2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 菊花賞の回顧 秋華賞で取り損ねた分を取り返して余りある9万馬券 | トップページ | 天皇賞(秋)の展望 2  好調期? »

天皇賞(秋)の展望  最強の称号、確立された競馬のスタイルを持つ者

今週は天皇賞(秋)が行われます。
東京2000mでの1流馬の真っ向勝負、中距離最強馬決定戦となるこのレースは毎年楽しみなのですが、今回は規格外の牝馬が2頭参戦。他のメンバーと比べると競走馬としての能力の絶対値に差があるような気がして、馬券的な面白みはあまり期待出来ない気がしています。それと予想をする上で煮え切らないところがあります。週中からこんな事を言うのもどうかと思いますが・・・・。

ダイワスカーレット
骨瘤で休養を余儀なくされ、7か月ぶりで天皇賞に。骨瘤の程度が分からない事と長期休み明けで大レースの天皇賞にという事は大いに不安ですが、状態が整えば中距離で一番強いのはこの馬だと思っています。
この馬が中距離最強だと思う理由は、「スピードがある事」「騎手(安藤騎手)に従順で意のままにレースを組み立てる事が出来る事」、かつ、「終いの脚がしっかりしている事」
つまり、能力の絶対値が高い上に、スピードの能力で楽に先手が奪え、レースをコントロール、しかも道中の体力のロスが少なく、加えて最後に勝ち切る為に必要な決め手をもっている事。
更に言うなら、鞍上の安藤騎手がこの馬を最強馬たらしめている所もあり、この人の先行馬に乗った時の技術はおそらく日本でトップ。ダイワメジャーでもやっていた乗り方ですが、先行して流れに乗ってまるで周りの馬の様子(差し馬の脚、先行馬のバテ具合など)が全て分かっているかのように最後に必要なだけ追ってきっちり勝つ。レースを見ると安藤騎手だけ別の競馬をやっているようにも見えます。結果、2着馬との差は毎回僅かですが、勝つべくして勝っています。この騎乗はほとんど芸術の域にあるような。前に行ける事の利点を最大限活かす事の出来る騎手です。
高いスピード能力と距離に見合う質の良いスタミナがなくては到底出来ない競馬ですが、ダイワメジャーはそれらを備えていました。今回のダイワスカーレットは2000mにおいては更に高いレベルでそれらを備えていると思います。


今回ライバルはウォッカになりますが、スタートで楽に先手を取れるという意味では明らかにウォッカを凌ぎます。騎手に従順で道中の体力のロスが少ないという事もウォッカに対してアドバンテージがあるでしょう。また、毎回同じ競馬をしている、つまり絶対的な競争馬としてのスタイルをもっている!事の強みは絶大だと思います。最強馬とは詰まるところ最強のスタイルを持っているという事ではないでしょうか?
最強と言われた名馬はたいていそうであったようにダイワスカーレットも同じ競馬で勝ち続けてきた馬です。人間の行うレースなら、「今回は相手が前半飛ばしそうだから作戦を変えて前半控えて後半勝負にしよう」というのも容易い事ですが、会話の出来ない馬ならどうでしょう。
毎回同じスタイルでレースをするからこそ、馬もどこでどう脚を使えば良いか理解出来、能力を十分発揮出来る。それが最強へと繋がる。そんな風に考えています。

中距離レースでの最強の型はサイレンススズカだと思っています。「テン良し、中良し、終い良し」を非常に高いレベルで実践しました。歴史的なレースになった毎日王冠はその完成型です。他の馬はどうする事も出来ません。しかし、ここまで高いレベルで実践してしまうと馬への負担は相当なもので、この事が悲劇的な結末に繋がってしまったという見方も出来ると思います。
ダイワスカーレット(安藤騎手)はテンの速さで楽に主導権を握り、中盤を緩める事で終いの斬れに繋げる馬です。中盤緩める時に回りが付きあってしまうとまず負ける事はありませんが、かと言って完成されたレベルの高いこの馬を潰しに行くと自分が潰れてしまういうジレンマがあります。また「空気を読める」(積極的にレースを乱しに行く騎手が少ないという悪い意味です)日本の競馬界ではこの型で十分だと安藤騎手が判断しているのかもしれません。
テンのスピード、終いの斬れは大きな能力ですが、テンを飛ばした後、すぐに騎手の意に従いスピードを落とせる事も非常に大きな能力です。(秋華賞が極端な例です。)騎手が質の高い先行競馬の技術を持っており、馬が騎手の意のままに動いてくれる・・・理想型だと思います。
また「勝つ」という事に関してダイワスカーレット(ダイワメジャーも)は他の馬の動向に応じて必要なタイミングで追い出し、必要なだけ追うスタイルなので着差は僅かでも確実な勝利であり、着差は勝つ為に必要だった差以外に意味を持ちません。馬への負担も少なくこれも理想的だと思います。安藤騎手があってこそダイワメジャーはG1を数多く勝てましたし、長らくトップに君臨する事が出来ました。

