2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« スプリングSの予想 | トップページ | 馬券について 【2】 主力馬券の3連複 »

スプリングSの回顧と阪神大賞典について少し

スプリングSは人気に応えてアンライバルドが圧勝。皐月賞への切符を手に入れました。

今回の予想は散々な結果に。

12.3 - 11.5 - 12.8 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.3 - 11.4 - 11.5

これがレースラップ。そもそも真ん中のラップが速くなってある程度タフな流れになる事を想定していましたが、13秒台が3つも続く事に。4角で馬群が密集しての典型的な上がり勝負に・・・。

この流れでは斬れる脚を持たない◎イグゼキュティブは期待出来ませんが、それにしてもの最下位!!
前走ラジオNIKKEI杯でタフな競馬をし過ぎた反動か?ハードに負荷をかけられなかった為の馬体重+20キロ?力のある馬だと思っていただけにこの負け方は?

今年の中山は先行有利。弥生賞は前の2頭の決着。中山牝馬Sは逃げた人気薄と内を突いた馬での決着。それにプラスして最後のトライアルで権利取りに躍起になる騎手心理も作用してラップが締まるレースになるかと思いましたが甘い想定でした。
最も本番に日が近いトライアル戦、無理にタフな競馬をしたくないという心理も酌むべきでした。(とは言いつつ来年もこの甘い想定で予想組み立てそうですが。)

勝ったアンライバルドはラップが締まって脚を溜められない競馬という事で嫌いましたが、折り合い難はありながらも、スローに落ちたところでしっかり脚を溜め、その後は抜群の瞬発力!力が違いました。重めの馬場で結果を出したことは大きな収穫でした。
やはり能力の高い馬。特に静→動と一気にペースアップする上がりの勝負なら世代でもトップクラス。

トライアルも全て終了し各馬の能力も朧げながら見えてきました。本番皐月賞ではロジユニヴァースリーチザクラウン、そしてアンライバルドが3強として人気になるのでしょうか。正直この3頭の能力はかなり高そう。

本番でもおそらくリーチザクラウンが逃げ。果敢に逃げてラジオNIKKEI杯でやられているのでラップを締めにかかるような逃げ方はしないでしょう。1番人気になりそうなロジユニヴァースはその後ろ辺り。もしこの2頭に誰も喧嘩を売りに行かなければスローになる事も。そうなった時にこそアンライバルドに最も勝機が出てくるような気がします。

皐月賞の週によく考えますが、現時点ではこの3頭の中では1番人気でもロジユニヴァースに重い印。横山騎手の勝ちに行く騎乗に期待した予想になると思います。

リーチザクラウンを楽に逃がして、道中脚を溜められてラスト2ハロン目に一気に引き離すような脚を使われてはロジには都合が良くない。弥生賞では瞬発力勝負に対応して圧勝しましたが、やはり持続力勝負に持ち込んでこそ勝てる見込みが大きくなります。
直線に入る前でリーチザクラウンを潰し行きながら先頭に立つ競馬に期待!対リーチザクラウン、対アンライバルドで考えた場合有効な手段だと思っています。

リーチザクラウンはおそらくクラシックの中でも皐月賞が最重要レース。今の先行有利な中山の馬場で瞬発力勝負という土俵で勝負したら勝てない可能性も高まります。
横山騎手には是非とも脚を余す事のない、ロジの体力を活かした積極的な競馬をしてもらって、相手は上がりがかかるレースでこそ差して来れる人気薄の持続力のある差し馬なんて都合のいい事を考えています。

毎年そうですが、皐月賞ではスローからの上がり勝負は見たくないという希望の入った予想になります。

今回は阪神大賞典についても触れます。

これもちょっと残念なレース。
阪神大賞典は当然の事ながら毎年天皇賞春に向けて有力馬がひと叩きするレース。
長距離G1を前にあまり馬に負担をかけたくないレースで、例年ゆっくり流れて最後速い脚を使って決着するレース。

それまでのレースぶりから菊花賞でタフな流れの長距離レースに適うのでは!と◎を打ったナムラクレセント
登録していましたが、和田騎手は乗っていません、このレースはラスト3ハロンのスピードアップでついて行けずに好走出来ないと思っていました。

もし本番でフルゲートに満たず出走が叶えば、人気を落としているでしょうし、流れによってはかなり期待出来ると楽しみにしていた馬。(不人気の長距離G1、最近はフルゲートになる事は稀。)

このレース、日経新春杯で引退するはずだったテイエムプリキュアが出走していました!!
このレースも悪い馬場を味方にして大逃げ!各馬途中から大逃げのこの馬を捕まえに行く非常にタフな競馬。勝ったのはタフな競馬で強いアサクサキングス。(1か月前にこんなタフな勝ち方をして本番で大丈夫でしょうか?)

問題なのは一際光った末脚を見せて3着に入った(入ってしまった)ナムラクレセント。
あのような脚を使うと余計な人気が必ず付きます
よりによって賞金が加算されず、余計な評価だけが上がってしまう3着・・・。

菊花賞はどちらかといえば上がり勝負のレース。3着に入れたのは和田騎手が前で競馬をして勝負所での反応の悪さ、末脚の斬れを位置取りで補ってくれた為。
前走は準オープンを地味に2着。
このレースで掲示板にも載れずに本番の出走が叶えばまず人気薄。

何とも残念な結果・・・。余計な事をしてくれたのが前走で引退するはずの馬・・・・。


« スプリングSの予想 | トップページ | 馬券について 【2】 主力馬券の3連複 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28769054

この記事へのトラックバック一覧です: スプリングSの回顧と阪神大賞典について少し:

« スプリングSの予想 | トップページ | 馬券について 【2】 主力馬券の3連複 »