2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« エリザベス女王杯の回顧 「割のいい稼ぎ場」 | トップページ | マイルCSの予想  狙いは前で »

マイルCSの展望

今週末は3日間開催。土曜が東京で2歳馬重賞、日曜が京都でマイルG1そして月曜は荒れる福島のハンデ戦の重賞が組まれています。

マイルCS
一番人気になりそうなのがスーパーホーネット
ウォッカに勝った馬として過剰人気も考えられます。最近連を外したのは前走で強さを見せ人気を背負ったG1の高松宮と安田記念。ロドリゴデトリアーノ産駒がマイルG1で1番人気!!(前走好走後の人気で迎えたG1でポカをしそう?)しかもG1勝ちのない藤岡祐介騎手が鞍上。
このようにも言えるのですが、残念ながら、今回この馬はかなり有力で順当にこのレースを勝ってもおかしくないと思っています。
前走の毎日王冠はレベルの高いレース。ウォッカが開幕週の馬場を利しての積極策。最後の4ハロンが 11.5-10.5-11.3-12.0
逃げて後ろから3つ目で10.5秒、次が11.3秒。馬場を考えれば普通はココで勝負アリです。次に目標の天皇賞をひかえたウォッカが仕上げ切っていなかったとしてもこれを差し切った事は大きく評価出来ます。ウォッカを目標にレースをし、都合のいい事に内枠だった事を考慮に入れてもこの評価は変わりません。

去年のこのレースでも強い競馬をしました。勝ってもおかしくない強さを見せましたが前で非常に巧く乗った安藤騎手にやられた感じがします。京都の外回りのマイルはこの馬にとってベストとも言えますし、この条件では藤岡騎手もなかなか巧く乗ってくれます。
このコンビも長いですし、しっかり結果も出しています。藤岡騎手の関西圏のレース、特にマイル近辺の回収率を見るとなかなか優秀です。外回りのコースになると回収率100%をを超えているものが多く、つまりは実力より軽く見られている傾向があります。
彼は去年重賞を5勝、今年はこれまでに4勝しています。6頭の馬での9勝です。距離は芝の1400,1600,1800,2000mでのものです。騎手としてマイル近辺の芝レースに限ってはすでに一流といっていい実績。初めてG1を狙える器の馬を自分の馬にして、この馬に多くのものを教わったと思います。今回の京都外回りG1をスパーホーネットで取る!まさに人馬共に「頃合い」だと思います。

この馬も人気でしょうが、ローレルゲレイロ
外国馬はまだ検討していませんが、決め手勝負なら位置取り、末脚を考えておそらくスーパーホーネットが一番。この馬を負かすなら最も考えられるのが前で巧く立ち回った時のローレルゲレイロだと思っています。
前走は逃げたマイネルレーニアが質の高い、強い競馬をして勝利。これを追走したローレルゲレイロが半馬身差の2着。評価すべきはこれが高松宮以来7か月ぶりのレースだった事。このレースの反動が無ければ。

そのローレルゲレイロにか勝ったマイネルレーニア
スワンSは強い競馬で本格化を思わせるもの。その前のポートアイランドS、阪神外回りマイルでのレース。圧勝しましたが、道中緩む逃げ馬に向く楽なレース。G1で楽逃げは望み薄、1400なら強い馬だと思いますが、G1の流れでマイルがもつかどうかはやってみないと分からないような。買いたい馬ではあります。

以上、3頭は買いたい馬。

以下は人気になりそうな馬で嫌いたい馬。

スズカフェニックス
長らく短距離路線のトップクラスにいた馬ですが、その能力にもついにかげりが。
1200m以上の適性を問われる事になった高松宮でG1を取りましたが、この馬のピークは馬インフルエンザに邪魔されたような気がします。能力的にはG1を2つくらい取ってもいい馬と思いますが、取れなかった事は馬インフルエンザの他に、この馬のベストは1400mでは?という思いがあります。能力の高い馬なので1800でも相手によってはこなしてしまいますが、メンバーが揃うマイルG1などではいいところまでは来るけれど前の馬を差し切る程ではない。レベルの高いレースになるほど純粋な距離適性が出ます。マイルは少し長いのでは?
今回は京都のマイル、力も少し衰えている、応援したい馬で最後の輝きを見せて欲しいと思いつつも今回は消しか良くても3着の評価。

マルカシェンク
マイルの適性は高い馬です。関屋記念の末脚は極限のモノ。前走の惨敗はこの極限の末脚の影響。人気がなければ買い目に入れてもいいのですが、関屋記念のようなレースで差し切れるほどG1は楽なものではなく、状態も疑問、精神面も疑問。

カンパニー
毎日王冠では◎、それ以前も何度も重い印を打ってきた馬ですが、G2、G3でメンバーが弱くならない限り今後重い印を打つ事はなさそう。
ベストは1800mだと思っています。1400mのG1があればスズカフェニックスにチャンスがあったように、1800mのG1があればカンパニーにチャンスがあったと思います。1600,2000mになるとレースの質が高ければ甘さの出る馬と考えています。
前走の天皇賞は後方から1頭だけ内を突いて(個人的にはかなりくやしい)ハナ差の4着。勝ちをもぎ取れる競馬ではとてもありませんが伝説的なレースでよく走りました。
1頭別な競馬をしたので勝ちに行った馬に比べれば負担は少ないと思うのですが、休み明けのレースを大幅馬体減で迎え、伝説に残るようなレースでかなり走りました。年齢的な事を考えてもこのレースで大きな期待をかけるのは酷。天皇賞が最後の競争馬としての輝きにならない事を願いますが、天皇賞4着が評価されて人気になりそうなこのレースは期待しません。
京都の外回り自体は合うと思いますが。

« エリザベス女王杯の回顧 「割のいい稼ぎ場」 | トップページ | マイルCSの予想  狙いは前で »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/25519059

この記事へのトラックバック一覧です: マイルCSの展望:

« エリザベス女王杯の回顧 「割のいい稼ぎ場」 | トップページ | マイルCSの予想  狙いは前で »