2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 阪神JFの回顧  来年このレースを予想する自分へ | トップページ | 朝日杯FSの予想 »

朝日杯FSの展望

師走、坊さんの走り回るほど忙しい時期でもあり、あっという間にレース前日。
朝日杯FSの予想も全く進まないまま前日になりました。
最近のG1とは違い1頭抜けた評価の馬もおらず、オッズだけ見ればどこからでも狙えそうな面白そうなレースです。
去年は◎ゴスホークケンで、このブログを始めてから初めての万馬券ゲットになった思い出深いレース。さて今年は。

朝日杯3歳Sという名称だった頃は、アイネスフウジン、ミホノブルボン、ナリタブライアンなどの勝ち馬が翌年のダービー馬になったり、引退は早かったが種牡馬として活躍するフジキセキ、後の天皇賞馬バブルガムフェローや有馬記念を2連覇する事になるグラスワンダーなどこのレースの勝ち馬は未来(futurity)を嘱望される馬が多かったものです。
皮肉にもレースの名称が変更されて「futurity」という名を冠してから、このレースの勝ち馬でその後G1を取れたのはダートでG1馬となったアドマイヤドンのみ。
G1を取れないどころかパッとした活躍も出来ず終わる馬も多く、牡馬クラシックを考えればマイルで2歳牡馬のチャンピオンを決める事、それ自体の意義があやしくなってきます。年末の阪神G3の方が強い馬が集まるなんて事は少し残念な事です。

今年の朝日杯FSはと言うと、まあまあいい馬が揃っていると思います。
強い競馬をしてここに臨む馬が多く、興味深い1戦です。

その中で1番強いと思っている馬はセイウンワンダー
新潟2歳Sでは力が抜けていると判断し、人気でも1着付け。まさかの出遅れで半分諦めましたが、後方から大外回しで突き抜けて1着。結果、3連単17万馬券が的中とありがたい馬になりました。
今回は怪我の後の間隔の空いての1戦。体は絞れたとしても急仕上げの観は否めないでしょう。加えて出遅れる危険性のある馬。新潟2歳Sは新潟の外回りだったので届きましたが、他の条件なら致命的になるほどの出遅れ。今回の中山で同じ事をすれば厳しいでしょう。新馬のマイル戦でツルマルジャパンに後僅か届きませんでしたが、これも出遅れによるもの、スタート後に位置取りを上げなければならず、そこで脚を使った分で負けました。
力量は1番でもこの2つの事からこの馬の評価は大きく下げます。

人気が拮抗している中の1番人気はブレイクアウトライン
武豊騎手が落馬骨折しましたが、完治かどうか分かりませんが早くも復帰。しかもレースはこの馬に乗る1レースのみ!並々ならぬ意気込み!この馬への期待の大きさが分かります。不思議と騎手の意気込みというものは馬に伝わったりするものです。
強い馬だとは思いますが、この馬を1番人気たらしめている勝った新馬戦と東スポ杯2着のレースはスローの上がり勝負。自身上がり33秒台を使って後方から差してくるレース。
今回は年末の中山マイル。今の力の要る芝、強い先行馬が揃って淀みない流れが予想され、上がりのかかるタフなレースになる事を考えるとこの馬がやってきたレースが今回のレースに繋がるとは思えません。
正直、トップジョッキーの勝利への意気込みは怖いものですが、武騎手の中山マイルの成績は他の条件と比べてかなり悪いもの。回収率でいうと単複とも50%前後です。人気に上乗せが付く騎手なので他の騎手より悪くなるのは当然ですが、中山マイルにおいては特に買いたくない騎手になります。

2番人気はミッキーパンプキン
1枠に外国人騎手、怖い存在です。馬券を取らせてもらった5年前のコスモサンビームに乗ったバルジュー騎手を思い出します。
1400と1800で勝利している事は評価できます。しかも逃げての勝利だけにマイルをこなすために必要なスピードとスタミナを備えている可能性があります。
しかし新馬戦はかなり相手が微妙。萩Sはデイリー杯3着のキングスレガリアに勝っているので評価は出来ますが、何せ少頭数のレース。強力な先行馬が揃った今回はどうでしょうか?騎手と枠の要素もあり、ちょっと人気が先行し過ぎていると思います。

