2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 中山記念の予想 | トップページ | 弥生賞の予想 »

中山記念の回顧

中山記念は予想外のやや重の馬場の中、予想外の1番人気だった◎カンパニーが勝利。
これで中山記念は近7年でサクラプレジデントを挟んでカンパニーバランスオブゲームローエングリンで2勝ずつを分け合った事になります。
サクラプレジデントが勝った年もレコードになるようなペースでローエングリンがレースを引っ張った為に後ろの馬に勝機を与えたと考えれば、ペースが違えばローエンが勝った可能性も低くはなさそうです。
予想で書いたように、中山1800の中山記念は少し特殊で、求められる適性にマッチした馬が圧倒的に有利なレースであるということが言えるかもしれません。

13.1 - 12.1 - 12.5 - 12.1 - 12.1 - 12.2 - 12.0 - 11.3 - 11.8

これが今回のレースのラップ。
やや重の馬場、最初の方の区間が上り坂で速くならない事を考慮に入れても遅いラップ。楽に逃げたはずのキングストレイルは馬券に絡めてもいいレース。

12.6 - 11.5 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.5 - 11.6

これが去年のラップ。
2年続けてカンパニーは同じようなレースをしてを勝利した事になります。
例年ですとバックストレートの下り坂でもう少し流れが速くなるのですが、この2年はそれ程速くならずに終いの脚勝負。その意味では「らしくない」レース。
カンパニーならば真ん中がもう少し締まっても勝てると踏んで◎を打ちましたが、この流れも終いのしっかりしているカンパニーには問題ないものでした。

◎カンパニーにする事に腐心し、2,3着付けの○の選び出しは少々安易。

中山重賞では無類の強さを発揮する馬ですが、一番危ないのがこの1800mの中山記念!≫≪中山巧者だが、中山記念の流れには向いてない馬という印象。AJCCよりパフォーマンスを落とす事が予想されます。

と不安視しながらも安易に○を打ちました。想定していた流れとは違っていたので不安点が減り、好都合なはずでしたが、10頭中5着。 鞍上は馬場が悪かった事を敗因に挙げていますが、そんなものでしょうか?
デビュー以来、ほとんどのレースでコンスタントに力を発揮してきた頑張り屋さんも今年で8歳。そろそろ陰りが見えてきたのかもしれません。

今年は中山金杯をWINSまで見に行き、◎アドマイヤフジでヤマニンキングリーに馬連を割られ大魚を逃がしました。これがそもそもの始まり。

以来ブログで印を打って予想したのは6レース。◎を打ち勝利したのは京成杯のアーリーロブスト、AJCCのネヴァブション、きさらぎ賞のリーチザクラウン、そして今回のカンパニー
6戦中◎が4勝していますが、未だブログの記事での的中は無し。
AJCCでは○にドリームジャーニー、今回の中山記念では○エアシェイディと取り違いをしています。特に今回は中山1800でエアシェイディを不安視するなら、少頭数、内回りコースを考えて○ドリームジャーニーにするのが自然だったかなと反省しています。

見どころの少なかった中山記念が終わり、今週末は3歳牡馬の実力者と目される馬達が挙って出走する弥生賞。皐月賞に向けて見逃せないレースです。

弥生賞にありがちなスローからの瞬発力比べになることを願って、人気必至のロジユニヴァースを軽視して、ナカヤマフェスタあたりを重く見ようと思っていましたが、東京では珍しく雪。明日も雪予報。そして週末の天気も芳しくないようで。
このままではかなりのタフな馬場での弥生賞になりそう。パワー、底力という点では実力が証明されているロジユニヴァースに追い風が吹いているような・・・・。ある程度時計の速い、パンパンの良馬場でどんな走りをするかに一番の興味があったので残念です。

« 中山記念の予想 | トップページ | 弥生賞の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
ごぶさたしてますo(_ _)oペコッ

常勝3ヶ条はCS放送のパチスロ番組から
まんまパクリました(^ω^)
パチスロは全く打たんのですけど
MCがお気に入りでチェックしてます( ̄▽ ̄)

にしても結果論ですがイーバンク入金は
失敗してくれた方がよかったです( ´;ω;`)

重賞3R全て、印を打った馬は上位に来てるのに
軸馬がことごとく凡走( ゚д゚)ポカーン

ちなみに
アーリントンCはジョーメテオ
阪急杯はファイングレイン
中山記念はトウショウシロッコ

レース終了後、冷静に分析すると3頭とも
常勝3ヶ条全てに違反してました( ̄◆ ̄;)

ジョーメテオはOP実績すらなし
ファイングレインは59kgと急坂がNG
トウショウシロッコは6歳なのに重賞勝ちなし

これは馬の能力を把握出来ていない&
過度な期待をしすぎ(;´д`)トホホ…
結果、無駄な投資の繰り返し(TωT)ノ~~~ バイバイ

競馬はホンマ難しいですわ( ̄ヘ ̄)

にしても人気必至のロジユニヴァース
ご指摘の通り速い馬場での走りをまだ見てないので
皐月賞本番は人気なら危ういと見てます( ̄ー+ ̄)

現時点では昨年のマイネルチャールズに
ダブるんですよね~(´~`)

あの馬も速い時計勝負経験が無かったために
好走止まりでしたからね(・∀・)ニヤニヤ

09年版キャプテントゥーレを探してみます( ̄ー+ ̄)

常勝3カ条はナイスですよ!

うまく的中出来ずにもどかしいレースが続いて・・・。競馬は難しいです。

今週の弥生賞は今後に向けての大注目レース。

弥生賞を緩い流れからかなりの瞬発力を発揮出来る馬にしっかり勝ってもらって、皐月賞で人気になってバッサリ切る、なんて事が出来ればと思っていますが、今年はちょっと違う??

今年の3歳牡馬は周りが騒ぐほどの力の差が無いのでは?と思っています。

牡馬クラシックは面白そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28457192

この記事へのトラックバック一覧です: 中山記念の回顧:

» ◆◇ 今週のレースで100万円を稼ぐ−確定馬情報 ◆◇ [確定馬―GOLD 【今週の注目レース】]
という伝わらない陣営の本音・狙いのせいなのです。 当社では陣営の狙いや勝負気配を完全掌握する【陣営情報】を専属プロから随時情報を入手。 陣営の調整・ヤリは決して見逃しません。 馬券を的中させるべく、あらゆる情報ルートから得られる精度の高い情報が当社にはございます。 的中を義務づけられたプロだからこそ情報の全てを吟味しつくした上で、不安が残るレース情報は切り捨てられるのです。 上のボタンをクリックすると、今週�... [続きを読む]

« 中山記念の予想 | トップページ | 弥生賞の予想 »