2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« きさらぎ賞の予想 | トップページ | 「ダイワスカーレットの引退と、もしフェブラリーSに出走していたら」について »

きさらぎ賞の回顧と気のはやい皐月賞の展望

きさらぎ賞はやはりというか、◎リーチザクラウンが楽勝。

同じ舞台だった未勝利戦くらい走れば、という事でしたが、馬場差はあるものの、未勝利戦より楽に走って勝ってしまったような気さえします。
出世レースのきさらぎ賞ですが、2着以下の馬は力不足か。現状ではクラシック云々言えるような馬ではなさそう。

レースは能力の違いで、リーチザクラウンが逃げてしまう展開。というか他の馬が先手を主張しなかった展開。スタートからひたすら長い直線を走りますが、パトロール映像を見ると内の馬場が悪いらしく、茶色に見える内の馬場を嫌って外の緑に見える馬場を走っています。
これが思わぬ事態を引き起こしました。
速くない流れだったので3コーナー前で馬群が団子になっていて、3コーナーに向けて外から内に向かいます。外にいたスズノハミルトンもロスを嫌ってコーナーに切れ込みますが、その内側に○ハイローラーがいました。
幸騎手はここで手綱を大きく引きます。ここで馬券は諦めました。
スズノの鞍上、藤田騎手は騎乗停止。内の馬場を避けて走っていなければ起こらなかった事で、藤田騎手もあそこで安穏と外を回していたら勝負にならないと考える事も分かりますが、やはりインに馬がいるのにあそこまで切れ込むとやはり危険が伴います。

ハイローラーは芝の2戦続けて割の悪いレースを強いられました。クラシック路線でない、単純に斬れを問われる事のないレースで再び期待か。

勝ったリーチザクラウン
能力は高そうですが、この舞台が向いている馬であった事も確かでしょう。楽勝だったので余力も残っていましたが、今後は?
次は皐月賞だそうで、中山の2000m、ある程度締まった流れ、ゴール前の坂、気性難、そして関東への輸送。メンバ強化。クリアーする課題は多そうです。
最後の踏ん張りがきく馬でもなさそうですし、前哨戦で弱いメンバー、楽な流れで勝って人気になるならあまり評価をしたくない馬です。

2着以下は今後に向けて特に言う事はないので割愛。

それよりもクラシックに向けて有力馬の輪郭が見え始めてきました。この後の弥生賞、スプリングSあたりでハッキリしてきますが、それほど抜けた評価を受ける馬もいないのでは?混戦模様の面白い皐月賞になりそうです。

今回のリーチザクラウンの楽勝で更に評価を上げそうなのが、この馬に「4馬身差つけた」ロジユニヴァース。3戦3勝で、うち重賞2勝の文句のない戦績。今のところ世代№1の評価はこの馬か。
ただ、この重賞2勝は洋芝の札幌と暮れの阪神の重い馬場、流れも締まって上がりがかなりかかる消耗戦での勝利。穿った見た方をすれば単にパワー型の馬で、斬れ不足の馬の可能性もあります。
次走は弥生賞だそうで、トライアルらしい途中が緩む流れになって、この馬がどの程度の決め手を具えているか確認出来れば!!(無謀にも?弥生賞はこの馬を嫌って馬券を買うつもりです。)

今のところ皐月賞で評価したいのは新潟2歳Sで出遅れながらも勝ち、3連単のビッグヒットをもたらしてくれたセイウンワンダー。前走は調整不足、岩田騎手の騎乗に助けられた面もありますが、勝ってしまうとは思いませんでした。気がはやいですが、内枠を引いたら本命。

もう一頭、トーセンジョーダン。ジャンポケ産駒ですが、中山向きか。上がりの速さが求められるレースではブレイクランアウトに完敗でも納得。違うものが求められるレースなら。
クラシックでは皐月賞こそ買いたい馬。前走の勝負所での反応の悪さは気になるも、鞍上に外国人騎手か先行競馬の技術の高い騎手を迎える事を条件に重い印。

ちょっと気が早過ぎますね。スプリングSが終わった後にもう一度やります。

« きさらぎ賞の予想 | トップページ | 「ダイワスカーレットの引退と、もしフェブラリーSに出走していたら」について »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28110405

この記事へのトラックバック一覧です: きさらぎ賞の回顧と気のはやい皐月賞の展望:

« きさらぎ賞の予想 | トップページ | 「ダイワスカーレットの引退と、もしフェブラリーSに出走していたら」について »