4番人気シェーンヴァルト
この馬は人気になっても納得出来ます。
新馬はスローからの終い勝負で僅かに届かず。次戦は締まったラップを中団から差して完勝。デイリー杯ではこれも締まった流れを追走して差し切り勝ち。
後傾ラップを勝ち損ねて、前傾ラップ2戦を勝利、しかも1つはマイルの重賞。今回のレースには向く馬だと思います。
更に、絶好の1枠を引きました。そして馬体を増やしながら結果を残してきた馬で前走は+10キロ。今回勝負のG1でしっかり馬を仕上げて来れば更なる上積みが期待できそうです。
4番人気は北村友一騎手が軽く見られている事が原因だと思います。
人気上位馬の中では1番評価したい馬。

気になっているのが、6番人気のホッコウタキオンと9番人気のゲットフルマークス。

ホッコウタキオン
この馬は登録馬を見た時にすでに重い印を予定した馬。
人気の低さに驚いています。おそらく、ツルマルジャパンも参戦し、他に前に行く馬も多く、逃げ馬であるこの馬には不都合であると考えている人が多いのでしょう。
更には最悪の大外8番枠。そしてG1で連対経験の無い飯田騎手という事も大きく影響しているでしょう。
デビューから3戦1200mを使っていたが、マイルでの逃げが合う馬。
先行力があり、自らラップを締める事が出来、終いも何とか脚がもつ馬。阪神のゴール前の坂も経験しており、1800mで勝利している事も強気になれます。デイリー杯では京都外回りという事もあってシェーンヴァルトに差されて2着でしたが、勝ち馬よりも評価したいくらいのレースでした。
騎手は信頼していますので、問題は外枠だけ。

ゲットフルマークス
この人気なら逃げ馬が揃っていなければ間違いなく本命にする馬でした。
これまで全て逃げるレース。
すずらん賞で負けましたが、2つ目、3つめのラップが10.4秒と11.3秒。しかも札幌8日目の馬場。これは2歳戦の1200ではあまり無い流れ。結局、ゴール前でガラリと後方から来た馬が前になるレース。負けたにしても見せ場はあり、この馬の強さは明らかでした。

続く京王杯2歳Sで人気薄で勝利。タイムは1分21秒6。このレースで21秒台で勝利したのは他にコスモサンビームのみ!もちろん5年前の朝日杯FSの勝ち馬であります。
このレース、ゲットフルマークスはあまり良い発馬ではなく、の脚を使って強引にハナに出る事に。道中も淡々と先頭でラップを刻みそのまま長い東京の直線に向かいますが、それまでにかなり脚を使っているのですが、しぶとく伸びます。フィフスペトル、エイシンタイガーを寄せ付けず完勝。
どうもフロック視されているようですが、この馬はかなり強そう。
気性面から距離延長がやはり不安。ガーと行ってしまうところがあるので巧く制御できるかどうかの馬。通用するだけの力は持っています。スッと好位(出来ればハナに)が取れて道中力を抜く事が出来るか?それが出来れば面白い馬です。

取捨に困るのはエイシンタイガー
1戦ごとの成長はかなりありそうな馬。能力も高く、内田騎手も確保、というか内田騎手がこのレースを使うように進言したとか。
魅力のある馬ですが、いくらなんでも使い過ぎ。過去にはエイシンチャンプがかなり使ってから朝日杯を迎え、レコードで勝利しましたが、この馬は?
余力が残っていれば面白い馬だと思います。
人気がなければ買いだと思っていましたが、人気まで取捨の困る人気。

距離がマイルに戻って、人気も大暴落のツルマルジャパンは買いたくでしょうがない馬ですが、近走馬体重が増えすぎ。冬場でしっかり絞って出てこれるのでしょうか?

« 阪神JFの回顧  来年このレースを予想する自分へ | トップページ | 朝日杯FSの予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/26352143

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FSの展望:

» ◎ツルマルジャパン 朝日杯FS(2008年)【血統フェスティバル】予想 [【血統フェスティバル】blog]
【朝日杯FS】の予想。過去5年の1〜3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出走馬あります。 [続きを読む]

« 阪神JFの回顧  来年このレースを予想する自分へ | トップページ | 朝日杯FSの予想 »