2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 弥生賞の回顧 | トップページ | フィリーズレビューの回顧  ブログの予想は外れ続きですが »

フィリーズレビューの予想

フィリーズレビューは桜花賞トライアル。各馬の目標は桜花賞出走の権利を取ること。
舞台は阪神内回り1400m、雨の影響があり若い牝馬にはタフな馬場、そして最後の坂、先行馬が揃い各馬権利取りに虎視眈眈。
このレースは阪神JF同様、後ろの位置取りから馬券に絡む馬が多いレース。
今年は馬場の悪いレース。1200mしか経験していない先行馬が複数いるレース。小回り1400mの道中の緩みが無いレースで積極的に勝ちに行って押し切ることはなかなか難しいように思えます。

それでも◎は⑨ショウナンカッサイ
8月デビューですが、このレースで4戦目。大事に使われています。1戦毎の伸びシロも期待出来そうです。おそらくこのトライアル戦は万全に仕上げてきているものかと。

幸騎手は見事な騎乗。相手を外を回るブエナビスタと想定するならこれに勝つ為に最善の騎乗。果敢に先頭を目指し先頭に立ってインを確保してからは脚を溜め、最後のイン差しに全てを賭けました。
最後に買い目に加えた馬でしたが、最初に一番脚を使った事を思えば最後に見せた脚は坂越えであった事も含めかなり優秀。

これは阪神JFの寸評。果敢に押して先頭に立ち、最内を確保した後はひたすらに脚を溜めています。他馬がこの馬の外側を脚を使って押し上げる中、この馬は動かず最後のイン差しに溜めた脚の全てを賭けました。
2歳牝馬には非常にタフなコースになる阪神マイル。幸騎手の巧みな騎乗に助けられた事は確かですが、やはり最初にあれだけ脚を使ってハナに立ちながら最高のメンバーが揃った阪神マイルのG1で4着に残した事を評価します。先着した3頭はいずれも序盤無理をしていない後方からの馬。

また3戦目の2歳馬でこれだけ騎手の意のままに動いてくれる賢さレースセンスの良さ買える要素です。
今回の内回り1400mのレースで幸騎手がこの馬にどんな指示を与えるのか非常に興味深いレースです。単に逃げて押し切るといったレースにはしないと思っています。
脚を溜める事が出来るという意味ではマイルの方がいいような気がしますが、新馬から1400を連勝した馬。このレースに期待。

力量評価では当然対抗はミクロコスモスになるのですが、前走のクイーンカップは競馬場で生でこの馬の走りを見ました。正直この馬の末脚が一番楽しみだったのですが、案外な4着。最後しっかり追っていれば3着はあったような気がしますが、内に閉じ込められ力を出し切れず。スムーズな競馬が出来たとしても勝てたかどうか。馬体がぶつかった不利などはあまり影響ないように思えます。

このレースは「nice try!」の先行策。ペースもこの馬向き。もっと勝負所の脚で楽に馬群を割ってくる力があると思っていました。
馬場が合わなかったのか、単に後ろからの馬なのか、馬群の外を回ってこその馬なのか、とにかく先行策で結果を出せなかった馬に。武騎手は今回おそらく従来の後ろからの爆発力に期待する競馬を選択すると思います。
今回は2倍を切る圧倒的な支持。距離は初の1400。楽に追走出来るかも怪しく、末脚の爆発力もマイル戦ほど期待出来ない気もします。
この人気なら評価を下げます。このメンバー相手に届かない事になると、勝負がついた後に突っ込んで来る馬という評価になるかも。

対抗は⑬レディルージュ
これまで5レースを経験。馬券を外したのは重賞の2レース。小倉2歳Sは上がり最速も後ろ過ぎて届かず。阪神JFは積極的な競馬も最後失速。
他のレースはなかなか優秀。ききょうSは◎ショウナンカッサイの3着。着差ほど能力が違うとは思えないレース。このレース2着エイシンタイガーも強い馬。
白菊Sは前半が少し速く、上がりのかかるレース。このレースを4番手から差し切り。2着以下掲示板に乗った馬は後方から馬。
ショウナンカッサイとセットで馬券に絡める馬として○に抜擢。

馬券は◎○からの3連複。

◎○から⑮⑯⑥②⑪ ③④⑦⑧⑩⑪⑤

無謀にもミクロコスモスが届かないことも願っての3連複相手12点。青字の5点が勝負馬券。

« 弥生賞の回顧 | トップページ | フィリーズレビューの回顧  ブログの予想は外れ続きですが »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28627819

この記事へのトラックバック一覧です: フィリーズレビューの予想:

« 弥生賞の回顧 | トップページ | フィリーズレビューの回顧  ブログの予想は外れ続きですが »