2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 菊花賞の展望 | トップページ | 菊花賞の展望 2 »

富士Sの予想

富士Sはトップとは言わないものの、ある程度の力量を持った古馬と世代で力量上位と思える3歳馬との対戦。この時期になると3歳馬も完成の域に達してくる馬も多く、古馬と完成度という点で遜色がなくなってきます。
あまり層の厚くないと思われるマイル路線での3歳馬のニューヒーローが出現するでしょうか?古馬に強い馬がいると思いつつも、斤量差と上昇度で3歳馬に期待してみたいレースです。

昨日まで降り続いた雨によりやや重の馬場。天候も回復して今後微妙な馬場状態ながら少しずつ乾き始めるてくると思われます。東京の馬場は内から乾き始めるため圧倒的に内が伸びる馬場になります。

◎は3歳馬レッツゴーキリシマ
中山の方が良いと思いつつも◎。前走には驚かされました。スタートして2つ目のラップから10.1-10.5-11.2というラップでゴスホークケン、ダンツキッスイが飛ばした為について行った馬には厳しい流れに。1,3着には後方からの馬が入りましたが、この馬は4番手辺りを追走して2着に。
京成杯の回顧で書きましたが、休み明けという事と、スプリングS→皐月賞→NHKマイル→ダービーのローテは間隔を考えてもやり過ぎのローテ、それに時計の速いレースに対応出来るか?と課題の多いレースでしたが、これらをはね退けての好走。
一つ上のマイラーのローレルゲレイロに3歳時のローテと先行抜け出しのスタイルが似ている馬ですが、ローレルゲレイロでさえダービー後の復活までには時間がかかりましたがこの馬は初戦の古馬と初対戦となるマイル重賞でいきなり2着。それも厳しい流れを先行して。
内枠を引き、乾き始めの馬場に乗せて競馬が出来ますし、前走の反動が無ければかなりやれると思います。

ローレルゲレイロを本命にするなら、乾き始めの馬場を考え、同じく内枠のリザーブカードやエイシンドーバー、それに馬場の変化の見極めの巧い福永騎手の乗るマルカシェンクを相手に選んだ方がいいと思うのですが、3歳でもう一頭気になる馬が、

○はドリームシグナル
昨日の夜オッズを見た時にはもっと人気がなかったのですが、現在9番人気になってます。かなり期待値込みなので引き合うが分かりませんが魅力のある馬です。
◎の馬とは京王杯2歳Sと朝日杯で揃って好走。その後シンザン記念を勝ち、クラシック路線に向かいましたが、距離が長かったのではないかと。
最も注目するのはNHKマイルカップ。4着ですが、この時の馬場は内は荒れているので避け、その外側を走る馬が有利なレースに。1~3着馬はこの馬場に乗せ外を回した馬を大きく離してゴール。その4着のドリームシグナルは外を回した馬の中で明らかに1番の脚を見せ伸びてきました。全馬内を避け、しかもその外側は伸びるレースでは勝負にならず、この差は距離損をした分の差であり勿体ないレースでした。同時に東京のマイルで今後期待したい馬だとも思いました。
その後のダート戦、前走の休み明けはノーカウントにし、この2走目のこのレースに期待します。真ん中の枠に入りましたが、馬場の内が乾くようなら内を意識した競馬を期待します。

馬券はこの2頭軸の3連複。
相手は
上に挙げた、リザーブカードエイシンドーバー、次走が馬券になり続けている関屋記念の勝ち馬マルカシェンクサイレントプライドの内枠の馬。それに外枠でも前に行けるバトルバニヤンの5頭に絞ります。

フサイチアソートは前にも距離が短くなった時に期待したいと書きましたが、今回このような馬場の外枠の差し馬になってしまい残念ながら買い目から外しました。

« 菊花賞の展望 | トップページ | 菊花賞の展望 2 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/24734773

この記事へのトラックバック一覧です: 富士Sの予想:

« 菊花賞の展望 | トップページ | 菊花賞の展望 2 »