2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« マイルCSの予想  狙いは前で | トップページ | ジャパンカップの展望2 有力馬 »

マイルCSの回顧とジャパンカップの展望1 サムソン+石橋騎手

マイルCSは牝馬ブルーメンブラッドが勝利しました。

このG1は後ろから馬が馬券に絡む事の多いレースですが前で競馬出来る馬を狙いました。レースはマイネルレーニアが逃げ、コンゴウリキシオーは控え狙った先行馬にとってはそれほど厳しくはない流れ、ローレルゲレイロ辺りは巧く乗っていて馬券に絡むかと思いましたがそれでも5着。やはりG1レベルの流れになると前半の坂越えが最後に影響するのでしょうか?来年以降はダイワメジャー並みの力量の裏付けがない限り前の馬を狙う事は避けようかと。

このレースは前走東京1800mの重賞でゴール前で強い先行馬を差し切った馬同士の決着になりました。

勝ったブルーメンブラッド
この馬は府中牝馬Sの勝利をどうとらえるかで評価が分かれる馬だったと思います。タフな東京1800で強い先行馬を差し切ったのだから京都のマイルG1でも様々な意味で好走するだけのものを持っていたのでしょうが、ウォッカが開幕週の馬場で早めに勝負を決めにいった中を差し切ったスーパーホーネットと比べると途中が緩む流れの牝馬重賞を瞬発力で勝ちをモノにしたこの馬は私には評価しずらい馬でした。少なくともスーパーホーネットに勝てるとは全く考えませんでした。
鞍上の東の豊こと(?)吉田豊騎手は京都で騎乗する機会が極端に少なく、また結果も残せていない騎手で京都を主戦場とする腕自慢相手のG1となると鞍上もかなりの懸念材料になると考えていました。
その吉田豊騎手の騎乗が見事でした。すぐに内に入れインで脚を溜める競馬。4角で馬群がバラけた後少しヤマニンエマイユが邪魔でしたが、落ち着いてヤマニンエマイユがバテて下がる直後に内を抜けたローレルゲレイロの横のスペースに馬をいれ溜めた脚を爆発させました。
今回の勝利は吉田豊騎手の手綱捌きのよるところも大きかったと思います。もちろんブルーメンブラッドの力を見誤っていた事もたしかです。騎手、調教師ともにコメントで言っていますが対牡馬のG1のそれも馬が密集する中でこの勝負根性は立派です。G1タイトルに値する馬です。それにしても最近の牝馬はなんと男まさりな事か。今年後半のG1は牝馬にやられています。

2着スーパーホーネット
結果的に枠がひびいたと思います。G1タイトルのチャンスだった藤岡騎手にはハードラックでした。それでも中団もしくは中団後方辺りで競馬すると思っていました。
スタートは抜群のスタート。その後かなり後ろまで下げる事に。これが敗因だったと思います。
底力もある馬ですし中団に付けていれば勝ち目もあったように感じます。ちょっと横綱相撲し過ぎた感があります。ちょっと酷な言い方になりますが、相当抜けた力を持っていない限り、外枠になってしまったマイル戦で悠長に下げて後ろから大外を回すような競馬をするとロスはかなり大きく、内で脚を溜めた終いの斬れを持つ馬に脚元を掬われる事はよくある事です。今回は枠もありますが、騎手の差だったと思います。
藤岡騎手の今後を考えるとメンバー的に恵まれたこのレース、このスーパーホーネットで初G1を取りたかった、否、取らなくてはいけないものだった気がします。取れる時、取れる馬でチャンスをモノにしないと競争の激しい、実力、結果が全ての世界では思わぬ遠回り(遠回りで済めばいいですが)になりかねません。

今週はジャパンカップ

注目なのが武騎手の負傷に伴い、メイショウサムソンの鞍上に決まった石橋騎手メイショウサムソンと石橋騎手のコンビ!!
もう引退までこのコンビは見られないと思っていました。
本当のところはどうか知りませんが、見るからに実直そうな石橋騎手、4角先頭の底力勝負で力を発揮する実直そうな??メイショウサムソン。名コンビだと思います。

2007天皇賞春の勝利も見事でしたが、印象深いのがこの次走になる非常に見応えのあるレースになった宝塚記念
ローエングリンが引っ張り、先行馬もそれに続く厳しい流れのレース。サムソンは流れを考えれば適正な中団後方、3角辺りから進出し4角では先頭付近、この馬のスタイルである押し切りを狙うレース。不幸だったのがスタミナ、底力、それに最後の斬れを併せ持つ岩田騎手鞍上のアドマイヤムーンがサムソンを終始マークしていた事。
この流れの中、勝ちに行く石橋騎手の判断は敢為であり、馬の競争スタイルからも最善の策。それに十分に応えるサムソンの走りも感動の一言
勝ったアドマイヤムーンと岩田騎手も狙撃手のような見事なレースで称賛を惜しみませんが、2着のサムソン、石橋騎手も同様に見事なもの、むしろ勝ちに行った分上に評価したいくらいのレース。

この感動的ですらある宝塚のレースの後、競馬界ではよくあるトップジョッキーへの乗り替わり。好騎乗を続ける熟成したコンビを短絡的な理由で解消するのはファンとしては結構うんざり・・・。

今回のジャパンカップは力量上位と思われている馬とそれ以外では力量の差が大きいと感じています。馬券は3連単の順番付けになると思います。

東京2400のジャパンカップではスタミナ、底力に加え、高いレベルでの終いの斬れを併せ持たない馬が勝つ事は難しいと思っています。サムソンは力を発揮しても頭は無いと思っています。思っているんですが・・・・・。

« マイルCSの予想  狙いは前で | トップページ | ジャパンカップの展望2 有力馬 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

タマルファイさん(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

競馬の神様も粋な事をしますねぇ

これまで好き放題(壊し放題)してきた
武豊には天誅を( ゚д゚)、ペッ

地道に頑張ってきたのに理不尽にサムソンを
奪われた石橋さんにはコンビ復活( ̄▽ ̄)

ただ・・・
サムソンに勝ち負けを期待するのは
もう酷かなぁと・・・

充実期に名コンビを見れなかったのが残念無念
サムソンも武豊に潰された1頭になってしまった

ほんとヤツにはこのまま永久に戻って欲しく
ないですわ( ゚皿゚)キーッ!!

今週末は現地観戦してきます
サムソンの雄姿を目に焼き付けてきます(´;ω;`)ウウ・・・

こんばんは歳三さん。
石橋騎手+サムソンのコンビには頑張ってもらいたです!
相撲では安馬が大関になった事が話題ですが、競馬は700万の「安馬」サムソンが話題に!
現地観戦いいですねー。もう見られないと思っていたコンビ、石橋&サムソンの雄姿が生で!!
もう最後の直線で絶叫するしかないでしょう!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/25648754

この記事へのトラックバック一覧です: マイルCSの回顧とジャパンカップの展望1 サムソン+石橋騎手:

« マイルCSの予想  狙いは前で | トップページ | ジャパンカップの展望2 有力馬 »