2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ギャンブルに興味の無い人のギャンブル論 | トップページ | きさらぎ賞の予想 »

参戦できなかった共同通信杯の回顧

共同通信杯
先程レースの映像を見ましたが、ブレイクランアウトの圧勝。
人気はトーセンジョーダンが1番人気、ブレイクが2番人気で、この2頭が抜けた人気になると思っていました。ところが実際は違っていたようで。
今回の共同通信杯はしっかりした逃げ馬がおらず、ありがちなスローからの上がり3ハロン勝負が濃厚、瞬発力の点でトーセンジョーダンを不安視した方が多かったのでは。

ブレイクランアウト
ビリヤードで自分のターンで全部ボールを落としてしまう、「break and run out」、しかしながらこれまでこの馬はうまく落とし切っていない印象の馬。

新馬から瞬発力に秀でたという印象の馬。いちょうS差し損ね、東スポ杯は前にいた人気薄のナカヤマフェスタが意外な瞬発力を秘めていた為に惜しい首差の2着。
朝日杯は内の馬場がいい中山の芝、ロスの大きい競馬ながら3着、ただ単に瞬発力に秀でただけの馬ではなさそう。
それでもやはりこの馬の長所は瞬発力。今回の上がり33秒台がモノをいうレースではこの馬に分があったと思います。今回はしっかりボールを落とし切りました。

レコードタイムで、実況もゴール前「ブレイクランアウト強い!」、武騎手もロスの無い競馬で上がり最速の全く危なげのないレースぶり。おそらく評価はウナギ登り!
レコードタイムが出たにしては速い上がりが出ています。芝の状態が良かったのでは?(特に内)、逃げた2頭以外は全馬余力を残して4コーナーを迎えた事が想像出来ます。

皐月賞ではおそらくあまり求められないモノが試されたレースでした。
今後、皐月賞かNHKマイルに向かうようですが、上がり33秒台の脚にモノを言わせて評価を上げた馬。皐月賞に向かうなら少なくとも勝ちは無い馬としての評価。
今回の内差しと朝日杯の走りを考えれば無下に切る事も難しそう、それでも皐月賞で人気を背負って出てきてくれる事を期待します。

2着、トーセンジョーダン
3連勝の内訳は、時計の掛かる福島と自分でレースを作り圧勝した中山2000。中山の2戦はかなり強い競馬。
負けたのは馬体を絞り切れていなかった事もありそうですが、スローからの上がり勝負になった新馬戦。
強い馬です。ハッキリとは分かりませんが、上がりの速い脚という点については限界があるというか、上がり3ハロンの競馬になっては分が悪そうな気がします。直線に入って「静」から「動」にスパッと変わるレースでは強みが活かせない。直線で挟まれかけていましたが、スパッと切り替わる脚という点で劣っているとは言いませんが、力量の割にそれ程優れていない馬。
やはり自分で流れを作るようなレースをして後続に脚を使わせ、4角先頭で押し切ってしまうような形にした方が強みが活かせると思います。
それでも2着はかなり立派。明らかに地力上位。皐月賞では重い印か。
ジャンポケ産駒ですが、中山で期待。

3着、トップカミング
去年はゴールドアリュール産駒のタケミカヅチが2着に入りましたが、今年はこの馬が3着。
蛯名騎手は終いに賭ける競馬。馬もいい瞬発力を持っており、直線で通ったところはブレイクランアウトとほとんど同じイン側。結果的にファインプレー。
距離が延びてどうかなどを考えると、まだなんとも言えない馬。

5着、シェーンヴァルト
朝日杯でよく分からない後方での競馬をさせられた馬。
これだけ上がりの速い競馬になってしまうとあの位置から外に回しては届きません。それにそれほど斬れる脚でもありませんでした。
この馬が勝った2レースは共に最後上がりがかかったところを差し切ったもの。今回は違う流れ。 ?の朝日杯と今回のレース、参考外にしてもいいかも。
重賞勝ってますし、皐月賞直行?人気落ちは確実?上がりが速くならないであろう皐月賞で穴馬(?)として面白い馬かも。引き続き内田騎手を希望!

« ギャンブルに興味の無い人のギャンブル論 | トップページ | きさらぎ賞の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/27933535

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦できなかった共同通信杯の回顧:

« ギャンブルに興味の無い人のギャンブル論 | トップページ | きさらぎ賞の予想 »