2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« セントライト記念の展望 | トップページ | セントライト記念、ローズSの回顧 »

ローズS、セントライト記念の予想

昨日セントライト記念の展望をしましたが、考えがまとまらずローズSの予想を先に書きます。

こちらはすんなり本命はブラックエンブレム
本番ではたぶんあまり評価しない馬ですが、トライアルホースとしてこのレース本命にします。ウォーエンブレム産駒が道悪でどうかは疑問ですが、おそらく1800くらいが距離としてはベスト。春のトライアルのフラワーCではレッドアゲートを抑えて勝利、桜花賞では思わぬ後ろから競馬になってしまって勝負にならず、オークスは4着。前に行って掲示板に残れたのはこの馬だけでした。
それほど速い上がりが使える馬ではないので前に行ってレースの主導権を握り後ろの馬に差されないためのラップ構成が必要ですが、そんな馬に願ってもない岩田騎手が乗ります。3週続けて岩田騎手の乗る馬が本命になってしまいましたが、先週のトウホウアランの騎乗でも1着固定の馬券だったので外れでしたが、この馬を2着にしたのは先行競馬を選択し、ゴール前馬を残す技術に長けた岩田騎手が乗ってこその2着でした。おそらく今の日本のジョッキーで先行競馬の精度という点で彼は抜けた存在になっていると思います。
初騎乗でブラックエンブレムをどう操るか今から楽しみです。

対抗はレジネッタ
なぜクイーンSを使ったかは分かりませんが、ローズSも使い、おそらくこの後、秋華賞、エリザベス女王杯と使う事になると思いますが、そうなるとこのレースにかなり仕上げて出て来る事は考えずらく印を落とそうと思っていましたが、今回は雨で道悪。フレンチデピュティ産駒はこのような馬場では特別なので持っている力と合わせて素直に対抗にします。このレース勝つ必要は無く、また確実に勝つために仕上げてきたとも思えず2,3着付けに。

以下
▲ダイワスピリット
△メイショウベルーガ
△トールポピー
△オディール
△ムードインディゴ
△エアパスカル
△トラストパープル

馬券は
◎→○→▲△
◎→▲△→○
の3連単14点で勝負。

セントライト記念は簡単に。外枠の人気馬を軽視して、内枠で前に行けるキングスエンブレムを本命。

◎キングスエンブレム
○ナリタダイコク
▲ネオスピリッツ
△フサイチアソート
△ノットアローン
△クリスタルウイング
△フサイチアソート
△ロードニュースター

の馬連7点で。

« セントライト記念の展望 | トップページ | セントライト記念、ローズSの回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/23904672

この記事へのトラックバック一覧です: ローズS、セントライト記念の予想:

« セントライト記念の展望 | トップページ | セントライト記念、ローズSの回顧 »