2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 有馬記念の予想 | トップページ | 今年1年の競馬について   »

有馬記念の回顧

今年の有馬記念は◎ダイワスカーレットが圧勝。例年に比べ「小粒な」メンバーだったこのレースで「格」の違いを見せつけました。

問題はマツリダゴッホ

外外を回され「差し」の競馬にならなければ馬券圏内はかなりの確率かと。

と書きましたが、今回はまさかの後方からのレースになって、しかも外外を回っての「差し」の競馬。これではもう論外のレース。更には、折り合いまで欠いているようにも見えました。懸念通りジャパンカップで仕上がっていて状態が下降線を辿っていた可能性があります。
ジャパンカップにピークが来ていて今回のレース状態面に問題があったにしても、この馬のスタイルを守ったレースをしてもらいたかったのです。

レース途中からは

「夢馬券」。(とは言っても結構期待している馬券。)
エアシェイディの3着付け馬券。

に期待するしかありませんでした。
ダイワ1着、エアシェイディ3着の3連単の「夢馬券」・・・・・・・。

ダイワは直線に入って突き放しどうやら勝てそう。スクリーンヒーローがこれに続く、そしてエアシェイディは中々の伸び。ここでオッと思ったのですが、大外からビリ人気のアドマイヤモナークがかなりの脚色!

結果、アドマイヤモナークが2着、エアシェイディがドリームジャーニーを鼻差凌いで3着。
1着、3着はその通り入りましたが、2着が買ってないアドマイヤモナーク。3連単98万馬券ですか・・・。「夢馬券」はビッグな夢を追わないと・・・?(笑)。

アドマイヤモナークは馬場が悪くて力の要る芝だった今年の日経新春杯、最後全馬相当上がりかかるレースでしたが、そのレースを圧勝。今回は力の要る馬場、上がりのかかるレースという事で近走に比べ条件好転の馬。
それでもその後の中山2500mの日経賞で3着とは言え、マツリダゴッホにぶっちぎられていた馬。今回は大外枠。京都の外回りならともかく、有馬記念で外を回して馬券に届く馬とは思えませんでした。
しかし、レース後ちょっと考えてみると、この馬は1年前の冬場の長い距離のレースを短い間隔で使い詰めていた馬。3戦目の日経新春杯と4戦目のダイヤモンドSを勝利。5戦目の日経賞の頃には余力が無かったのかなと。日経賞の評価を誤ったような気がします。それでもやはりこのテの馬は有馬記念では買えなかったと思います。

今回はダイワがレースを支配し、それも相当強い競馬。

6.9 - 11.2 - 11.9 - 11.2 - 11.9 - 13.0 - 13.2 - 12.4 - 11.5 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 12.7

ダイワが引っ張ったので前半かなり速い流れ。にもかかわらず、カワカミプリンセスアサクサキングスメイショウサムソン辺りはあまり差が無くこれに続く。
前半これだけ速い流れに付いていってしまうと、名馬ダイワスカーレットに準ずるような力量を備えていないとかなり厳しいレース。結果的にダイワを追いかけた馬は馬群に沈む事になりました。

先行馬に1頭非常に強い馬がいると、これに勝負を挑んだ馬が潰れて、後方からの馬が利を得る事がありますが、有馬記念でこれが起こるとは。今回の有馬記念が例年に比べ「小粒」なメンバーの揃ったレースだった事を物語っていると思います。

2~4着は後方からの馬。展開が向きました。
それでもアドマイヤモナークは最後方から大外を回して2着になった事は驚き。力の要る馬場に適性があり、長距離重賞も勝っている馬。この辺りの適性があった事が大きかったと思います。ダイワスカーレットという圧倒的な存在とそれに伴う展開を読みきってこの後方からの馬に重い印を打てた人は本当に凄いと思います。

エアシェイディはいいレースをしました。アドマイヤモナークと同じで馬場への適性があった事が大きなアドヴァンテージになりました。
スクリーンヒーローと隣り合う形でレースをしていましたが、スクリーンヒーローは早めに動き出して勝ちに行く競馬。これに対して後藤騎手は付いて行かずに仕掛けを遅らせました。この判断が正解でした。

5着のスクリーンヒーローは勝ちに行って最後一杯になっての5着。ダイワには全くの完敗ですが、他のこの馬を負けした馬は後方からの馬。それほど悲観するような内容ではないと思います。差も僅かですし。

最後にダイワスカーレットはとても強い競馬。そして安藤騎手の見事なレースマネージメント。楽に先手を取れるスピードに違いを見せ、外枠の不利を無くし、速いラップで逃げますが、途中しっかり13秒以上のラップを2つ挟んでいます。この事で終いの脚も確保し、勝利を決定付けました。
歴史に残るような馬がそれも一番充実する年に3レースのみ。仕上がりも万全だったでしょう。それでもスピードが勝った馬がこの距離の、力の要る芝の、上がりの掛かるレースで圧勝。ベストの条件でないレースでこれだけの圧勝。この馬のスピードを活かせる条件でレースをしたらどんなレースになるのでしょうか?安藤騎手が去年とはパワーが段違いと言っていましたが、その通りだったようです。去年の段階ですでに超一流馬でしたが、今年は更にスケールアップしています。
天性のスピードを持つ馬にパワーも備わりました。底力も非凡!!来年は是非海外レースの大きい所を目指して欲しいと思ってしまいます。

« 有馬記念の予想 | トップページ | 今年1年の競馬について   »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした(o・ω・)ノ

マツリダとスクリーンが一緒に上がってきた時は
10万の夢を見たのですが・・・
まさかのどんでん返し。。。

けど、なぜか清々しい気分です( ̄▽ ̄)

強いと信じた馬が予想通り強い競馬をしてくれた
天皇賞(秋)といい今回といい、
本命に出来た事を誇らしく思います(・∀・)ニヤニヤ

さてさて気分を仕切りなおし
来週は中山金杯に初参戦してきま~す( ̄ー+ ̄)

いいレースが見れましたね。お互いに馬券は残念ですが、強いと思った馬が圧倒的な強さを見せた気持ちのいいレースでした。
強過ぎた分予想外の決着になりましたね。

私もメッチャ久しぶりに中山金杯はPATではなくWINSで馬券を購入する事になりそう。
年明けから力の入る1戦になりそうです。

はじめまして。
いつもブログを楽しく拝見してます。

有馬は本命ダイワ・対抗マツリダ・単穴エアと
タマルファイさんと似た予想となってました。

それだけにマツリダの走りは残念でした。エアに注目していたのに、対抗まで印をあげられなかったことを悔やんでいます。

それでも、ダイワスカーレットの走りと自分の予想には納得です。

これからもブログ楽しみにしてます。

ありがとうございます。
手前勝手な事を書き綴っているだけのこの駄ブログに対して楽しみにしてくださっているとは、身に余る有難いお言葉!

有馬記念はいいレースでしたね。
それだけにマツリダゴッホの走り、ほとんど最後方からの競馬になってしまったのは残念でした。p.donさんと同じくマツリダも重く見ていたのでダイワとの4角での攻防を見たかったのですが。
エアは7歳馬とは思えない充実ぶりですね。

今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/26585911

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念の回顧:

« 有馬記念の予想 | トップページ | 今年1年の競馬について   »