2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 有馬記念の展望2 マツリダゴッホについて | トップページ | 有馬記念の展望4 出走各馬について »

有馬記念の展望3 ダイワスカーレットについて

今回はダイワスカーレット

天皇賞では思い入れタップリ、渾身の◎。天皇賞の展望では中距離最強馬という事まで引き合いに出してこの馬の事を熱く語りました。

その天皇賞。ウォッカの同厩舎のトーセンキャプテンに突っ突かれる非常に厳しい展開。スピードのあるこの馬に対して道中プレッシャーをかけるなんて事は中々出来る事ではありません。しかもこれを行うのがトーセンキャプテンという事になればこれはもうほとんど玉砕覚悟。
こんな展開を強いられての最後のひと伸びは常識の範囲を超えるもの。語り継がれるレースになるであろう天皇賞の中でも飛び抜けて強い競馬をした事は間違いありません。

天皇賞の展望では、あり余るスピード能力で楽に先手を取り、レースをコントロール。道中安藤騎手の意のままにペースを落とす事が出来、その分を最後の類稀な瞬発力に転換出来る馬。しかもその時の反応は極めてビビッド。レーススタイルの完成度という意味でも中距離最強馬と呼んでもおかしくない馬として評価しました。
この時、サイレンススズカと比較しましたが、サイレンススズカはぶっちぎって圧勝する事を目指すレーススタイル(気性面からこの型になってしまう)。ダイワスカーレットは騎手のレースプランに忠実に従う事が出来る馬。相手なりに勝つ為に必要な脚を使って勝利を目指す事が出来る馬。純粋に中距離におけるスピード能力だけならサイレンススズカの方が上かもしれませんが、抑えが効き、騎手の指示に対して従順という意味で、レース後の馬のダメージ等を考え、且つ複数のレースを使うという前提ではダイワスカーレットを上に取れるような気がします。

そんな馬が今回は有馬記念に出走。
それでも、年末の中山2500mという条件を考えれば、もしマツリダゴッホが去年と同じ状態で臨んで来るならこの馬には勝てないと思います。

先に期待出来ない材料。
去年2着になりました。目標レースを含めた秋3戦をこなし、その後での有馬2着は立派。
しかしながら、マツリダゴッホは完全な圧勝。メイショウサムソンはジャパンカップで従来のスタイルを崩すレースをし、馬が先行出来ず。ポップロックは1年間レースを使い過ぎた上に、天皇賞→JC経由、余力が残っていませんでした。ダイワメジャーは本質マイラー。
繰り上がって2着に入った印象もあります。

年末の有馬の条件はこの馬にとって向かない条件。年末の中山の芝はスピードというこの馬の長所が活かしにくいもの。加えて、コース形態からロングスパートの上がりのかかるレースになりやすく、底力勝負では牝馬はやはり不利。この馬の必勝パターン、溜めて最後の瞬発力を発揮するというスタイルも取りづらくなります。

次は期待できる材料。
この馬はスピードが勝った中距離馬だと思っていますので、京都外回りや東京コースなら2200mくらいがベストディスタンスとしてはギリギリだと思っています。(東京なら2000mまで。) JCに出てきたら嫌う予定でした。
今回は小回りのコーナー6回の中山。ベストとは言えないものの、コーナー毎にスピードを落とせる為、2500mでも勝負出来ます。
加えて、脚質的に同型の馬がおらず(コスモバルクの暴走がなければ)、楽にレースをコントロール出来そうな事。そして、馬の「格」として考えた時、この馬の同等と言えるような馬が出走していない事。(マツリダは単なる中山専用馬?) はやい話が、あまり強い馬が出てきていないという事。この2つはかなり大きな要素です。
更にはマツリダゴッホがジャパンカップでほとんどピークと言えるほどのデキであった事。

「マツリダゴッホに勝てない」と書きましたが、それは「去年と同じ状態で臨んで来るなら」という条件が付きます。展望2の最後に書いたようにこの条件はちょっとあやしいような気がします。

