いられそうです。加えて阪神の経験の少ない後藤騎手。早めに栗東入りするも、3歳牝馬の関東馬はやはり不利。
それでも3番人気と差のある2番人気だと思っていたので、この人気は少々意外。◎ではありませんが、力量を考えれば積極的に買っていい馬だと思います。

ショウナンカッサイ
前走は意味の分からない控える競馬。レースは前に行った馬で決着。幸騎手もレース後やはり前に行くべきだったとコメント。前で巧く立ち回ってこその馬!ききょうS、阪神JFともに評価出来るレース。前走は全く良さを活かせないレース。度外視出来るレース。あの1戦だけで16番人気の単勝122倍とはあんまりな評価!絶好の穴馬!と思っていましたが、内が伸びない馬場・・・・内枠の先行馬受難のレース?
JFで見せた前に行ってからひたすらインで脚を溜め、最後のイン差しに全てを賭ける競馬もそのイン差しが出来ない馬場・・・。泣く泣く買い目からも外す事に。

ジェルミナル
阪神JFは先行して勝ちに行った競馬。後方から来た馬と内で脚を溜めた馬に先着された6着はそう悲観するものでもないと思っています。ダノンべルベール同様、賞金が足りている馬で前走は叩き台。万全でどこまで成長したかは見もの。
外枠を引いて先行を示唆。
この馬ももう少し内で脚を溜めてから直線で抜け出る競馬を期待していた馬。道中よどみなく流れるレースより静→動のレースの方が向きそう。阪神JFの回顧で書いたようにオークスで重い印を打ちたい馬。
可能性はあるが、マイルで外枠から先行して最後の脚がどうでしょう?

馬場が内、外イーブンでこの枠順ならダノンべルベールを逆転候補にしたいところでしたが、それもできずに1着を期待する馬がいなくなってしまいました。

おとなしく、ブエナビスタが本命。

印は
◎ブエナビスタ
○ルージュバンブー
▲ダノンべルベール
△ジェルミナル

馬券は3連単

◎→○▲△→〇▲△ 6点が勝負馬券。

能力がまだハッキリしない馬ですが、可能性はあると期待している○ルージュバンブー。「馬券について」での、「圧倒的な馬が1頭いるレースでの3連単の狙い方」で書いた着を拾いに行く競馬になる可能性もあります。
G1の流れでどうかなど未知数の部分が大きい馬ですが、その分の10番人気の低評価、ブエナあまりに強かった時の2,3着付けに。

◎→○→②⑤⑥⑧⑪⑰⑱
◎→②⑤⑥⑧⑪⑰⑱→○ の14点はオマケの馬券。

いくら馬場が向くとは言え、最後方から大外ブン回しの馬が勝つことに期待する馬券は癪にさわるので、

馬単○▲△→◎ の3点も買います!

馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (2/2) と桜花賞ブエナビスタについて

前回の続きになります。
今回は個人的に考えている3連単の有効活用について。

◎が1着固定、○が2,3着固定になる買い方である事は前回書きましたが、1着固定については「馬券について【1】 単勝」と同じ事なので省きますが、2,3着固定について少し書きたい事があります。

続きを読む "馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (2/2) と桜花賞ブエナビスタについて" »

桜花賞の展望

圧倒的な人気が予想されるのがブエナビスタ
この馬の能力が飛び抜けて高いという事は衆目の一致するところでしょう。

新馬戦ではアインライバルドリーチザクラウンの今思えば牡馬クラシック路線のトップホース2頭の3着。道中はスローで後ろにいたら届かないレース。絶望的な位置からとてつもない脚を使い3着。3着とはいえこの馬の推進力は飛び抜けており、あれほど後ろで構えなければ順位は分からなかったでしょう。

阪神JFとチューリップ賞は今回の舞台、阪神マイルですが、両方ともディープインパクトのような競馬(笑)。能力に差がないとあの競馬では・・・。
タフな馬場での阪神マイルで先行馬が潰れたJFとは違い、チューリップ賞は完全なスローからの上がり勝負。逃げたサクラミモザ藤岡騎手にしてみれば「シメシメ」と思ったであろうレース。藤岡騎手は前年エアパスカルで逃げ、トールポピー、オディールを封じて勝利した同じレースを演出、再現しました。ただ、1頭「おかしな」馬が混ざっていました。

