2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« エリザベス女王杯の展望 2 | トップページ | エリザベス女王杯の予想 »

エリザベス女王杯の前夜予想

秋華賞、菊花賞と今開催京都競馬場で行われたG1では内を通った馬の好走が目立ちました。内の芝が良かったものと思います。明日のエリザベス女王杯はというと、開催が進んだ上に天候はおそらく雨。このレースの頃には内を通る事にあまりアドバンテージはなさそう。
馬場が悪くなる事で軽く扱えなくなる馬もいる事が少し厄介です。今の速い京都の馬場にいきなり対応出来ないだろうといないものとして扱おうと思っていた外国馬も気になります。
差されない為に上がりのかかる競馬にしたいカワカミプリンセスにとってはこの雨は歓迎でしょう。

人気の方は、やはりカワカミプリセスが圧倒的な人気。2番人気がポルトフィーノ!3番人気がベッラレイア、以下、リトルアマポーラ、ムードインディゴ、ビエンナーレ!エフティマイア。
マイルしか走っていない、それも瞬発力を見せられるレースでしか結果の出ていないポルトフィーノが2番人気。三浦騎手が自身絶賛のレースで逃げて馬のリズムで走らせたら結果スクリーンヒーローに勝ってしまった札幌日経オープンが評価されてかビエンナーレが6番人気。
この2頭を除くとカワカミVSベッラレイア、3歳クラシック好走馬という図式のようです。

レースは外国馬の動向は分からないものの、おそらくビエンナーレコスモプラチナあたりが逃げるのでは?カワカミプリンセスが先行する思っているので、カワカミより前で競馬をする馬は中途半端な逃げでは直線に入る前に潰されるだろうし、積極的に行っても最後残れるほどの力量は持ち合わせていないと思うので、どっちにしろ単にカワカミの「露払い」の役になりそう。
逃げそうな両馬は各々2000m以上のレースで後続を離しての単騎逃げで結果を出してこの舞台に駒を進めて来た馬であり、仮に積極的に行った場合、上がりがかかるレースになるのはいいのですが、カワカミ+横山典騎手は勝つ為には少し難しい競馬になりそう。毎年数多くの重賞を勝ち、G1でも馬券に絡む事の多い横山騎手ですが、ここ数年G1勝ちがありません。チャンスだった同じ京都の外回りで行われた2006年の菊花賞、アドマイヤメインが大逃げ、最後に勝ちに行った横山騎手を後方に待機していた幸四郎騎手のソングオブウィンドが捕らえました。今回、若手騎手に逃げて何処までをやられると、有難くない「露払い」役になり勝ちに行くタイミングが難しそうです。
結局、どちらにせよ底力のある馬なので好勝負になると思うのですが、1着を逃す事はありそう。その時の相手の馬は同じような流れの中で道中を走ってきた馬ではなく、後方で違うペースで競馬をして最後の直線に賭けた馬。
ポルトフィーノ、マイネレーツェル、ベッラレイア、ムードインディゴ、アルコセニョーラ、レジネッタあたりが候補になるのですが、ポルトフィーノ、マイネレーツェルは距離不安、ベッラレイアは額面通りの力が出せるか疑問、アルコセニョーラは牡馬相手の重賞を勝っているのに人気がない事は魅力ですがやはりG1では少々敷居が高そう。レジネッタは秋華賞の前のトライアルに余計なレースを挟み余力疑問。
となると展望2でも名前を挙げたムードインディゴに魅力を感じます。良馬場、重馬場でも結果を出した馬ですし、馬場状態が微妙な時に伸びる馬場を見つける能力、また確実にそこに乗せてくる騎乗技術は福永騎手はトップレベルと思っているのでこれもかなり魅力。牝馬はデリケートで走る時は続けて走ったり、走らなくなるとパタッと好走しなくなる馬が多いものですが、連続好走している牝馬というのも好都合です。また混戦の今年の3歳馬路線でしたが、最後に来てやっと本格化の兆しを見せ世代の中で抜き出る可能性を秘めている事も魅力的です。

単騎逃げで結果を出した馬が逃げ、先行するカワカミプリンセスが圧倒的人気を背負い、G1タイトルがココ数年取れていないプライドのあるトップジョッキーがかなり勝ちを意識して騎乗します。レース全体の流れが少々速いと感じる場合があってもどこかで勝負に行かなくてはならない馬です。底力が武器の馬で、溜めれば物凄く斬れるというタイプの馬ではありませんから。その場合、後方で違う競馬をして最後の直線を迎えた馬にうまみがあるかなと考えます。

一番評価しようと思っていたリトルアマポーラの名前を出しませんでしたが、この馬はルメール騎手が言っているようにある程度前で競馬させると思います。カワカミと同じような流れでレースをした場合、最後の脚がどのくらい残るか考えるとちょっと重い印を打つのはどうかなという気もします。
クラシックで1回も馬券にさえ絡んでいない馬としては人気が付き過ぎていますし。

馬場が悪くなるレースで今年の3歳クラシックが混戦、4歳の世代のトップの2頭が不出走、これに次ぐものが復調途中(?)となれば、外国馬は力量、馬場適性疑問も可能性はありそうです。日本と違ってフランスの3歳牝馬はレベルが高かったそうですし。2頭とも二桁人気ですね。重い印を打つ気は毛頭ありませんが・・・。

明日の馬場状態を見てから馬券を買おうと思っています。

« エリザベス女王杯の展望 2 | トップページ | エリザベス女王杯の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/25371051

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯の前夜予想:

« エリザベス女王杯の展望 2 | トップページ | エリザベス女王杯の予想 »