2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 東京新聞杯の予想 | トップページ | 参戦できなかった共同通信杯の回顧 »

ギャンブルに興味の無い人のギャンブル論

レース予想をして毎回馬券を買っていますが、プロフィールに書いてあるように「ギャンブル」にはあまり興味を持っていません。やっているのはギャンブルだろうと思われるかもしれませんが、今回はそのギャンブルについて。
興味が無いものなので、実際よく分かっていませんし、全くの的外れかもしれません。全くの個人的なギャンブル論になります。競馬ブログでこんな事を書くのもどうかと思いますが・・・・・。

ギャンブル・・・・。認められているものとしては、競馬、競艇、競輪、パチンコ、サッカーくじ、宝くじなどがありますが、これらはすべて胴元がおり、テラ銭が取られます。

ギャンブル=勝とうと考えるなら割の悪いモノ

何となくですが、競馬をやる前からこの図式が私の中では出来上がっています。

胴元の取り分が競馬で約25%、パチンコで約20%、宝くじはだいたい50%(?)だとか聞いた事があります。多くのお金が動きますが、結果は分かり切っています。一握りの人だけが勝ち、残りの大多数の人が負けます。賭ける度に胴元に取られる分があると考えれば、続けてやれば尚更この図式がハッキリするような気がします。
その意味では、競馬のブログなので競馬の話をすると、たとえば、年に数レース、相当に自信のあるレースだけベットするというなら結構勝てるかもしれません。でも、それでは趣味にはならないような。

そこで、

ギャンブル=賭けた金額の分、またはそれ以上に楽しむ事が出来るモノ

これなら悪くないですし、趣味にもなります。

ここからが個人的ギャンブル論になりますが、ここに書いた「ギャンブル」はギャンブルと呼べるものではないと思っています。
ギャンブルはそれ自体楽しむ事が出来ないですし、趣味にもなり得ないと考えています。
ギャンブルをして本当の意味で楽しめるのは運良く勝った場合のその瞬間とその後。
毎回楽しめる訳ではありません。毎回楽しめるものが趣味になり得るものかと。

ギャンブルとは「伸るか反るか」。この金を取られると精神的にキツイとか経済的にキビシイ、その思いを封じ込めて賭ける事がギャンブル。ありがちなたとえで言うと、給料日前で懐がさびしいけれど狙いたい馬がいるからドーンと賭けてしまう。これもギャンブルだと思います。
大袈裟に言えば、「一攫千金」と「破滅」を天秤にかけ、一攫千金の方を狙うのがギャンブル。
これまで一度もギャンブルをやった事はありませんし、やりたくもない、そして今後やる事もないでしょう。人が生きていく上で避けようのない「ギャンブル的選択」を迫られる時もあるかもしれませんが、少なくとも趣味である競馬でこの「ギャンブル」をするつもりはありません。

だいたい楽しむはずの趣味で、楽しさを得られず、精神的にキツくなるとか経済的に厳しくなるなんて事はあり得ない!!

所詮、何だか分からない馬のやる事。まともに走る気があるかどうかさえ怪しいものに多くのお金を突っ込むなんて!そんなものにお金を賭けるくらいなら、その金で旨いモノを食ったり飲んだりした方がいい!

これは競馬に興味を持つ前の考え方ですが、基本的には変わっていません。「考える」、「見る」ゲームとして競馬に興味を持った事と、「
何だか分からない」というところが「少し分かる」に変わった分だけ観戦料のつもりで馬券を買っています。

昔、ギャンブルについての話をどこかで聞きました。
そう度々起こるものでない確率の低い、快感を伴う事象に対して敏感に反応を示す人で、再びその確率の低い、快感を伴う事象を追い求める人がギャンブルにハマりやすいと聞きました。

競馬なら馬連1点にドーンとつぎ込んだのが当たったとか、人気薄の馬から点数を絞って流して万馬券を当てたとか、3連単で大きい所が当たったといったものでしょう。まず、そう度々起こることではありません。その滅多に起こらない事の快感のみを追い求め続けたら危険ですね。


パチンコは存在自体がこの話でいうハマりやすい人をターゲットとして狙ったものですね
主流のものは大当たり確率が1/350くらいでしょうか?
おそらく「確率の低い、快感を伴う事象」としてちょうど良い!!これより確率が高いと有難味が少なく快感は得られず、これより確率が低いと嫌気がさしてしまう。うまく考えられています。
また最近のパチンコ台は派手な光や音を伴った大当たり演出があるそうで、確率の低い大当たりを引き当てた時の快感を増大させる工夫がなされています。「またあの快感を」と客に思わせる事によって収益を上げる目論見なのでしょう。

余裕のある人で、大きく負けても「いやー、楽しかったなー」と言えるならいいのですが、そんな人ばかりではないでしょう。年金暮らしの(であろう)お年寄りがパチンコ屋にいますが、狭い席で趣味にもかかわらずストレスを溜めながらパチンコを打っているように見える時がありました。そのパチンコ機に入れるお金で孫におもちゃでも買ってやったらいいと思うのですが、確率の低い、快感を伴う事象を追い求める事はそれなりに魅力的なのでしょう。そしてこんな人が一番の「お客さん」だったりします。
その人の人格がどうのではなく、パチンコ自体が人間の本能に近い所を揺さぶるゲームであるところが厄介です。
そして、
この本能に近い所を揺さぶる事の出来る事がギャンブルの本質であるような気がします。