それがブエナビスタ。
サクラミモザが前でロス無く進んで、しっかり脚を溜め、最後が時計の掛かる馬場で 11.1-11.9 の上がり。これを最後方から早めに脚を使って位置取りを上げて行き、それも外外を、最後も大外を回して差し切り勝ち。距離ロスと脚をかなり使っている事を考えるとまずふつうは差し切れないレース。その能力差は歴然!!明らかにふつうでない馬。
しかも権利取りに必死な馬ばかりの中でこの馬の目標は次のレース!

今の阪神は少し内が悪くなっているような感じ。外差しの馬場もただでさえ強いブエナビスタに味方します。この馬をどう嫌えと・・・。

この馬の能力に文句の付けようはありませんが、レーススタイルについてはケチをつけたい馬。
おそらく単勝で1倍台。下手をすると1倍台前半。その馬が多分当たり前のように、最後方、外外を距離ロスをしながら位置取りを上げ、最後は大外ブン回し。
確勝級と騎手も感じているからこそのスムーズな競馬を意識しての安全策、大外ブン回し・・・。この辺りに落とし穴はないものか?若駒牝馬にはタフな阪神マイルも年を明けて力をつけてくればJFのように先に勝ちに行った馬があれほどパッタリ止まらないかもしれない。

ブエナビスタ程ではないにしても、少しは対抗できる能力を持つ馬が道中しっかり脚を溜め、馬群を割って馬場中ほどを先に抜け出したら、ブエナビスタよりずっとロスの少ない競馬をしたら・・・・。

そんな対抗出来そうな馬さえいないから、圧倒的人気になるでしょうが、可能性のある馬ならいないこともないかと。

そういう馬をピックアップするなら今回初対戦の馬の中から選ぶべきなんでしょうが、チューリップ賞で随分脚を余しているように見えた馬、チューリップ賞で3着になったルージュバンブー

内からロスなく進めたレース、4角を抜けて手応えはありそう、さあこれから追い出しという時に、脚が残っていない前2頭が壁になり前が塞がり、横に出そうにも横が塞がり、その間にブエナビスタが悠々とスピードに乗って交わしていきます。
追い出せたのは残り200の看板を過ぎてから。ラチ沿いを抜けますが時すでに遅し。

それでもジェルミナル、ブロードストリートなど能力評価出来る馬に先着し、権利を確保。
ずっとインにベッタリで流れもスロー、最後の200m弱しか追っていないのであのくらい弾けても特に凄い事とは思いませんが、特筆すべきは、チューリップ賞がまだ3戦目のレースであったこと。チューリップ賞のレースぶりも含めまだ底を見せていない馬、勝負付けが済んだ馬とは違い、「鮮度」があります。

2月デビューで、新馬を落とし、未勝利戦を使いそこで勝利、そしてクラシックに乗せるためにチューリップ賞に。1か月で3戦。
2月デビューで無理やり桜花賞に間に合わせたようなローテ。相手は順調に駒を進め、経験を積み、トライアルで万全の一叩き。臨戦過程でかなり不利がありますが、やはり前が詰まらず、ブエナビスタよりも先に抜け出していたなら・・・・・。
不確定な事が多く、G1の流れでどのような能力が発揮出来るかはハッキリしませんが、可能性としては・・・。人気が無いのなら!
ちょっと夢を見たい気もします。

他の馬では、
ディジアーナも可能性のある馬でしたが、オークスが目標らしく回避。タフな競馬が続いた馬なので回避は状態面の可能性も。
ダノンべルベールはおそらく2番人気、人気でも買い目には必ず入れる馬ですが、JFはブエナビスタに完敗、桜花賞でわざわざ人気の関東馬を重く扱わなくても。
サクラミモザは前走恵まれ過ぎ、力はある馬ですが、ブエナと差が無かった事から人気になるのでは?桜花賞でのメンバー、流れ、馬場を考えてもこの馬のアドヴァンテージはかなり減りそう。エアパスカルの二の舞も。
ヴィーヴァヴォドカ。タフな馬場で逃げてディジアーナを封じましたが、この日の中山は最内に1頭分走り易い馬場があったようで、この日のレースもこの馬場に乗せてきた馬に利がありました。
フィリーズRで権利を取った馬は阪神1400で積極的に前に行って結果を出した馬。マイル適性というよりは短距離の適性がモノを言った可能性も。距離が延びて阪神マイル、内が悪くなり始めた馬場、外から差せる馬場でどうでしょうか?

