2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« フェブラリーSの展望 | トップページ | フェブラリーSの回顧 »

クイーンカップ、京都記念の予想

阪神JFの2,3着馬が今回のクイーンカップに出走。

本命は人気でもミクロコスモスにするつもりです。
今後のクラシックに向かうローテを厳しいものにしない為にも、ダノンべルベールと違ってこのレースで賞金を加算する事が絶対に必要な馬。
このレースを選んだのも東京コースでこそ末脚が活かせると踏んだのでは。
阪神JFはブエナビスタの後ろからの競馬。4角では絶望的な位置取り。むしろ3着にまで順位を上げた事に驚きました。しかも東京の超スローの競馬しか経験していない馬でした。
タイムの遅いG1は負担にならなかったのか2週間後に500万のレースに出走し楽勝。改めてこの馬の直線での推進力の凄さを思い知りました。楽に勝利を飾ったように見えたので状態面も心配はいらないと思っています。
今回で4戦目のレース、もう少し前半を速いラップで走って(もう少し前の位置で競馬をして)同じように末脚を爆発させる事が出来れば今後がかなり面白いのではないでしょうか?

ミクロコスモスに勝てる馬がいるとするなら、内の馬場がいい事を条件に前でレースを引っ張った場合のパールシャドウでしょうか。
ベゴニア賞は先頭でレースをしての勝利、タイムだけで言えばダノンべルベールが勝った赤松賞より約1秒速いものです。前走は直線半ばで行き場の無くなる不利。9着という結果は参考外でいいと思います。

他に相手で買いたい馬は

内枠に入りサフラン賞の様な内差しを期待したいカツヨトワイニング
ここ2戦中山で強い競馬、今回は東京替わりになるが明らかに力を付けてきているディアジーナ 

ダノンベルベールは新馬の後に3か月の放牧、体重を増やして戻ってきましたが、1戦毎に体重を減らして一番軽い馬体重で阪神JFを迎えました。あまりタフな馬ではない可能性があります。
しかも絶対に賞金加算しなければいけないレースでもなく、「間隔が空く為の一叩き」の可能性も。
人気2頭買ってもしょうがないというのが1番の理由ですが、ダノンベルベールは軽視。


京都記念は有馬記念でダイワスカーレットに付いて行ってタフな競馬を強いられたカワカミプリンセスを消し。

サクラメガワンダー、アサクサキングス、タスカータソルテ、ダンスアジョイ、マンハッタンスカイあたりが今のところ気になる馬。

明日はかなり久し振りに東京競馬場に観戦に行ってきます。今夜しっかり予想しようと思ったのですが、遅い時間になってしまい、しかも明日は朝一から競馬場に行く事になったので、取り敢えずの大雑把な予想になりました。現地でしっかり予想を煮詰めようと思っています。

« フェブラリーSの展望 | トップページ | フェブラリーSの回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

今日の予想お願いします

申し訳ありません。今回は書く時間がなく予想記事が書けませんでした。やる気満々だったのですが・・・・。

滅多に当たらないブログの予想記事を見に来て下さりありがとうございます。来週はしっかり書く予定です。気にしてくださるコメント、非常に嬉しく思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/28251480

この記事へのトラックバック一覧です: クイーンカップ、京都記念の予想:

« フェブラリーSの展望 | トップページ | フェブラリーSの回顧 »