2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 毎日王冠、京都大賞典の回顧 | トップページ | 府中牝馬Sの予想と秋華賞について »

秋華賞の展望

いよいよ今週末から秋のG1シリーズが始まります。今回は秋華賞
先週の競馬でこれまでエフティマイアと苦楽を共にしてきた蛯名騎手が騎乗停止の処分に。桜花賞では勝ちに行く強い競馬をしましたが惜しい2着、オークスでは繰り上がり1着もありえた2着。秋華賞こそは、の矢先にこの処分。波乱の序曲でしょうか?

秋華賞は今後牡馬との対戦が増え、中々G1を取る事が厳しくなる3歳牝馬にとって最後のビッグチャンス。舞台は小回り、直線の短い(ことに意識が行きがちな)京都の2000m。予想のし甲斐のあるレースだと思っています。
昨年はダイワスカーレット、ウォッカ、ベッラレイアの3強がぶつかり、ダイワスカーレットと安藤騎手が自ら緩急のあるレースを演出し、且つ主役になりました。
一昨年は締まったラップの中、底力、持続力に優れる3頭が馬券になり、1番人気のサンデー産駒のアドマイヤキッスは届かず4着。
その前の年は、この年の牝馬戦線はシーザリオ、ラインクラフト、エアメサイアの3頭で回っていた年で、シーザリオがいなかった為に当たり前のように残り2頭の決着になりました。

今年はというと、混戦模様との見方が大勢のようです。仮に今年の秋華賞をレジネッタが勝つと、この世代のG1はレジネッタとトールポピーが2つずつ分け合う事になりますが、そうなったとしてもこの2頭が抜けた力を持っているようには思えません。
この2頭もレジネッタはオークスの後クイーンS、ローズSと2戦使いましたが、これまでG1皆勤賞のうえに果たして2戦挟む必要があったのか?トールポピーはエンジンがかかった後の破壊力は世代随一といっていいと思いますが、勝負所での加速力に問題があり、流れによっては直線に短いコースで長所が活かせない可能性もあります。
更に言うなら、今回のレース有力馬が集まったと言えるローズSは重馬場で行われ、内外で馬場差があった印象があります。上位3頭は馬場が良かったと思われる外を走って伸びた馬達でした。
そして人気を背負いそうなソーマジックポルトフィーノは休み明け、紫苑Sの覇者モエレカトリーナは出走せず。エフティマイアは痛恨の乗り替わり。
やはり混戦でしょう。
これまでのG1で結果を出してきた馬は上位に来る可能性は高いのですが、レースの流れ、ちょっとした展開の綾、どこでレースが動き出すかなどで簡単に順位が入れ替わると思います。それだけに予想のし甲斐のあるレースです。

秋華賞の展開としては最後の1冠、小回り、直線が短いとの意識から、締まった流れ、早めにレースが動き出す事が多く、後方から突っ込んで来る馬が馬券に絡む事が多いように感じます。極端な例がブゼンキャンドルが勝って大荒れになった1999年のレースです。常々出来るだけ前でレースを運べる馬に重い印を打つように心がけていますが、このレースは後ろの馬を狙うのも大いにアリだと考えています。

« 毎日王冠、京都大賞典の回顧 | トップページ | 府中牝馬Sの予想と秋華賞について »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/24525473

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞の展望:

« 毎日王冠、京都大賞典の回顧 | トップページ | 府中牝馬Sの予想と秋華賞について »