そして今日枠順発表。マツリダゴッホは外枠!昨日の記事で内枠に入ったら、と書きましたが外目の枠に。インにベッタリに付いて回って来て3角から進出されたら去年の状態になくてもかなりの確率で勝ってしまうと思いましたが、外枠ならば・・・?
先週も内を通った馬が勝ってますし、内が悪くないという意識はどの騎手も持っているでしょう。マツリダをインに入れてロスの無い競馬をさせてはいけないという意識もあるかもしれません。
この枠順で少し面白くなりました。
ダイワスカーレットは持っているスピードが他の馬とは違うので楽に先手が取れます。枠順は関係ありません。

最後にもう一つ期待できる材料。


昨年とはパワーは格段に違います、だから馬力があり過ぎて・・ということがどう出るか、とにかくリラックスして走って欲しいですね。

これはこのレースの臨む安藤騎手のコメント。
牝馬を褒めるコメントとは思えません!!
中山の力の要る馬場でもOKという事なのでしょうか?このコメントには驚きました。本当なら上の期待出来ない材料が一つ減ります。
去年のレースを見て、繰り上がって2着という印象と書きましたが、馬が最も充実する4歳のレース。去年よりスケールアップしていると考えてもいいかもしれません。天皇賞の走りを見る限り信憑性があるような気がします。

かなり負担のかかるレースになった天皇賞の反動は正直不安ですが、これだけの能力を持つ馬が、しかも競争馬として最も充実するはずの今年、まだ2戦しか走っていません。
秋も天皇賞と有馬記念の2レースのみに絞っておりレースに勝つという視点ではこの使い方にも好感が持てます。
個人的にも牝馬ながら、中距離最強馬の1頭ではとまで思っているほどの馬なので、間隔も取りましたし、反動は出ないのでは。
歴史に残る名牝がそれも一番充実する年に3レースのみ。全て勝ってもおかしくはありません。前走負けたのはライバルの「同厩舎」の馬の「奇襲」の為。

展望2とは随分トーンが変わっていますが、安藤騎手のコメント、マツリダゴッホの枠順もありかなりダイワスカーレットに魅力を感じてきています。
去年はマツリダに明らかな完敗。
臨戦過程で言えば、去年、マツリダはJCをスキップ、目標の有馬に向けてグングン調子を上げてのレース。今年はJCを使い、そのJCでかなり仕上がっている。対するダイワは去年は目標レースを終えオマケの有馬。今回は目標の有馬。しかも1年でまだ2レース。
年齢的に考えても3歳と4歳を比べれば、斤量負担の差を考えても前進は明らか。
逆転もあるのではないかと。


« 有馬記念の展望2 マツリダゴッホについて | トップページ | 有馬記念の展望4 出走各馬について »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしてます(◎´∀`)ノ

いつもながら鋭い洞察力恐れ入ります(・∀・)イイ!

私もダイワスカーレットが勝つ!!!と
信じてます( ̄ー ̄)ニヤリ

なぜなら3歳時に有馬で3着以内に来た馬が
翌年の有馬に出走したケースが過去5頭いて
全て勝ってますヽ(´▽`)/

しかも5歳以上の馬は過去10年勝利なし!!

なので1着ダイワ 2着マツリダ 3着???と
予想してます

正直3着はわかりません。。。
馬連もしくは、オッズ次第ではダイワ⇒マツリダの
馬単1点で勝負しようと思ってます( ̄▽ ̄)

ラストをサクッと当てて、よい新年を迎えたい
ですね( ^ω^ )

こんばんは。
歳三と本命が一緒のなれたのはかなり楽しみ。サクッとヒットさせましょう!!!
歳三さんは男の一点勝負ですか!
安勝が中山2500をどのように乗るのか興味深いところです。
レースが待ち遠しい!!!

ダブルヒットで今年を締めくくりましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/26497964

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念の展望3 ダイワスカーレットについて:

« 有馬記念の展望2 マツリダゴッホについて | トップページ | 有馬記念の展望4 出走各馬について »