2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 鳴尾記念の予想 | トップページ | ジャパンカップダートの予想 »

ジャパンカップダートの展望

今回のジャパンカップダートは阪神の1800m。ジャパンカップと週をずらしてくれた事は予想をする方にしてみれば有難い事ですが、ダートNo.1を決める舞台は東京2100mの方が説得力があるように思えます。重賞すらない阪神のダート1800でこれまでにないハイレベルなメンバーが揃い、かなり流れが速くなる可能性があります。穴なら差し馬でしょうか?

まず予想する上で厄介なのがよく分からない外国馬。今年もアメリカから3頭が参戦。今回の阪神1800ではこれまでと違って速い流れが予想されるので底力、スタミナに優れるアメリカ馬が活躍してもいいように思えますが、今回は全馬切ります。来たら仕方がないという事で。
一概にダートと言っても日本とアメリカではダートの質が全く違います。土のようなダートで走る血が求められます。結果として、たまたま日本のダートに適性が高かったという事もあるでしょうが、考えても選別は出来ませんし、可能性としても低いと思います。

それ以上に今回嫌いたいのが右回りのレースになる事。
アメリカの競馬はほぼ全てが左回りです。今回の3頭は右回りのレースを1度もしていません。阪神ダートは最初のコーナーが東京に比べキツイ曲りになってますし、初めての右回りのそれもレベルの高いレースでベストパフォーマンスが出せるとは思えません。
世界でも上位と言えるような馬なら一考する価値がありますが、左回りしか経験していない馬が阪神のJCD。今回は早々に全馬消しです。



そんな訳で今回は日本馬13頭立てのレースとして予想。
今回2番人気になっているサクセスブロッケン
この馬3歳馬ですが、現時点ですでにかなり強いんじゃないかと感じています。
スタミナ、底力は抜けて強い印象。ただ、決め手という意味では少し物足りない感じがします。シンボリクリスエスの仔だそうで一貫して締まった流れを押し切るようなレースならかなり強い競馬ができそう。
前走のJCBクラシック。スタート今一歩。それから強引にハナに立ちます。道中はフリオーソに突っ突かれますが落ち着いて自分の走り。この2頭の後ろの絶好の位置にヴァーミリアンが付けます。3コーナー辺りから早めにヴァーミリアンが外からガンガンに手綱をしごいて捲り上げますが、ブロッケンの手綱は動かず。4角過ぎからヴァーミリアンを待つようにしてから追い出し。結果首差の2着。
世間の評価ではヴァーミリアンにねじ伏せられたという事になりそうですが、この差は単に決め手の差ではないかと。もう少し早めに動き出して「抜けて何処まで」をやったらどうだったでしょう。
圧勝のジャパンダートダービー、ユビキタスを子供扱いに5馬身引き離した端午Sを見てもこの馬の強さは尋常ではありません。
メンバーが弱かった為に結果的に圧勝になったヒヤシンスS。直線の長い東京だから圧勝になりましたが、先頭付近で競馬出来ない時は前を残してしまう事がありそうな馬です。先頭付近の位置取りは必須。

この馬が勝つ為に不安なのが鞍上横山騎手。エリザベス女王杯の回顧で少し辛辣な事を書きましたが、また受ける競馬をするような気がします。JCBクラシックでヴァーミリアンに負けた事から対策を立てるとしたら先に行ってしまう事が最善だと思いますが、どうでしょうか?今回はシルバーコレクターとしての働きに期待する事に。

つまらない予想になりますが、勝つのはヴァーミリアン
この馬を2,3着付けにしたかったのですが、1着付けの本命に。特に書くこともないでしょう。コース形態、レースの流れによって自在に位置取りを変える事が出来、しかもしっかりした決め手を持っている馬。この馬は武豊騎手に合っている馬だと思います。
その意味では今回の乗り替わりは少し不安ですが。
6歳の終わりという事でそろそろピークを過ぎる時期に入りつつありますが、このレースまでは。

1、2番人気馬に重い印打つことに・・・・。代わりにと言っては何ですが、3番人気のカジノドライブ、4番人気のカネヒキリは積極的な消し。

カジノドライブ。
「測れない馬」です。物凄く強い可能性も(少し)あります。
新馬戦圧勝も弱い相手に緩い流れを楽逃げして圧勝。アメリカでの2レースは強い勝ち方をしていますが、いきなりの強いメンバー、厳しい流れでどうかは大きく疑問。たとえばベルモントSに出走していて好走出来てこの人気なら納得いきますが、このメンバーに入ってこの人気はいくらなんでも。
楽勝続きだったこの馬がBCクラシックで手ひどい洗礼を受け、この次のレースという事で精神的にどうかも不安材料。

カネヒキリ。
順調なら現在ダート界のトップに君臨しているヴァーミリアンさえも凌駕する馬。長期休養は本当に残念。一番競走馬として重要な時期に長期離脱した事の代償は相当大きい
競走馬がこれだけの長期休養をして復帰が難しいのは当然ですが、復帰2戦目でメンバーが揃ったダート界の頂点を決めるレースというのはちょっと酷。
この馬は3歳ですでにダートの頂点にまで登り詰めた馬であり、成長の度合いが早かった可能性もあり、長期休養云々ではなくピークを過ぎている可能性もある。

この2頭と続く5番人気の外国馬も消しなので、人気馬2頭に重い印でも当たれば少しは配当が期待出来そう。

積極的にヒモで拾いたい馬は、サンライズバッカスメイショウトウコンワイルドワンダーブルーコンコルドフリオーソ

消極的にアドマイヤフジ

« 鳴尾記念の予想 | トップページ | ジャパンカップダートの予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

ジャパンカップダートで検索して来ました。

私もジャパンカップダートをブログで予想しました。よかったら覗いてください。

http://blog.goo.ne.jp/fukufuku1218/

ふーちゃんさん、はじめまして。
阪神1800でジャパンカップ。どんな流れでどんな結末が待っているのか、新旧ダートのスターホースの対決の含め楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/25973531

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップダートの展望:

» 【競馬】ジャパンカップダート予想 [にたろうの退屈な日々]
前哨戦のJBCクラシックでサクセスブロッケンに快勝したヴァーミリアン。斤量差が1キロ→2キロに広がってますます有利か。しかも鞍上が武豊→岩田。これはかなり上積みが大きそう。休み明けの反動がなければ力の差を見せつけそうだなあ。相手筆頭はやはりサクセスブロッケンかな。堅い予想やw。ダートは血統分析してもしゃあないので外国馬はさっぱりわからん。けれど毎年のようにハイペースを演出するのも外国馬。サクセスブロッケンがハイペースに巻き込まれるようだと展開的に厳しくなるかもしれない。スタミ...... [続きを読む]

« 鳴尾記念の予想 | トップページ | ジャパンカップダートの予想 »