2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 有馬記念の展望1 冬場の中山の馬場への適性 »

朝日杯FSの回顧

朝日杯FSは内枠からインを追走し、直線で巧く馬群を捌いたセイウンワンダーが外から差してくるフィフスペトルを頭差凌いで勝利しました。

そのセイウンワンダー
「一番強い馬」として評価するも、状態面からこのレースでは凡走を期待。次のレースで1着付けをしっかり買うという青写真があったのですが、まさか勝ってしまうとは。
新潟2歳S、長い直線で大外を回して、追ってしっかり伸びる事を証明しましたが、中山でも勝負所でスッといい反応をしてイン差しでG1タイトルをつかみました。
岩田騎手の乗り方も、まさに暮れの中山の朝日杯を勝つ為の理想的な乗り方と言っていいほどのもの。内枠を巧く活かしました。彼は今年G1で4勝目のようですが、この1勝はこの騎手に負うところも大きかったでしょう。最後スピードを殺さずに巧くホッコウタキオンのインにもぐり込ませたあたりはさすがでした。
今回この馬の状態はとても万全とは言えないものだったと思います。
それでも勝ってしまった事で今後はかなりの人気になるでしょう。
嫌うとすれば、この馬はこれまで4戦全てマイルで、全て1分35秒台のレース。時計の出る速い馬場になった時にどの位のパフォーマンスが出せるか?と言ったところでしょうか。距離が延びても大丈夫そうな気がします。

2着、フィフスペトル
前走のレースぶりと外目の枠に入った事で差し切るのは困難と判断、ルメール人気もかなり乗っかっている観もあり、買い目には入れましたが重要視していませんでした。マイルでこれほど走るとは。
3着のブレイクランアウトと比べるとこの馬は中団で脚を溜め、ブレイクランアウトが外を進出するのに合わせて上がって行きましたが、押し出すタイミングはワンテンポ遅らせてのもの。その遅らせた分が最後の伸びに現れました。
次走、他の騎手が乗った場合どうでしょう?

3着、ブレイクランアウト
新潟、東京のスローからの終い勝負をしてきた馬で、その末脚を見込まれての1番人気。正直これほど走るとは思いませんでした。
違う質のレースを、それもメンバーの揃ったG1で走られては評価が必要です。内枠を引きながらディープのような後方から早め進出、大外ブン回しの競馬でこの差ならかなりの力量の持ち主。それでも勝ったのが完調でないセイウンワンダーという所が微妙ですが、順調に成長すればクラシックの差し損ね2,3着馬としての期待は出来るかも?

4着、◎ホッコウタキオン
内枠ならもう少しいい結果も望めたと思います。ツルマルジャパンが出走してきた事もこの馬にはマイナスでした。それでも一応の力は発揮しており、中山では再び期待したいと思います。皐月賞あたりでは穴馬として面白いかもしれません。

7着、○シェーンヴァルト
もっと前に行けると思ったのですが、後方からの競馬。この馬にやって欲しいと期待していた事をセイウンワンダー@岩田騎手にやられてしまいました。これではこのレースで勝負にならないのも已む無し。

今回はG1で千載一遇のチャンスを得た騎手に期待しましたが、G1常連中の常連の騎手による1,2,3着決着。
飯田騎手は悪くないレースをしましたが、北村友一騎手には少々がっかり。若手の騎手なのでいい経験にはなったでしょうが、レース後のコメント、

「ゲートの出方はあんなものかな。1コーナーで外から寄せられて位置取りが悪くなってしまいました。中山1600mの内枠が堪えてしまいました。折り合いもスムースなので、もっと長い距離での勝負で巻き返したい」

特に若手は目をギラつかせて少ないチャンスをモノにしていかなくてはいけない新参者には厳しい世界。今回のコメントは何とも悠長なもの。技術のあるいい騎手だと思って期待していたのですが、買いづらい騎手になってしまいました。

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 有馬記念の展望1 冬場の中山の馬場への適性 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/26411167

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FSの回顧:

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 有馬記念の展望1 冬場の中山の馬場への適性 »