2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ジャパンカップの予想と土曜のレース選択について | トップページ | 鳴尾記念の予想 »

ジャパンカップの回顧

ジャパンカップは意外な結末に。
アサクサキングス以下の人気の馬はほとんど最初から切りだった為検討すらしていない始末。上位人気馬の順番付けに予想のほとんどの時間を費やしましたが、全くノーマークのスクリーンヒーローが勝利。

レースはウォッカが内枠を利して楽に飛び出し先頭に。ネヴァブションらを先に行かせ前に馬を置き折り合う事、脚を溜める事に専念。マツリダゴッホはほぼ同じ位置。ディープスカイは想定通り中団、サムソンは終始ウォッカの後ろのイン、アサクサキングスは外枠なのに前に行けず後方の外を追走・・・。向正面で位置取りを上げに行くがこんな競馬では早々と望み薄に。
ウォッカはやはりスローの流れの中で行きたがる素振りを見せるがこれは十分に許容範囲。1000m通過が1分1秒8!!その後もレースが動き出す感じではなく4コーナーを迎える、依然ウォッカは3番手のインで前に馬を置き脚を溜めている。この時点で正直勝ったと思いました。
これだけスローになるとサムソンやマツリダには分が悪く、決め手のあるウォッカとディープで決まるだろうと。

4コーナー過ぎでウォッカのスパッと加速して抜け出すシーンを想像していたのですが、ここでの加速が案外。サムソンは最内を突くがサムソンらしいグワッとくる感じない。マツリダが楽に先頭に、押し切ろうという競馬ではなく大事に乗っている。ウォッカの岩田騎手はマツリダのインを必死に追い、外からディープが伸びて来る。
この3頭で決まるかと思ってよく見るとマツリダとディープの間にいい脚色の馬が・・・、実況がスクリーンヒーロ!!と叫ぶ!
そのまま押し切ってゴール。(??)←事態が飲み込めていない。

勝ったスクリーンヒーロー
スローとは言え、東京2400mのジャパンカップで、当然勝ちに来たであろうウォッカ、ディープスカイを抑えて押し切ってしまうのだからフロックでは無い。ウォッカ、ディープに厳しいレースになった天皇賞の疲労が多少あったにしても彼らに有利な瞬発寄りのレースでこの2頭に勝った事は評価すべき。
3歳時はラジオNIKKEI賞、セントライト記念でロックドゥカンブに子供扱いされた馬。長い休養を挟んだ後もあまり強くない馬としかレースをしておらずとても評価出来ない馬でした。
休養を挟み馬がかなり成長していたものとしか言えないのですが、斤量53キロでのアルゼンチン共和国杯を見てもジャパンカップで勝負になるとは思えませんでした。
完勝したアルゼンチン共和国杯と今回のレースを比べてみても全く違ったラップ構成のレースですし、この両方を完勝してしまうと実力を認めなくてはいけないでしょう。有馬に出て来るなら厄介な存在です。
これまでのレースはメンバー落ちのレース。ジャパンカップはウォッカ、ディープはあの天皇賞の次走、マツリダは勝負は次、サムソンはこれまでのサムソンではないとも考えられるレースですが、これまでの先入主をふり払って違う馬としてこの馬を見直さなくてはいけないのかもしれません。東京2400m、しかも多くの実力馬が目標にするジャパンカップでマグレはあり得ないので。
有馬に出るなら有馬は時計の掛かる芝、コース形態から必ず上がりが掛かる競馬になります。今回の上がりが34.0秒、その前が33秒台を2レース。更に、今年は8月から間隔空けずに使い詰め。(その前はタップリ休んでいますが。)人気になった時に限っては疑っていいかも?
最後にさすがデムーロ騎手!

2着ディープスカイ
4角でのウォッカが案外で、直線で外からのこの馬の脚を見た時はこの馬で決まったと思いました。
これだけ緩んだのならもっと爆発力のある脚が繰り出せてもいいように思うのですが。(そう思うのは来年への大き過ぎる期待からか?)
この馬にとって初めての経験となる対古馬戦、厳しい流れのレースになった天皇賞の影響が少しはあるでしょう。
これは憶測で多分正しくないと思いますが、楽なメンバーである菊花賞を蹴ってダイワスカーレットとウォッカのいる2000mの天皇賞を選びました。NHKマイルも圧勝した馬。本質的に2000mくらいがベストの馬なのではという考えも浮かびます。

