2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« きさらぎ賞の回顧と気のはやい皐月賞の展望 | トップページ | フェブラリーSの展望 »

「ダイワスカーレットの引退と、もしフェブラリーSに出走していたら」について

記事を更新しない間にダイワスカーレットが引退。非常に残念です・・・・・残念でなりません。

去年のG1の2戦はいずれも最近見たことが無いような強い競馬。ただただ「強いなー」と思える競馬。この馬の走りを見るためだけに「観戦料」を払ってもよいと思える馬でした。結局この2戦が類稀なこの馬の最後の輝きになってしまいました。
フェブラリーSからドバイへの予定でしたが、なぜこれだけ芝で斬れる脚を持つ馬なのにわざわざダートの頂点を目指すのかは疑問でした。

結果論になってしまいますが、最後の2戦は明らかに負担の大きい競馬、寒い時期を休養にあてて海外の中距離G1の走りが見たかった!!
天性のスピード、斬れに加えパワーまで具わり、より完成度の高い馬に!ヨーロッパの馬場でも勝てる可能性は高かったと思います。
また全てのレースを共にした安藤騎手ならたとえ凱旋門賞でも勝つ為に必要な競馬が出来ると思っていました。これだけの技術を持つ安藤騎手も若くはありません、本当の意味での騎手としてのピークは長くは続かないでしょう。だからこそ今、この人馬ともに日本のNo.1のコンビで!このコンビで世界の頂点に!!!このコンビでこそ世界の頂点に立ち得る!!!との強い願望と確信を持っていましたが・・・・・。

今週は久し振りのG1レース、フェブラリーS
ダイワスカーレットが出走するなら、(普通は芝で斬れを活かせる馬を初ダートで◎を打つのはおかしいと思うのですが。)間違いなく1着付けの本命でした。

天皇賞有馬記念の走りは飛び抜けています。芝、ダートの違いはありますが、カネヒキリ、ヴァーミリアンのJCD、東京大賞典とは比べるべくもありません。競争馬としての基本能力、「格」が違うと思っていました。
勝手の違うダートで力を発揮出来ない事もあるとは思いますが、競走馬としての基本能力、「格」が違うと思っている以上、私には1着付けの本命以外考えられません。
また去年のレースからパワーが具わったと感じた事が更にこの考えを後押しします。

そして、日本の競馬では

芝>ダート

の図式が成り立っていると思います。重賞の数、賞金の額、クラシックレース存在からも明らかだと思います。芝レースで飛び抜けて強い馬が、それも一番の充実期にある馬がダート路線に行く。これは普通に考えれば無いことです。そして実際に無い。新馬からダートでとんでもない強さを見せた(ダートの方が強いのでは?)エルコンドルパサーでさえ充実期にダートを使わなかった。
今回のダイワスカーレットのダート転向は非常に特別なもの。

しかも相手は7歳になってもダート界の頂点に君臨し続ける2頭の馬。この2頭、一番のピークは過ぎていると考えてます。
ダート馬は活躍出来る期間が長いと思われており、実際活躍期間が長い馬が多いのですが、これは芝ほどスピードが求められない事と単純に競いあっているレベルが芝より一段低いという事が可能にさせていると考えています。

今回は最初の芝を走る東京マイル!スピードも求められます。一段上のレベルで競い合ってきた、それも間違いなく最強の馬が出走します。
渾身の1着付けの本命!!!

もしフェブラリーSに出走するならこのような記事を書こうと思っていましたが、出走していたならば、多分馬券は外れていたでしょう。
馬券が外れたどころではなく、類稀な闘争心を持つダイワスカーレットには最悪の事態が起こっていたかもしれません。
競走馬としての生涯を閉じなければならない故障が見つかったのは残念ですが、それが見つからずにレースに出走した事を考えれば、今回の事は不幸中の幸いだと思います。

今後は繁殖牝馬としての生活が始まるそうで、どんな仔が産まれるのか競馬ファンとしての興味は尽きません。

« きさらぎ賞の回顧と気のはやい皐月賞の展望 | トップページ | フェブラリーSの展望 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

競馬素描」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28195321

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダイワスカーレットの引退と、もしフェブラリーSに出走していたら」について:

« きさらぎ賞の回顧と気のはやい皐月賞の展望 | トップページ | フェブラリーSの展望 »