ここでウォッカの話を出しますが、この馬は後ろから行って差し切れない割の悪いレースをしていましたが、岩田騎手が安田記念で「これがこの馬の最強のスタイル」と思えるような競馬をさせ圧勝しました。次戦も岩田騎手だと思っていると武騎手に戻りました。しかも予想外の逃げ。開幕週なので逃げる作戦も悪くはないのですが、天皇賞を考えると(ウォッカの将来を考えると)岩田騎手のやったスタイルを踏襲するべきだったと思います。
逃げたらどうしようもないダイワスカーレットを天皇賞で負かす為に取った作戦だったとしても、掛かる危険性などを考慮に入れればリスクが高すぎます。
ウォッカの東京での勝ちっぷりを見ると、コーナーからの加速に迫力があり、高いレベルでの斬れ味を持ち、しかもスピード乗ってからそのスピードを維持する能力が非常に高い。この辺りが東京でハイパフォーマンスを繰り出せる、つまり東京コースへの適性の高さだと思っています。
長い直線でスピードの持続力が最大の武器になりますが、わざわざ逃げて、他馬の目標になって、(掛かるリスクを冒して、ダイワスカーレットの土俵で)レースをするより、先行集団の中で脚を溜め、前の馬(ダイワスカーレット)を目標に圧倒的な加速力でコーナーを抜け、長い直線でこの武器の力で捕らえる!(東京ならダイワスカーレットが万全であっても勝ち目はあると思えます。)
このスタイルの方が様々な意味で理に適っていると思うのですが。

先週、菊花賞でオウケンブルースリが勝ちましたが、神戸新聞杯で後方で折り合う事に専念し、レース中にしっかり折り合う事を馬に学習させました。これが菊花賞の勝利に繋がったと思います。
それに対して、ウォッカは先行集団で折り合う事を選ばず、逃げの競馬を。しかも6つ目の区間からのラップが、11.5-10.5-11.3-12.0
後ろから3つ目で10.5秒のラップ。開幕週の馬場なのでここで勝負を決めてしまう事も悪くはないのですが、こんな競馬が天皇賞に繋がるでしょうか?
今回の鞍上は去年のジャパンカップで先行押し切りの最強のスタイルを持ったメイショウサムソンに序盤ゆっくり後ろから行って直線だけで差し切ろうとする競馬を強いた騎手である事も忘れてはいけません!サムソンはスタイルを崩され競走馬として最も充実した期間であるはずの後半を無駄にしました。

騎手と馬のパッケージを考えれば、完成度に随分差があるように思えます。


冷静に考えれば、ダイワスカーレットは骨瘤の程度が分からず、ぶっつけで天皇賞。
ウォッカは一叩きして状態がアップして得意の(ベストの)東京コース。本当に状態が良さそうで、実力を考えても余程の事が無い限り連は外さない気がします。

人気に差がなければ割が悪いと思いつつ、(この割が悪いと感じている事が冒頭に書いた煮え切らない所であります。)それでもウォッカの前走の逃げが納得いかず、余程の事(馬が掛かって力を出せない)がある事を期待します。
中距離現役最強馬に相応しい馬がいるのに、競馬のスタイルさえ固定してもらえない馬が中距離最強馬の称号を得るところは見たくありません。その相応しい馬がたとえ7か月の休み明けであっても。

ダイワスカーレット◎の最後の拠り所は天皇賞に出てきた事。状態がまだイマイチなら少しでも時間の取れるエリザベス女王杯に向かったと思います。また、天皇賞からJCは使わずに有馬に向かう事。この馬はスピードが勝っている為、純然たる中距離馬であり、距離でベストと言えるのは2200mがギリギリだと思います。有馬で好走したのは相手が余力が残っていなかった事とコーナー6回のゴマカシの効くコースだった為だと思います。
今年も同じ意味で有馬で好走してもおかしくないのですが、勝つとなると先行押し切りの出来る(先行押し切りの強固なスタイルを持った)マツリダゴッホはかなり厄介な存在です。
今年をこの2戦に絞った以上、どちらかが勝負レースでしょう。有馬は2500mでコースの形体、年末の中山の芝、マツリダゴッホの存在を考えれば、上がりが掛かる競馬になるのは間違いなく、スピードと終いの斬れを武器にするダイワにとっては向かないレースになる公算が高く、やはり勝負は休み明け初戦でも今回の天皇賞と判断します。

また2頭が先行してガチンコの先行馬にとって厳しいレースになっても、状態さえ悪くなければ残るのはスタイルが確立されていて、破綻の可能性の少ないダイワスカーレットだと思っています。

« 菊花賞の回顧 秋華賞で取り損ねた分を取り返して余りある9万馬券 | トップページ | 天皇賞(秋)の展望 2  好調期? »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

競馬素描」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/24852960

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞(秋)の展望  最強の称号、確立された競馬のスタイルを持つ者:

« 菊花賞の回顧 秋華賞で取り損ねた分を取り返して余りある9万馬券 | トップページ | 天皇賞(秋)の展望 2  好調期? »