2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ジャパンカップダートの展望 | トップページ | ジャパンカップダートの回顧 »

ジャパンカップダートの予想

今回は阪神1800という条件でのダートNo.1決定戦ジャパンカップダート。歴代の阪神ダート1800の中で最もハイレベルな闘いが予想されます。特殊な形状、非根幹距離でのG1で意外な馬の台頭は?
2002年、ジャパンカップ、ジャパンカップダート共に中山開催になった時に、それぞれ2200m、1800mという非根幹距離でG1レースが行われました。ジャパンカップは9番人気、11番人気の馬での決着。JCDは5番人気、13番人気の馬での決着。意外な1800mのスペシャリストに人気馬が足元を掬われる事があるのでしょうか?果たして・・・・。

それでも展望に書いたように人気のヴァーミリアンサクセスブロッケンは力量上位。

◎は⑥ヴァーミリアン
武騎手に合う馬だっただけに乗り替わりはマイナスも、流れが速くなりそうな今回、位置取りの自在性と最後の決め手を持つこの馬は軸馬。

○が⑦サクセスブロッケン
ヴァーミリアン以上に評価したい馬。ヴァーミリアンはこれから下降のカーブを描き、この馬は今上昇カーブを描いている最中。この2つの成長曲線が交わりかけたのが前走のJBCクラシックか?
スタミナ、底力はもうG1レベル。決め手という点ではもう一つ。阪神1800でのハイペースが吉と出るか、経験不足による凶と出るかはやってみないと分からない。先頭付近での競馬が必要な馬なので裏目に出る可能性も。それでもやはりこの馬は重視。
エリザベス女王杯で残念だった鞍上を考慮して2,3着付けに。

▲⑮ワイルドワンダー
去年のこのレースで副軸にした馬。しかも直前でフィールドルージュからの変更で痛い目をみました。
阪神実績のある流れの速くなりそうな今回期待できる差し馬。1400mのペースに対応出来て2100mのJCDでも上位に来れる馬。マイルのフェブラリーSでも今年馬券に絡んでおり今回の条件変更は歓迎。
トリッキーな阪神コースでのハイペースの差し馬ならスムーズにレースをする為には外枠も好都合。
同じ差し馬でも間隔の少ないJBCクラシック経由のメイショウトウコンより2か月間隔の空いたこの馬を上位に取ります。

以下
メイショウトウコン
サンライズバッカス
ブルーコンコルド
ボンビネルレコード
アドマイヤフジ
フリオーソ。(この馬は3着まで)

馬券は3連単。

⑥→⑦→⑮⑤③⑫⑯⑨⑭
の7点が勝負馬券。

⑥→⑮⑤③⑫⑯⑨→⑦
の6点はオマケ。

ハイペースになって先行馬に厳しいレースになった時に。

⑥⑮の2頭軸からの3連複馬券

⑥=⑮から⑤③⑫⑯⑨と⑦⑭も
の7点も買っておきます。

« ジャパンカップダートの展望 | トップページ | ジャパンカップダートの回顧 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

´_ゝ`)ノボンジュール♪

米ありがとうございますm(_ _)m
単勝勝負だったので直線は激アツでした(* ̄ー ̄*)

ラストは叫びまくりでしたよ
ありとあらゆる歓喜の声を上げました(*´д`*)ハァハァ

山本風『キタ━━━━━━━━!!』
亀田風『しゃっ~おら~!!』
D坂野風『ゲッツ!!』
濱口風『取ったど~!!』
エド風『グ~ググ~!!』
よしお風『屈腱炎?そんなの関係ねえ~!!』
HG風『カネヒキフォ~!!』
ギター侍風『残念・・・』
etc・・・

来週の今頃は、騒音おやぢとして逮捕され
阪神JFは参加できんかもしれませぬι(´Д`υ)アセアセ

ラスト3週頑張りましょう!!

ゴール前の熱狂が伝わってきそうな熱いコメント有難うございます。
ギター侍はちょっと違っ!!!
カネヒキリは凄いですね。この単勝を決断した歳三さんもまさに「男の馬券」!!
記憶に残るレースになったのでは?
この後もまだG1が3つ残ってますし楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/25988630

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップダートの予想:

» ◎カネヒキリ ジャパンカップダート(2008年)【血統フェスティバル】予想 [【血統フェスティバル】blog]
【ジャパンカップダート】の予想。過去5年の1〜3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出走馬あります。 [続きを読む]

« ジャパンカップダートの展望 | トップページ | ジャパンカップダートの回顧 »