2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 富士Sの予想 | トップページ | 菊花賞の予想 »

菊花賞の展望 2

菊花賞のオッズ見るとかなり割れています。オウケンブルースリはもっと抜けた1番人気になると思っていました。穴と思われた馬も、混戦と思われた秋華賞で人気薄が勝った為か、ディープスカイ、ブラックシェルがいない為の人気の分散か、ほどほどのオッズに。神戸新聞杯で単勝100倍以上だったロードアリエスが5着で今回のオッズが19倍というのはまぁいいとして、同じく単勝100倍以上だったフローテーション、メイショウクオリアがそれぞれ12着、17着に敗れたのに今回本番の菊花賞で21倍、33倍というのは不思議な感じがします。
役者が揃っていないという事でしょう。

水曜の菊花賞の展望で書いたとおり、本命はナムラクレセントで行く予定です。
先行馬が楽に最後の直線を迎えて速い上がりが出るようなレースになれば、勝負所でスパッと斬れる脚のないこの馬の出番は無いでしょう。
期待するのは長い区間ジリジリとしっかり伸びるこの馬の末脚。他の馬の脚がゴール前で一杯になる時にこの馬の台頭があると思っています。その為にはある程度早めにレースが動き出し、長く脚を使う必要のある質のレースになる事が必要です。

馬の力から考えて一番勝利に近いのはスマイルジャックだと思っています。しかし今回は別の意味でこの馬に期待しています。
神戸新聞杯では初の関西への輸送もあり、折り合いを欠いて力を出せませんでした。今回は早めに関西入りしてこの点が改善される可能性はあります。しかし今回は淀の3000m、鞍上は小牧騎手。その小牧騎手のコメントで、ダービーのレースについて、なぜか折り合ってしまったとの趣旨のコメントが、勝利に一番近いと言いましたが、その最低条件はしっかり折り合う事。今回は折り合えない方にベット。
地方出身ジョッキーは先行競馬の精度が高く、期待する事が多いのですが、京都の長距離をこなす事は難しく、独特のセンスと経験が必要で、地方競馬では学べない要素が多いと思います。
天皇賞春、菊花賞は騎手の腕の比率が大きく、横山典騎手は別格としてこの2つレースは常に関西の経験豊かな騎手が上位を独占しています。京都の外回りコースを熟知していないと馬の能力を引き出す事が難しいコースです。地方出身ということでは、安藤騎手、岩田騎手はすぐにクリアーしてしまいましたが、小牧騎手はどうでしょう。
折り合いを欠いて、スタミナ寄りのレースの流れを作るのに一役買ってくれるものとして(悪い意味で)期待しています。
アグネススターチ、ミッキーチアフル辺りが逃げ候補、マイネルチャールズも早め先頭の積極策を示唆、一筋縄ではいかない横山騎手なのでどんな競馬か分かりませんがノットアローンも先行、この先行集団に折り合いを欠いたスマイルジャックが絡んでくれれば、ナムラクレセントの台頭が期待できるレースの流れになるのでは?

一番人気のオウケンブルースリ
このレースで1番人気になるだけの力量を備えた馬だと思っています。単勝2倍くらいだと思っていましたが、現在単勝4倍程度の人気。
2走前から内田騎手に。その2走前の1000万のレースを圧勝。デストラメンテとセントライト記念を勝ったダイワワイルドボアをちぎっての勝利。このレースでよほどこの馬の力量に自信を持ったのか次の神戸新聞杯では最後方付近で折り合いに専念する競馬。すでに菊花賞で折り合う事を視野に入れてのレースだったのでしょうか?
今回もおそらく後方からのレースでしょう。京都の3000mで小牧騎手と同じ事が言える訳ですが、内田騎手は中央のレースで不思議と距離の長いレースで結果が出ているジョッキーです。後ろで折り合えさえすれば、最後に上位にまで持ってくる腕っぷしのある騎手です。加えて、先行馬が一杯になってナムラクレセントが台頭する事を期待しているので、この馬には重い印が必要だと思っています。

他の馬では1000万で◎馬と互角の走りをした、このコースを知り尽くしている武騎手鞍上のスマートギア
ダート戦以外は好走、神戸新聞杯ではプラス22キロで5着と今回6戦目で未知の魅力もあるロードアリエス
この馬が4角先頭では?と勝手に思っている明らかに力をつけている馬、先行馬で距離持つか疑問も横山騎手の操る馬なら、ノットアローン
スマートギアとアペリティフ、ナムラダイコクを破って1000万勝ち、京都新聞杯でも唯一後方から差し込んで0.2秒差の4着、鞍上も川田騎手、それなのに何故かビリ人気のホワイトピルグリム
スプリングS2着の後は馬体が戻らずに迎えた皐月賞とダービー、前走は大敗するも体重を戻して最後の1冠に出て来た、母父にリアルシャダイの入っているフローテーション

この辺りの馬が気になっています。

« 富士Sの予想 | トップページ | 菊花賞の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/24748537

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞の展望 2:

« 富士Sの予想 | トップページ | 菊花賞の予想 »