2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« マイルCSの回顧とジャパンカップの展望1 サムソン+石橋騎手 | トップページ | 京阪杯の予想 »

ジャパンカップの展望2 有力馬

展望1では思い入れの強い石橋騎手、サムソンのコンビに傾倒してしまいましたが、ここは冷静に。

ジャパンカップの枠順が発表されました。メイショウサムソンが1枠2番、ウォッカは2枠4番、ディープスカイは5枠9番。
メイショウサムソンは願ってもない1枠、迷いのない積極的な競馬が見れそうで楽しみです。勝ち負けは別にしても「サムソンらしい」競馬をするにはもってこい。
ウォッカは岩田騎手が去年アドマイヤムーンでこのレースを制した時と全く同じもの。岩田騎手ならおそらく中団、もしくは前目のインで脚を溜め、その溜めた脚を4角での圧倒的な加速力に転換しての抜け出し、直線ではこの馬の武器であるスピードの持続力で後続を封じにかかるでしょう。
ディープスカイも対ウォッカを考えればいい枠。内にいるウォッカを意識しながらレースが出来るでしょう。

いいレースになりそうな予感がします。

今回のジャパンカップは冷静に考えればウォッカディープスカイがかなり有力。
穿った見方をすれば天皇賞の激走の反動というものが挙げられますが、個人的にこの2頭はもう名馬として疑いようのないものと感じています。
共に同じ東京2400mのダービーを完勝した馬。それぞれの陣営もこの条件はベストかそれに準ずるものと踏んでいるでしょうし、日本で賞金の一番高いレース。この秋の最大の目標レースでしょう。この最大の目標レースを前にガス欠になっているような類の馬とは到底思えません。
この2頭を嫌うなら過酷な天皇賞を経由し、最大の目標レースを終えた次の有馬記念だと思って(期待して!)います。

仮にダイワスカーレットがこのレースに出ていれば間違いなく嫌う馬でした。(前半トーセンキャプテンに突っ突かれ一番苦しいレースをした反動、スピードが勝ったこの中距離最強馬に東京コースでの400mの延長は明らかにマイナスな為。)
そのオッズを持って行ってくれるダイワいないレースでこの2頭を評価するので予想としてはつまらない予想になります。

このレース勝つのは充実の4歳馬ウォッカだと思っています。

レコードタイムになった天皇賞。こういうスピード勝負ではコースロスの差が如実に出ます。ディープスカイの四位騎手の騎乗は見事なもの。通ったコースも理想的、おそらく追い出しのタイミングも完璧でこの時点でのベストパフォーマンスを発揮できたと思います。
これを前半少々掛かりながも外からねじ伏せたウォッカはやはりこの3歳のトップホースより上だと思います。

圧勝したマイル戦の安田記念、開幕週の馬場を軽快に逃げスピードで押し切ろうとした毎日王冠、ダイワが引っ張り1分57秒2という2000mでの究極のスピード勝負になった前走の天皇賞。
最高レベルでの底力が試されるジャパンカップでここ3戦(ヴィクトリアMと入れると4戦)マイル寄り、スピード寄りのレースをしている事が懸念材料です。特に軽快に逃げた毎日王冠とそれによって前半引っ掛かっていた天皇賞を見ると今回のレース折り合いの不安を感じます。間違いなく天皇賞より遅い流れになるジャパンカップで、その遅くなった流れの中で折り合って後半の爆発力に繋げられるか??これが出来ない時は負ける時です。
そんな不安があるなら他の馬が勝つと予想すればいいのですが、岩田騎手への乗り替わり、内枠を引けた事は大きな要素です。
他の騎手なら勝つとは思いませんが、岩田騎手なら馬を巧く制御し、且つ終いまでしっかり追える勝ち切れる騎手として信頼するに足ります。外枠で距離ロスをしながら前に行きたがるよりは前に馬を置いたり出来る内枠の方が勝つ為には都合がいいとも思っています。

ディープスカイ
間隔の少ないNHKマイル、ダービーを連勝。かなりタフなローテです。近年ダービーを勝ったはいいがその後パッタリと冴えなくなる馬が多く、ダービーを勝つ事がどれだけ3歳馬の負担になるかが分かります。
この馬はNHKマイルを挟んだダービー馬ながらその後の神戸新聞杯も勝利!
天皇賞では強いとは思いつつも世代間の事を考えるとまだ半信半疑。
しかし「あの」天皇賞で惜しい3着。ウォッカとの直戦の攻防ではかなり食い下がって、というか残り100mくらいでは一瞬前に出るほどの底力。もうこの馬の強さに何の疑問も持ちません。
それでもウォッカの出走するこのレースでウォッカに勝つ馬とは思いません。(ウォッカの折り合いに問題がある時は勝てるでしょうが。)この馬が日本のトップになるのは来年だと思っています。

天皇賞の回顧でウォッカ、ダイワスカーレット、ディープスカイを1999年の有馬記念のグラスワンダー、スペシャルウィーク、テイエムオペラオーになぞられましたが、発展途上の3歳馬と充実した古馬との間には壁があると思っています。
3歳馬でジャパンカップを制したのはジャングルポケットエルコンドルパサー
ジャングルポケットがねじ伏せたのは猛威を振るった4歳時ほどの力のない5歳馬テイエムオペラオー。エルコンドルパサーは個人的に最強の馬だと思っていますが、この馬がねじ伏せた相手は5歳馬の次の有馬で引退するエアグルーブ。
3歳馬がジャパンカップを制した年は共に競走馬が一番充実するという4歳の強豪馬のいない年でした。
斤量が有利でも3歳馬と充実の4歳馬の間には斤量差2キロくらいでは埋まらない差があると思います
充実の4歳馬とはいえ所詮牝馬では?と言えると思いますが、ダービー、安田記念、天皇賞を見ると明らかに牝馬で片づけてしまうには規格外の馬です。



他の馬で人気になりそうなのはマツリダゴッホ
歴史に残るような中山巧者。オールカマーでは59キロを背負い異次元の競馬。この馬が強い事は疑いようのないものですが、今回は天皇賞に出なかった以上、間隔が空いてしまうため最大目標である有馬記念に向けての叩き台と考えています。
去年オールカマー→天皇賞→有馬記念のローテで成功しているのに天皇賞を回避してこのジャパンカップに出てきた事が解せません。オールカマーの後に何か問題があったのかと疑いたくもなります。
この馬はしっかりした型を持った馬で馬自身もレースでの脚の使いどころを完全に理解していると思っています。ただその脚の使いどころが分かっているのは数多く使われた中山コースでのもの。特に東京コースでは脚の使いどころがかなり違います。

アサクサキングス
この馬は買い目に入れる予定です。この馬は距離が延びた方が有利に働きそうです。2000mはこの馬には短すぎました。しかも天皇賞は完全なスピード決着。この馬に向かないレースでした。
ここ2走は重馬場でのレースと距離の足りないスピードレース。この2走を嫌って人気が下がるようなら今回のレースは楽しみな馬です。
しかもウォッカにちぎられたとは言えダービー2着になった舞台。重要な3着要員!

« マイルCSの回顧とジャパンカップの展望1 サムソン+石橋騎手 | トップページ | 京阪杯の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/25704190

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップの展望2 有力馬:

» 競馬業界が激震する内容を無料で公開します! [キングオブ競馬]
3連単を75%の確率で当てる?なんていう前代未聞の方法です。本当に負け続ける競馬から脱出したいのであれば、ぜひ読んで下さい。。 [続きを読む]

« マイルCSの回顧とジャパンカップの展望1 サムソン+石橋騎手 | トップページ | 京阪杯の予想 »