2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 天皇賞(秋)の展望  最強の称号、確立された競馬のスタイルを持つ者 | トップページ | 天皇賞(秋)の予想 »

天皇賞(秋)の展望 2  好調期?

展望でダイワスカーレットについて長々と書きましたが、実は去年のレースでは、サッと先行して中盤緩め、終いの斬れる脚で勝つこの馬を強いとは思えず、嫌い続けました。
結果はご存じの様にエリザベス女王杯まで連勝し、有馬でも2着。完膚なきまでにやられた訳です。
元々、先行出来る馬を重視する予想スタイルでしたが、先行出来てレースをコントロール出来る事の優位性、競馬のスタイルを持っている事の強みをこの馬に教わったような気がします。

最近になってこの教えを受けた事が結果に表れてきているのか馬券も好調です。

 

Uma_3 ←クリックすると拡大されます。

        

  

実馬券は生生しいのでウマ二ティという架空馬券の買えるサイトでのものです。気楽にいろんなレースが買えて、結果も集計されるので競馬力を磨くのにいろいろ役に立ちます。しかも無料ですし。
開催毎に集計されますが、今開催もプラスで終わりそうで5開催連続でプラス収支。菊花賞で大きく当てたので今年の収支がプラス68万。残り2か月なのでおそらく2年連続プラス収支も確定。
(実馬券は観戦料程度にしか買いませんので、プラス分はもっと少ないです。)
参加してすぐにビッグヒットがありましたが、ダイワスカーレットを目の敵にしていた頃はなかなか思うようにならず負け続けましたが、この馬の強さが分かるようになって、なんとなくですが、馬券のスタイルが出来てきたような気がします。

さて、天皇賞(秋)
その有難いダイワスカーレットですが、現在、ウォッカとほとんど差のない2番人気。これは意外でした。骨瘤の長期休養明けで、木曜の調教後の馬体重は512キロ(前回の記事を書いた時には見ていなかったのですが勝負レースにしては重すぎると思います。名馬と呼ばれる程の馬は生涯馬体重の変動が僅かなものとも思っています。)、休み明けのレースで結果の出ている厩舎という訳でもありませんし。
展望に書いた、「割の悪い」感が一層強まります。
連対し続けたレースで軽視し、初めて連を外したレースで◎を打っていたという事になりそうな予感も。

展望では2頭の事しか書いていないので、その他の馬の事を。

人気順に、まずはディープスカイ
鞍上はウォッカには負けたくないでしょうね。この馬は毎日杯からNHKマイル→ダービーと余裕があるので問題ないかもしれませんが、やはりNHKマイル→ダービーは間隔から考えても無理があるような気がします。更に力を付け、万全の状態で挑んでこそはじめて勝負になる馬だと思っています。おそらくこの後、ジャパンカップ、有馬と向かうと思われ、一番の勝負は同じ東京2400mのダービーで強さを見せている馬なのでジャパンカップなのでは?
当然菊花賞を蹴ってまでココを選びましたし、マイルG1を勝つほどスピードも持つ馬で、3歳では抜けた力を持つ馬なので通用してもおかしくはありません。しかしながら、3歳世代があまり強さを感じませんし、そのトップがどれだけやれるの?とも思っています。

ドリームジャーニー
充実の4歳馬で怖い馬です。本格化したと言っていいレースぶりです。この馬の強みはコーナリングが巧く、それのスピードを直線に繋げられる事だと思っています。大外枠も後ろから行くこの馬には影響は少ないかもしれませんが、今回はダイワスカーレットが主導権を握るスピードレースで外を回して差し切れるほど甘くはないと思っています。
小倉で天皇賞が行われるなら本命にしますが・・・・。

アサクサキングス
この馬も四位騎手の馬ですね。四位騎手は負けたくない馬です。終いの斬れが足りない馬ですが、スピードの持続力はかなりのものです。だからこそ菊花賞を取れた馬です。
斬れ不足の為、勝ち切るのは難しいですが、能力は高く、最内枠を引きましたしウォッカとダイワスカーレットが前でレベルの高いレースを演出すれば、距離ロス少なく走れて、持続力のあるこの馬の台頭は十分に考えられます。

タスカータソルテ
この馬は人気し過ぎていると思います。札幌記念の勝利が高評価に繋がっていると思いますが、このレースはコンゴウリキシオーが無理なペースでレースを引っ張ったのでレコード決着に。先行馬に厳しいレースで、加えて強いマツリダゴッホが先行押し切りを図ったレース。前はこの馬にきれい掃除される形に。進出して行くマツリダを目標にした馬にも厳しいレース、恩恵を受けたのがタスカータソルテです。
マツリダゴッホに勝った馬という事になりますが、マツリダにとって押し切るには速い流れでしたし、休み明け、この2つの要素の分終いが鈍り、流れの向いたタスカータソルテが差し切れて勝てたと思っています。
マツリダ1着、フィールドベアー2、3着付けの馬券を持っていた者にとっては、この馬の差し切りは悶絶ものだったので良く覚えています。

サクラメガワンダー
この馬は積極的に買いたい馬です。関東圏で結果が出ていない馬でそこが不安点ではありますが、毎日王冠は休み明け、関東圏のレースで良く走りました。毎日王冠は時計勝負で内を通らないと勝負にならなかったレース。外側をよく伸びていました。宝塚も評価出来ますし、枠の良い、それでいて人気が無いので楽しみな馬です。勝つのは無理ですが、馬券圏内なら。

オースミグラスワンカンパニーはまとめて。
2頭とも前走毎日王冠をマイナス16キロで出走。オースミは新潟大賞典で極限の脚を使った後の休み明けで、カンパニーは◎でしたが休み明けでこの馬体重。毎日王冠は強いメンバーで内にいた馬が上位になる質のレースだったので外から来て5,6着のこの2頭は買いたいのですが、共に休み明けを馬体を減らしてのレースで上がり目があるかを考えると・・・・。

エアシェイディ
天皇賞はサンデーの良く走るレースし、前走全く走らず、人気が下がって内枠。長くいい脚が続かない馬ですが、レースの質によっては3着くらいならあるかもしれません。

ポップロック
去年レベルの高いレースを数多くこなしました。ピークは過ぎているかと。

アドマイヤフジ
毎日王冠3着。もっと人気になると思いましたが。毎日王冠は内を取った事が3着へと繋がりました。その点評価しずらいのですが、これだけ人気が無いなら。

« 天皇賞(秋)の展望  最強の称号、確立された競馬のスタイルを持つ者 | トップページ | 天皇賞(秋)の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/24932580

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞(秋)の展望 2  好調期?:

« 天皇賞(秋)の展望  最強の称号、確立された競馬のスタイルを持つ者 | トップページ | 天皇賞(秋)の予想 »