3着ウォッカ
予想の時に書いた期待した通りの競馬を岩田騎手が実践してくれました。
これで負けたら納得です。それにしても4角でのパフォーマンスは意外でした。この馬はもっと圧倒的な加速力を見せるはずなのですが。
もっと締まった流れになった時に、2400m以上の適性を求められ、対牡馬で牝馬を弱みを見せる、または前走の多少は残るダメージの蓄積が影響する。こんな時がこの馬が負ける時だと思っていました。
このスローの流れで、しかも前で脚を溜める絶好の位置での競馬で4角での不発ぶりは前走の勝利の代償でしょうか?懸念材料として展望で書いたマイル寄り、高速寄りのレースを繰り返したきた事も影響していると思います。
それでも最後盛り返しての3着は立派。化け物級の名牝である事に疑う余地はありません。
この後有馬に出て来るなら「消し」になります。
有馬は回避して来年に備えた方がいいと思いますが。

4着マツリダゴッホ
調教の映像を見て、あまりの状態の良さに予定外のこの馬の1着馬券も追加しました。
この馬の今の力量、底力、今回の状態の良さを考えれば直線抜け出して押し切りを狙う事も可能だったと思いますが、やはりこのレースは有馬への叩き台。蛯名騎手が大事に乗りました。
スローのレースで4角先頭、そこから大事に行ったのでこの馬の特性を考えれば当然の最後の斬れ負け。それでも差の無い4着は立派!!
天皇賞が先行馬に非常に厳しい流れになった事を考えるとオールカマーと有馬の間にジャパンカップを選んだ事は正解になりそう。
有馬記念では人気必至ですが、まず勝ち負けになるでしょう。理想的なステップレースになりました。
敢えて心配事を挙げれば、今回の状態があまりに良さそうだった事。

5着オーケンブルースリ
ちょっと直線狭い所に。直線で横にいた勝ち馬に楽に先に行かれ併せる馬を変更。追い出して反応が鈍かった事が敗因。
エンジンがかかってからは良く伸びましたが時すでに遅し。
有馬では余程厳しい流れにならない限りこの反応の悪さでは強い先行馬マツリダゴッホがいる以上勝ち負けは難しいと思います。
来年は楽しみな馬。更に成長してどんな馬に変わっているかが楽しみです。特に長い距離のレースでは!

6着メイショウサムソン
4角で団子になりウォッカの後ろから一気に進出出来ないレースに。スローからの斬れ勝負では前にいないと分が悪い馬です。それでも最内を突き「らしい」レースだったと思います。
力の衰えはありそう。去年この位置で競馬出来ていれば・・・。
有馬記念にもう一度このコンビが見たいと思っています。

« ジャパンカップの予想と土曜のレース選択について | トップページ | 鳴尾記念の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

今回はデムーロにしてやられました(´;ω;`)
私もターフビジョンを見ながら???
まったく事態を把握出来てませんでしたよ~

てか実況が入らないので名前が分からず
ず~っと外国馬かと思ってました(・_・)

レベルが低いと見られている現4歳牡馬ですが
よもやこんな所に大物が隠れていたとは・・・

他にも隠れた大物を発掘する術がないか
探してみますよキョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

格上挑戦のパターン以外にも色々ありそうな
気がしますんで( ̄ー ̄)ニヤリ

隠れた大物発掘したいですねー。
発掘する目を持ち合わせていなのが痛いところですが・・・。
現地ではスクリーンヒーローが1着で駆け抜けた後、一瞬ポカーンとなった人は多いのでは?
こんな意外な馬がジャパンカップを勝ってしまうのも競馬の醍醐味ですね。

ターフビジョンに1着の馬が大映しに!まさに「スクリーン」(NEW)「ヒーロー」の誕生でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/25819228

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップの回顧:

» 競馬予想ブログ|競馬投資の未経験者でも、全く同じ結果になる事をお約束します! [競馬予想ブログ]
3日間で黒字が出なければ10万円差し上げます!■ 競馬投資未経験者の方でも■ 馬の名前を知らない方でも■ 未だ競馬投資で一度も黒字になったことがない方でも■ 借金があり用意できる競馬投資資金が3000円程度しかない方でも■ ギャンブルが大嫌いな方でも全く同じ結果になる事をお約束します!この後は競馬投資で本気で勝ちたいと思っている方だけがお進みください。... [続きを読む]

« ジャパンカップの予想と土曜のレース選択について | トップページ | 鳴尾記念の予想 »