やはりローテに目をつぶってルージュバンブーに期待したいと思っています。

次は万全の状態、必勝態勢で最初の1冠を取りにくるブエナビスタ。この馬を1着付けの◎にして、2,3着付けにルージュバンブーを買うのが適当だと思いますが。さて・・・・。

大阪杯、ダービー卿CTの回顧 先週のハナ差のうっぷんを晴らすダブルヒット!

先週の高松宮杯は完全に取った!と思った3連複の勝負馬券、本線の馬券をハナ差で逃し、残念な思いをしましたが、今週は両重賞共にヒット!特にダービー卿CTの方は配当がかなり付きハッピーな週末になりました。

昨年の秋華賞では11番人気ブラックエンブレムに◎を打ちながら馬券を外し悔しい思いをしましたが、翌週の菊花賞では取り損ねた分を取り返して余りある3連複のビッグヒットとなりました。禍福はあざなえる縄のごとしではありませんが、ラッキーとアンラッキーは順ぐりにやって来るものかな?(特に勝負事では。)と実感しました。
今回も全く同じ流れ。

菊花賞の時にように取り損ねた分を取り返して余りあるとはいきませんが、先週のうっぷんを晴らすには十分な的中。

先にダービー卿CT
予想にも書いたように、どの馬も勝つシーンが想像出来ない混戦のハンデ戦重賞。1番人気の単勝が6.7倍というのは多くの人が同じような考えだったのでは?
マヤノライジンも○タケミカヅチも勝ち切れるタイプではなく、いつも2,3着要員の馬。タケミカヅチが勝ったという事は状態面も含め勝ち切れない馬の揃ったレースだったという事でしょう。
力強い勝ち方をしたように見えたタケミカヅチですが、今後も1着に期待する事は無いと思います。内枠に入った時に複勝圏に期待する馬です。

今回も高松宮杯と同じく「馬券について【2】3連複」で書いた典型的な3連複軸馬2頭の選び方。マヤノライジンは前走大敗しただけで12番人気とは随分な評価でした。

レースではマヤノライジンの走りを目で追います。好位に付け、いい感じで流れに乗っています、内にタケミカヅチ。厄介な相手だと思っていたレッツゴーキリシマは後方!理想的な展開。ペースもそれほど速いようには見えませんでした。そして道中なかなかいい手応え!外側を捲って行き直線もしぶとく伸びます。
先週は直線半ばで早、小躍り気分(?)、ゴール地点で小躍り気分終了でしたが、今回は何だか冷静に見ていました。
タケミカヅチは連対確実、マイネルファルケも残りそう、狭い所にいた後ろのキャプテンベガの伸び脚がいい!!・・・・・・。
先週の悪夢がよぎりましたが、何とか3着を確保。無事的中。
多分、キャプテンベガの前に十分な進路があったのなら3,4着は入れ替わっていた可能性が大きかったと思います。これが「ラッキーとアンラッキーは順ぐりにやってくる」って事かな?と。

オッズがかなり割れており、3連複の配当が期待出来るとスケベ心丸出しで参戦したダービー卿CTでしたが、自分のスケベ心に感謝!(笑)

このレースで他に回顧する事は特にありません。タケミカヅチは内枠の時に複勝圏を期待。マヤノライジンはメンバー落ちの1800m戦、ローカルの巴賞、函館記念辺りで少しだけ期待。脚を余した観のあるキャプテンベガはヒモで拾った方がいいかな?と言ったところ。他の馬も重賞では成長を見せるか、状態アップが無い限りちょっと足りなさそう。

