2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 馬券について 【2】 主力馬券の3連複 | トップページ | 高松宮記念の回顧 内に1頭?ハナ差に泣く »

高松宮記念の予想

明日はいよいよ今年初の芝のG1レース、高松宮記念が行われます。
この名前を聞くとやっと冬競馬も終わったとやる気が出てきます。春のG1の季節になったという事もそうですが、前日のオッズが発表されるという事が何よりも嬉しく思います。予想をするのはたいてい前日の夜です。オッズと自分の考える好走確率を天秤にかけ、旨みがあると思える馬を評価して配当に繋げるというのが競馬予想の醍醐味である以上、この時点でどの馬がどの位評価されているか分からないとイマイチ予想にも力が入らないものです。

その各馬の評価ですが、意外にも混戦模様。1番人気がスリープレスナイト、少し離れて2番人気が阪急杯を圧勝したビービーガルダン、次はさらに離れた人気になると思っていました。
スリープレスナイトは1番人気ではありますが、単勝3.4倍。近走の重賞3連勝の走りを見る限り現スプリント界でトップに君臨している事は明らかで、3倍を超えるこのオッズは意外でした。おそらく休み明けが嫌われているのでしょう。

ビービーガルダン3番人気。スプリンターズSの3着、阪急杯の圧勝ぶりを考えれば安藤騎手がドバイへ行っている為に幸四郎騎手が代役を務めている事が嫌われているのでしょう。前で巧く立ち回らないと力を発揮できない馬、その馬が外枠。分かるような気がします。

早速本命馬。
◎⑤トウショウカレッジ

純粋にスピードの絶対値が求められるスプリント戦。スプリント戦でのピークというものは短いものです。この馬は7歳。それにこれまでに重賞すら勝っていない馬。正直、この馬を今回のG1レースで本命にするはバカげている気すらします。

昨秋のスプリンターズSに引き続いての本命!この時は函館SSの走りと状態の良さを買っての本命。外を回ってかなりいい脚を見せましたが届かずの6着。前走阪急杯も似たような走り。
この馬の走りを見るといつも思います、もったいない・・・・と。
前に行けるという重要な能力が欠けているだけにしょうがないのですが、外を回した分届かないといった事も多々あります。

今回は待望の内枠。この馬は「内差し」も器用にこなせる馬です。
不幸にも外枠に入ることが多い馬ですが、内枠に入ったレースは函館SS(キンシャサノキセキをあと一歩まで追いつめた0.1秒差の2着)、テレビ愛知OP(上がり33.2秒を繰り出しての勝利)、富士S(勝ち馬とタイム差の無い3着)。
全て内ラチ沿いの「イン差し」を敢行したレース。

今の中京の馬場は内が悪くなっておらず、内差しが出来れば可能性はあると思っています。もちろん各ジョッキーも内がそれほど悪くないという意識はあるでしょうし、その事から前に進路が無いという可能性も大いにありますが、安易に外に回さず、どこかの隙間をこじ開けて抜けてきて欲しいと思っています。
馬群を割るだけの爆発力もありますし、それが出来る内田騎手が鞍上。

今年の高松宮はかなり敷居が低いのでは?と思っています。去年の上位馬、ファイングレインは近走の走りからも去年の状態にあるとは思えませんし、キンシャサノキセキは前走が大敗、G1を前にブリンカーを付ける付けないなどと・・・。スズカフェニックスは引退、ローレルゲレイロは1400mではかなり強いと思っていますが1200mで同じように強いかどうか。
上に書いたスリープレスナイトは休み明けぶっつけのレース、ビービーガルダンは外枠+鞍上(大幅)弱化。ファリダットは2番人気ですが、内枠からの内差しさえ叶えば、同じ後方脚質のこの馬には負けないと思っています。

こんなレースは一か八かの穴馬から!一か八かの後方からの馬の「イン差し」に賭けます!内田騎手の腕っ節にも期待。外を回さずにどこかを抜けて来られれば3着以内、最内を突けるようなら勝ち負けまでを期待!(7歳馬に期待し過ぎ?)

対抗は状態さえ良ければ力は抜けていると思っているスリープレスナイト。上村騎手はスプリンターズSでも胆力があるように見えましたし、馬さえ良ければ大舞台でも問題なく結果を出せる騎手だと思っています。

馬券は3連複。敷居の低いかもしれないG1だと思っているのでヒモは多めに。

⑤-④から⑬⑯⑦②⑥① ⑨⑩⑧⑫⑭⑮ の12点。青字の6点が勝負馬券。

馬単 ⑤⇔④ の2点も勝負馬券。

馬連。

⑤から④⑬⑯⑦②⑥① の7点。 

« 馬券について 【2】 主力馬券の3連複 | トップページ | 高松宮記念の回顧 内に1頭?ハナ差に泣く »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

メチャクチャ惜しかったですね
トウショウカレッジ4着(;´д`)

あっしはローレルゲレイロが逃げ粘ってる段階で
諦めましたが、スプリングソングとトウショウが
突っ込んできたのにはビックリしました(*゚▽゚)

この2頭は7歳という理由で真っ先に
ぶった斬ったもんで納得のハズレです(´~`)

春のGⅠ戦線は開幕したばかり
頑張りましょう(=゚ω゚)ノ

こんばんは、歳三さん。

慰めの言葉ありがとうございます。
レース映像見まして只今放心状態です。(笑)

歳三さんのコメントで本当に救われる思いがします。

直線半ばでもう取った!と思ったのですが、1頭影の様に内にいました。よりによってヒモの中で4番手に評価して勝負馬券の相手にも残していた15番人気のスプリングソングに鼻差、首の上げ下げでやられるとは・・・・。(この馬の抜け出しが審議の対象だったらしいですね。)

今年初のG1で勝負馬券、それも相手筆頭の本線で万馬券ゲットなら言う事ナシだったのですが。

歳三さんの言う通り「春のGⅠ戦線は開幕したばかり」このカリは桜花賞で!!いや来週のレースで!

また頑張りましょう。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28854799

この記事へのトラックバック一覧です: 高松宮記念の予想:

« 馬券について 【2】 主力馬券の3連複 | トップページ | 高松宮記念の回顧 内に1頭?ハナ差に泣く »