2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 参戦できなかった共同通信杯の回顧 | トップページ | きさらぎ賞の回顧と気のはやい皐月賞の展望 »

きさらぎ賞の予想

きさらぎ賞
出世レースとしてのイメージがあるきさらぎ賞ですが、今年もクラシックを賑わす馬が出るのでしょうか?

今年は10頭と少頭数。
注目したい馬はハイローラー
多分それほど人気にはならないと思います。
新馬からの4戦は1000mと1200mのダート戦、連にも絡めず。1400mに距離を延ばした未勝利戦で初勝利、次のダート1800mのもちの木賞はかなり上がりのかかるレース。万全のレース運びのカノンコードが勝ちそうなレースでしたが、この馬がしぶとい脚でゴール前差し切りました。
そして前走の初めての芝のレース、京成杯。
京成杯の回顧でも書いたように皐月賞に繋がるとはとても思えないレースでした。
内が有利な中山の芝で緩いペース、逃げた馬が3着に残り、その後ろで虎視眈眈だったアーリーロブストが勝利、チグハグな競馬をしてしまったナカヤマフェスタが2着突っ込んだレース。
この馬は終始外を回る競馬。3角過ぎからどの馬よりも早く動きはじめ、4角は大外ブン回し・・・・。馬場状態を考えても一番割の悪い競馬。
それでも差の無い5着。単純な力量評価では効率のいい競馬をした勝ち馬ともそれほど差は無いと思っています。しかもこのレースは初芝のレース。

もう一つ、今回のきさらぎ賞にリーチザクラウンが出走する事。

この馬は強い馬だと思っています。
新馬戦はスローの上がり勝負、位置取りが後ろ過ぎて勝ち馬に届かず、次の未勝利戦が素晴らしい競馬。舞台は京都1800m、きさらぎ賞と同じ舞台。逃げてなかなかのラップを刻み、独走で大差の圧勝!しかも手綱を大して動かさずの余裕の勝利。

ラジオNIKKEI賞は敗れましたが、暮れの阪神の重い馬場の中、全馬非常に上がりのかかったタフなレース。特殊なレースだったと思います。逃げ馬にはきついレースで「利」は逃げ馬をマークしてインで機を窺った勝ち馬にありました。勝った負けたはともかく、そこそこの上がりタイムになる質のレースであったなら4馬身という差はつかなかったと思います。この敗戦はあまり重く取らなくてもよいかと。(このレースの反動という意味では心配はありますが。)

先の事はともかく、このレースに限って言えば、明らかに適性があり、この未勝利戦くらい走れば好勝負。余裕をもっての走りだった事と3か月経って成長もある事を加味すれば勝ってしまうのでは?と思っています。

明日は天候も良いようで馬場も回復するでしょう。舞台は京都1800m。逃げるのはおそらくリーチザクラウン。未勝利戦以上の走りで淡々と逃げられては追走する馬はきついレースになるかと。
上がり勝負で勝ってきた馬や短い距離の経験しか無い馬には難しいレースになる思います

そこでハイローラー。
前走2000mで距離ロスの多い競馬をしながら好勝負、ダート戦ではありますが、上がりのかかるタフなレースを差し切り勝ち。
瞬発力勝負ではチャンスは無いかもしれませんが、リーチザクラウンがレースを引っ張ってくれれば大いにチャンスがあると思っています。
他の人気馬が重賞初挑戦という事を考えれば、初芝でロスをしながら重賞ウィナーと差のない競馬をした馬という事で評価も出来ます。
芝2戦目でどんな走りをしてくれるか。

それでもリーチザクラウンには勝つのは難しいと考え、印は○。

流れの違う2レースを連勝してこのレースに臨むキタサンガイセンが▲。

◎リーチザクラウン
○ハイローラー
▲キタサンガイセン
△ベストメンバー
×リクエストソング(3着まで)
×ダノンカモン(3着まで)

馬券は
馬単◎○の表裏。

3連単、◎→○→▲△×
     ◎→▲△→○  の6点。

オマケで応援馬券の3連単。
          ○→◎→▲△×
     ○→▲△→◎  の6点。

« 参戦できなかった共同通信杯の回顧 | トップページ | きさらぎ賞の回顧と気のはやい皐月賞の展望 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28090645

この記事へのトラックバック一覧です: きさらぎ賞の予想:

« 参戦できなかった共同通信杯の回顧 | トップページ | きさらぎ賞の回顧と気のはやい皐月賞の展望 »