2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 秋華賞、府中牝馬Sの予想 | トップページ | 菊花賞の展望 »

秋華賞の回顧

水曜に書いた秋華賞の展望の記事の冒頭で蛯名騎手の騎乗停止に伴う乗り替わりの事を出し、「波乱の序曲でしょうか」と書きましたが、まさか3連単1000万馬券が飛び出すレースになるとは!
その秋華賞は◎ブラックエンブレムが道中しっかり折り合ってインで全くロスなくレースを進め、最後もインを突いて伸び完勝。馬券は外しましたが、見ていて気持ちのいいレースでした。
2着はこれまたブラックエンブレムの後ろでインをロスなくレースを進めたムードインディゴ。そして積極的に外枠から先行し、途中で先頭に出て押し切りを狙ったプロヴィナージュ(?!)が見せ場たっぷりのあわや(と言っていいと思います)の3着!

抜けた馬がおらず、最後の1冠の秋華賞の時期になっても力関係が見えてこない今年の3歳牝馬。実力差があまり無い事は想像出来ましたが、なんでプロヴィナージュがあわやの3着に来たのだろう?というのが素直な感想です。
実際、よく分からないのですが、回顧なので全く的外れかもしれませんが少し考えてみました。

まず一つはやはり想像以上に個々の馬の力量に差がなかった事。今回のメンバーの大半がクラシック路線に乗っていた馬でレースを行う度に順位が上下していました。つまりは展開、流れ一つで順位が入れ替わる程度の力量差。その僅かな力量差がオッズには大きく影響した為に「荒れた」レースになったのでは?
これでは3着馬の説明がつかないのでその事について。
これが一番の要因ではないかと思うのですが、秋華賞時の京都の馬場が時計の速い馬場だった事。(内の馬場がかなり良い状態だったのでは?)
桜花賞は少し馬場が悪く時計の掛かる状態でのレース。オークスは例年通り3歳牝馬には長い距離なのでたっぷり緩んでからの終いの脚の勝負。クイーンSは札幌の洋芝。そして秋華賞に向けての各馬の力量差を見るのに最適だったはずのローズSが重馬場で行われました。
実際に力量差が少なく、2冠が終わってもこれは強いと思わせる馬がいない上に、秋華賞、京都小回り2000mでありがちな締まった流れ、そして軽い馬場でのある程度の時計勝負というレースの適性は?という事になると、実績を評価されて人気になっている馬も軒並み信用が出来なくなります。
1~4着馬に共通する事はコースロスなくインを走っていた馬という事で、少し乱暴な考えですが、内外の馬場差がなく時計の速い走り易い馬場。締まった流れ、小回り、高速馬場、2000mという距離に対してある程度適性があった馬がインを回って有利にレースを運べた、少なくとも同程度の適性を持つ外を走っていた馬よりは。
そして、実力差が少ない事と小回りコースである事、走り易かった内の馬場がそれを助けた。
更に言うなら、速いと思われた流れも芝の状態を考えれば実際はそうでもなく、バテた先行馬を直線で差し切ろうと外を回した差し馬達が届かなかった。
エンジンのかかりの遅いトールポピーは小回りコースを考え、早めに動き出していますが、実力上位と思われた差し馬が6着~11着に差がなく来ています。枠が内なら上位争いをした馬もいるでしょう。
つまりは内外馬場差のない中での時計勝負であり、実力差が無い以上、内を通らなかった勝負にならなかった。走り易い馬場で体力のロスが少なかった為に想像以上に前に行く事が大きなアドバンテージになってしまった。そして評価は低いかったが、適性のあった馬がインを回るレースが出来た。そんな質のレースだったのでは?

各馬について、
1着ブラックエンブレム
もう少し前で競馬をすると思っていました。終始インにこだわる競馬で折り合いもつき、4角過ぎでは絶好の手応え。ローズSでは頑張って走っているのが伝わってきましたが、何か空回りしている感じで馬が前に進んでいないように見えました。予想で書いた相当道悪が下手なのでは?は当たっていたように感じています。
レース運びが優秀だったのは早めに関西に入って滞在した事がいい方向に出たと思っています。フラワーカップで途中から競られて速くなった流れを先頭で押し切った底力を秋華賞のレースの拠り所にして◎にしましたが、その期待に応えてくれました。また速い馬場への適性は?でしたが、かなり適性はありそうです。
内枠を引いた事と岩田騎手を確保できた事は幸運でした。

2着、ムードインディゴ
この馬はローズSの印象、脚質、小回りでの締まった流れであまり強くないと思われる先行馬が4角辺りで下がってくる事を考え、最後は外に出さないと厳しい馬と判断、最内枠を引いた事で買い目から外しました。上に書いた事に照らし合わせても全くダメな予想でした。
それにしても福永騎手の騎乗は見事で、ブラックエンブレムの後ろのインを追走し、4角では巧く前の馬を捌いて進路を見出し脚質を考えれば全くロスの無い競馬。それも加速しながら極めてスムーズに抜けました。
この馬の最後の脚もインでロスの無い競馬をしたとは言え、1頭だけ目を引くモノで、重馬場のローズSと今回のレース両方で結果を出したとなるとかなりの能力、成長力があると思います。しかも福永騎手曰く、成長の余地を残しており、来年は更に・・・と今後が楽しみな馬です。

3着プロヴィナージュ
戦績を見るととても買えない馬でした。しかも今年の牝馬の敷居が低いとはいえ秋華賞です!佐藤哲三騎手の積極的な騎乗が呼び寄せた3着だったと思います。
ディープインパクトに勝つにはこの方法しかないとダービーで見せたインティライミの走り、道悪の中、タップダンスシチーに内ラチに馬体を擦らせながら少しでもいい馬場の所を走らせ国内、国外の強豪相手に未曾有の9馬身差の圧勝劇を見せてくれたジャパンカップ。彼は大舞台で胸のすく騎乗をしますが、今回もそれに劣らないもの。
今回は出走順18番目という事で、マスコミとの行き違いから19番目のポルトフィーノ絡みで心無い批判をする輩がいたそうでなかなか難しい立場での出走になりました。その中での終始一貫の積極策、見事でした。

4着、ブライティアパレス
4コーナーで下がってくるエアパスカルの外側を抜けようと狙っていましたが、いざ抜く時になってエアパスカルが外によれ進路を失い少しロスをしました。これがなければ3着だったと思います。抜けた後、一瞬グッと伸びましたがそれほど伸びず、前でしぶとさを活かす競馬をしていたら面白かったような気もします。

また違う条件でレースをしたら着順が上下するでしょう。ムードインディゴを除く上位馬馬は道中緩んでの瞬発力勝負になればコロッと負けてしまうかもしれません。
今回特にピンクの帽子の3頭は枠にやられた気がします。関係者は残念でしょうね。○を打ったレジネッタ。もう少し前で競馬をすると思っていました。小牧騎手曰くギリギリまで溜めて、これからだいう時に・・・・。ギリギリまで溜めないで欲しかった・・・・。

« 秋華賞、府中牝馬Sの予想 | トップページ | 菊花賞の展望 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

  
ここの無料予想すごいな
秋華賞当ててるし w

菊花賞が楽しみですね

http://blog.livedoor.jp/club_keiba_yosou/
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/24635893

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞の回顧:

« 秋華賞、府中牝馬Sの予想 | トップページ | 菊花賞の展望 »