今後に向けて大注目の大阪杯
ダブルヒットとタイトルに書きましたが、ダービー卿CTに比べればこちらはプチヒット。

勝ったのはドリームジャーニー
ディープスカイの単勝は1.6倍。メイショウサムソンとネオユニヴァースを引き合いに出しましたが、強い馬でも前年タフなレースを目一杯走った後の年明け初戦は難しいもの。引き合いに出した馬に比べて年明け初戦の相手としては少々骨っぽいメンバー。そして1頭だけ59キロ。

予想の骨子は年明け初戦でこのメンバー相手に単勝1.6倍は付き過ぎと、2着になる方にベットするというもの。そしてこの馬に勝てる可能性のある馬は年明け初戦を叩いたアドヴァンテージのあるドリームジャーニー、サンラズマックス、そして内枠+滞在競馬のマツリダゴッホの3頭。この3頭→ディープスカイの馬単3点。

3連単はやはり内枠のマツリダゴッホに魅かれこの馬が1着からの馬券を購入。
道中の走りを見て早々とこの馬券は諦める事に。

ドリームジャーニーは完全にディープスカイ1頭に絞った競馬。馬券を買った者からしてみれば願ってもないこと。サンライズマックスはディープスカイのやや後方のイン。
4角でサンラズマックスは手応えがあまり良くないが、ドリームジャーニーは抜群。細かい回転の足運びで差を詰め、直線でディープスカイの外に馬体を併せに行きます。キビキビとした回転の速い足運びがいつも以上に良く見え、首差差し切ってゴール。

4歳の年明け初戦で単勝1.1倍だったゼンノロブロイがウインジェネラーレに首差届かなかった日経賞を思い出しました。

負けたとはいえディープスカイはやはりとんでもない馬。この馬中心に今年の競馬界が回っていく事は間違いないでしょう。
負けたのは年明け初戦だったこと。(59キロも。)次は弾け方が違うと思います!次戦は安田記念とのこと。

ドリームジャーニーはやはり小回りコースで買いたい馬。この後は去年のように小倉に向かう事はないでしょう。多分この春の最大目標は宝塚。いよいよ競走馬として最も充実する期間に入るディープスカイに勝つことはかなり難しい事ですが、阪神内回りの宝塚なら可能性はありそう。ペースによってはですが、アドマイヤムーンがメイショウサムソンに対して取った戦法なら勝機があるかと。今回予行演習は出来ましたし。
その前の安田記念は差して届かずだと思っていますが、負けてもディープスカイに勝った馬として人気が下がらないのでは?

やっとブログ記事の今年初的中。記事にすると魅入られたように外れていましたが、やっとです。2レースの予想をアップしたのは今年初でしたが、その2つともヒットとは。来週も2レース予想を・・・と思いましたが、来週は桜花賞ですね。

大阪杯、ダービー卿CTの予想

今週はG1の谷間の週ながら、東西メインに興味深い重賞が2つあります。
一つは今年のG1戦線で活躍が期待されている馬の年明け初戦のレース。もう一つはメンバーの質が高いとは思えない重賞のしかもハンデ戦、どの馬もあまり勝つシーンを想像できない馬で何が勝つのかさっぱり分かりません。それだけに配当の期待が出来るレース。

大阪杯
このレースは去年のダービー馬、ディープスカイの年明け初戦。かつての名馬と言われる馬達もこのレースを始動のレースに選びました。
感動した天皇賞秋でずいぶん熱心に記事を書きましたが、その中で、この伝説のレースの上位3頭、ウォッカダイワスカーレットに対するディープスカイを1999年の有馬記念、グラスワンダースペシャルウィークに対するテイエムオペラオーになぞらえました。
その時代最強の古馬2頭に対する最強の3歳馬。結果は順位だけでなく、着差まで同じ結果になりました。

これまた符号するように、2着だったスペシャルウィーク、ダイワスカーレットはその年のレースを最後に引退。1着だったグラスワンダーは翌年輝きを失います。ウォッカはドバイディーティーフリーで7着。(この馬が輝きを失っているかは分かりませんが。)
テイエムオペラオーはご存じのように、翌年、初戦から勝利を飾り、年間8戦全勝。メンバーの質が高いレースばかりを勝ち抜きました。4歳になったディープスカイはテイエムオペラオーの軌跡を辿ることになるのでしょうか。
その意味でも非常に興味深い1戦です。

