2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 今年の競馬についての抱負 | トップページ | フェアリーSの予想 »

フェアリーSの展望

フェアリーSは今年からマイル戦。1200mを苦手にしている者にとっては願ってもない事。今週はこのレースにします。

この時期の中山の芝にしては内がかなり良い。朝日杯FS、有馬記念、中山金杯、そして今日のニューイヤーSと内を通った馬が勝利を収めています。
金杯は非常に速いタイムが出ましたが、降水があった影響で少し時計がかかるようになっていると思われます。
フラットなラップを逃げられる馬で、終いの脚もしっかりしている馬が有利にレースをする事ができそうです。

今回のレースで該当する馬はクロフネ産駒の2頭。マイティースルーパールシャドウ。東京で結果を残して中山を迎える2頭。若駒のこういうタイプは中山替わりを疑いたいところですが、東京マイルで逃げて刻んだラップが優秀で共に有力馬。
オッズが出ていないので人気の程は分かりませんが、2戦2勝のパールシャドウはかなりの人気でしょう。
マイティースルーの方に魅力を感じます。
出遅れる可能性のある馬ですが、枠もいいですし、逃げられればチャンスは大きいと思っています。前走は緩みのないペースでレースを引っ張り、最後は相手を並走してきた馬1頭に絞ってその馬を確実に負かす競馬。着差以上の余裕の勝利でした。
小野次郎騎手に続けて乗ってもらいたかったのですが。

他の馬で目についた馬は、インドロール
ゴールドアリュール産駒でダートでデビューした馬。前走を見る限り芝の方が良さそう。しかもレースセンスが良さそうな馬でソツのない競馬をしてくれそうな馬。楽に先団に付ける事が出来、抜けだす脚も見事。4角で前が壁になりましたが、馬自身が内に進路を見出しそちらに行こうとしていました。こういう闘争心のありそうな馬は「好み」です。今回は外枠に・・・・。内枠ならよりこの馬の良さが出たと思いますが。
距離がどうなのかは(?)

もう1頭、アイアムネオ
1戦1勝馬。その1戦は中山マイルで1分37秒5、中弛みの低レベルな1戦。相手のレベルも疑問。
それでもこの馬は光るものがありました。
大外枠からスタートでは出遅れ。外側から位置取りを上げに行きます。途中前の馬に詰まって頭を上げる。新馬戦とは言え滅茶苦茶なレースぶり。
4角大外から前の馬を捕まえに行きますが反応がビビッド。直線の推進力も他の馬とは明らかに違い、才能の片鱗を見たような気がします。
この1戦しか走っていないのでラップが締まってどんなレースが出来るかは分かりませんが魅力のある馬だと思っています。

ジェルミナルはなぜこのレースに出てきたのでしょうか?
阪神JFでは馬体を絞って、2歳牝馬にはタフな阪神マイルを勝ちに行く競馬。そして間を空けずにわざわざ関東圏のレースに出走。能力の高い馬と期待しているのですが、今回のレース選択は?

« 今年の競馬についての抱負 | トップページ | フェアリーSの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/27005033

この記事へのトラックバック一覧です: フェアリーSの展望:

« 今年の競馬についての抱負 | トップページ | フェアリーSの予想 »