割の悪いはずのギャンブルですが、実際にはギャンブルで勝てる人、ギャンブルの才能のある人は確実にいます。

これは多分に推測ですが、流れをつかんだ時などに、微塵の迷いもなく自分が「コレだ!」と思ったところにドーンと賭けられる人、何か特別な感覚を持っていて「割がいい」「勝負出来る」と踏んだ時にかなり大きく賭けられる
度量のある人、そんな人がギャンブルに向いている人かな、とは思っています。
そして、ギャンブルに対しての「潔さ」を持っている人。自分が信じた事に全てを賭けられ、またそれ以外の余分な賭けをしない人。信じた事が外れても軽く受け入れられる人。スッた分の埋め合わせをしようなどとは夢にも思わない人。
多分、こんな人が真のギャンブラーなのでは?もちろん破滅と背中あわせになりますが、破滅しない程度に自分を修める事の出来る人かな、とも思っています。

もう一つのタイプとしては、確率の低いはずの事を何らかの方法で他人より確率の高いものにして勝負出来る人。このタイプはそのギャンブルに相当に精通するか、違法な事に手を染める必要があると思います。このタイプはギャンブラーではないと思っています。

上のタイプの人は自分が持っていない資質を持っているので凄いな、とは思いますがそれ以上は何も思いません。

個人的に考えたギャンブラー像を書きましたが、馬券の買い方だけは「潔さ」という点だけ取り入れています。
これについては週末以外の時間のある時に、「馬券について」で書きたいと思っています。

去年、まぐれで年間回収率が300%を超えました。どうせ泡銭ですし、ドーンと賭けてしまうのも楽しい事でしょうし、実際大きく増える可能性もあります。しかしギャンブルに興味がない為、毛ほどもそうしようとは思いません。
年間回収率300%という事は1年間馬券を買い続けた総額が3倍になって返ってきたという事で、また1年間同じ様に買い続ければ、(たとえ全レース外れても)最低3年間お金を賭けずに競馬を楽しめる事になります。
個人的には、こちらの方が比べようのないほど
魅力的ですし、3年間以上贅沢をした気分になれます。競馬に使う予定だったお金で趣味をもう一つ増やします(笑)

こんな考え方なので、ギャンブラーとしての資質があるはずがありません。
これからもギャンブルでない、楽しめる趣味、レースやレースを予想する事を十分楽しめる趣味としての競馬を続けていきたいと思っています。

ギャンブルへの執着さえなければ馬券の購入金額の多寡にかかわらず、不思議と競馬は楽しめるものです。ちょっと馬券を買っただけでも十分にワクワクできます。レースについて、競走馬について頭の中で想像をめぐらす事ができます。頭脳ゲームとして十分に楽しめます。
根本的に勝つことが難しいゲームなら観戦料程度のつもりで馬券を買って楽しむ趣味にしてしまえば、負けても楽しい!!!
勝ったとしても胴元のJRAには売上として入るので、大きく見れば「日本の競馬の発展に寄与している」事にもなります。

競馬=観戦料、レースの予想を楽しんだ分として適当な金額の馬券を買って、レースを存分に楽しむもの!もし予想が当たったら更に旨いモノ食べに行ったり、飲みに行ったり、旅行に行ったり、欲しかったモノまで買える何とも贅沢で割のいい趣味!!
オマケに競馬ファンの友人に予想についての自慢話まで出来る!!

いいトコだらけです!!!!!!

« 東京新聞杯の予想 | トップページ | 参戦できなかった共同通信杯の回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

競馬素描」カテゴリの記事

コメント

僕も趣味は競馬ですが、ギャンブルには殆ど興味がありません。
そりゃあ少しは賭けますが、現状ウマニティの仮想馬券でお腹一杯です(笑)
競馬が好きの前に馬が好きなんですよね。
馬が一番身近に感じられるのが競馬、そこに数々のドラマがある…
凄くワクワクさせられますhorse

ダンヒルさんこんばんは。
お仲間ですね!!(笑)
私もウマニティでお腹一杯になれます。

ダンヒルさんのブログを見ると心底、馬への愛情を沢山もっている人なんだなーと感じます。
長い間、馬は人や物資を運んだりして(時には軍事にまで)人間とは切っても切れない関係でしたが、新しい輸送手段が出来てこの関係も切れそうになってますね。その繋がりを守っているの最大のものが競馬だと思っています。
見返りを求めない、ただ走る本能を燃やしているような渾身の走る姿はちょっと他の生き物、他のスポーツでは見られないですね。
そんな馬が私も大好きです!!

お互いギャンブルが好きな訳ではありませんが、馬券を買って、ほんのほんのチョーットだけ人と馬の繋がりを守っている日本の競馬に貢献しましょう!!
もちろん馬券を取っても貢献できますから、競馬を満喫して、凄くワクワクさせてもらって、オマケに馬券を取っての貢献という事で。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/27746887

この記事へのトラックバック一覧です: ギャンブルに興味の無い人のギャンブル論:

« 東京新聞杯の予想 | トップページ | 参戦できなかった共同通信杯の回顧 »