ディープスカイにとっては初めての59キロという酷な斤量、休み明けのレース。しかも何が何でも勝たなくてはいけないレースでもありません。
最近ではメイショウサムソンネオユニヴァース(共にダービー馬。)が同じような立場でこのレースに臨み、勝利しました。この2頭は正直メンバーに恵まれていました。それでも勝ったとはいえ、着差は僅か。3歳時の、クラシック、その後の古馬とのビッグレースを目一杯戦った後の年明け初戦のレース、59キロを背負ってのレースがどれだけ難しいかを物語っていると思います。

今回の大阪杯はメンバーの揃ったレース。
59キロは馬格があるだけに、これほどの馬となるとあまり問題ないような気もしますが、休み明けは少々問題。自身初めて間隔の空いたレースになったダービー後の神戸新聞杯ではブラックシェルに首差の勝利。今回のメンバーは明らかにブラックシェルよりは楽ではないような。

そしてこの馬の単勝オッズは1.6倍!この馬への期待のあらわれだと思いますがちょっと付き過ぎ。
この馬が勝つ確率は高いと思いながらも、オッズから考えて、負けて2着になる方にベット。

ディープスカイを負かす馬は年明け使っている分のアドヴァンテージがあると思える2頭。ドリームジャーニーサンライズマックス
そして年明け初戦の実績があるマツリダゴッホ。外枠なら買いませんが、やはりこの馬が内枠から先行したら最有力。最内枠なら武騎手でもさすがに先行するでしょう。中山専用の馬ではなく、滞在+内枠から先行出来るなら強い馬である事を証明して欲しいものです。

馬券は
①→⑪
⑧→⑪
③→⑪ の馬単3点。

①→⑪→⑧③②⑤⑦
①→⑧③→⑪ の3連単7点。

ほとんどこのレースは見るレース。果たしてディープスカイはテイエムオペラオーの軌跡を辿る事が出来るか?その初戦。注目の1戦です。

ダービー卿CT
もう何だか分からないレース。それだけに配当を期待したスケベ心丸出しでの参戦。

マヤノライジン
最初オッズを見た時はかなり人気が無かったのでこの馬からワイドをちょっと買おうと思っていましたが、今ではそれなりのオッズ。

中山マイルの実績もあり、中山で負けた2戦は共に道悪。
前走は休み明けで馬体大幅減、そして毎回コンスタントに走ってくれるこの馬が珍しく大惨敗!、大いに不安ですが、その分の12番人気。
前走の大負けがなければこんな人気にはならなかったでしょう。
8歳でガクッと衰えがきてなければ力量は上位。状態は分からないものの「一変」に期待。

この馬と一番3着以内がありそうだと思っている、前走復調の兆し、今回もこの馬に必要な内枠を引いたタケミカヅチを軸にしての3連複。

④-⑤から①②③⑦⑧⑪⑫⑬⑭⑮

馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (1/2)

今回は3連単について。この馬券についての見解は多分一般的でないものだと思うので、【1】で書いた前置きを一応貼っておきます。

どの馬券で勝負するかは、100%個人の自由で、他人に対してどの馬券が割がいいなどというつもりは毛頭ありません
これから書き綴る事は全くの個人的な馬券観になります


この馬券は前回書いた3連複をさらに限定し、1~3着の順番まで当てなくてはいけない最も難易度の高い馬券。3連複の延長線上にある馬券ですが、個人的には馬単の延長線上にあるとも考えています。

少し話が長くなりますがお付き合いください。
3連単の馬券が無かった頃、3連複の馬券を買いながらよく思っていた事があります。◎○の2頭軸から流して買うのですが、レースによっては、この内の1頭(おそらくは◎)が勝つ可能性が高いだろうな、と思う時がありました。
そして3連複を的中した時に、やはりこの馬(◎)の方が勝ったか、となる事が多々あり、順番を付ける馬券があれば面白いのにと思っていました。

続きを読む "馬券について 【3】 準主力馬券の3連単 (1/2)" »

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »