2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« セントライト記念、ローズSの回顧 | トップページ | オールカマー、神戸新聞杯の回顧   »

オールカマーの予想

オールカマーはマツリダゴッホが1.4倍の圧倒的1番人気、神戸新聞杯はダービー馬ディープスカイが2.4倍の1番人気。
マツリダゴッホはディープインパクトのような単勝オッズですが、相手が弱い事が大きな要因でしょう。確かに無類の中山巧者であり、勝つ為の競馬の型をもっており、それを理解している蛯名騎手が鞍上です。相手を見ればグランプリホースにこのオッズが付いてもいいような気もしますが・・・・・。
札幌記念の回顧の時に書きましたが、前走の札幌記念は海外帰りで馬体重を大きく減らしての出走。コンゴウリキシオーが無茶なペースでレースを引っ張り、この流れを前目でいつも通り4角先頭で押し切る競馬。今までのレコードタイムを0.3秒上回る走りをしました。復帰戦にしては馬体を減らしたままでの一番負担のかかる競馬。しかもレコード。とても理想的とは言えず、相手がいくら弱くても前走の状況と59キロを考えれば1.4倍の単勝オッズはどうかと。逆らってみたい気分があります。
天皇賞をパスして有馬記念に賭けると聞きましたが、そうならこの1戦までは何とかなりそうな気もしますが。
天候が雨で道悪なら馬の状態は気にせず、逃げてしぶといホワイトマズル産駒のシャドウゲイトをマツリダゴッホに勝てる馬として◎を打とうかと考えていました。
明日は晴れのようですし、今日500万のマイル戦で1分32秒7のタイムが出ているので時計も速そうです。この馬は時計の掛かる馬場でこそと考えているのでこの馬を買う事はできません。
横山騎手の奇策に期待してキングストレイルにしようかと思いましたが、奇策に期待するのも・・・・。
他の馬も1着と言うとあまりイメージが沸かない馬ですが、エアシェイディを◎に!
今年に入ってから競争馬としてのピークの状態にあります。冬場の中山の3重賞全てに好走。安田記念、宝塚記念も0.7秒差、0.6秒差とそれほど負けていません。いい脚の続く区間が短いので勝てそうで勝ちきれないタイプの馬ですが、マツリダゴッホに前走の反動が少しあり何かにやられるようならこの馬しか思いつきません。
マツリダゴッホが中山巧者と言ってもほとんどが冬場のレースで、実は冬の中山(の時計の掛かる馬場)巧者なのかもしれません。去年のオールカマーは相手はかなり弱いメンバーで勝ちましたが2着シルクネクサスとは差があまりありませんでした。このレースにエアシェイディが出ていたらどうだったでしょう。
時計の速い馬場はエアシェイディに有利に働く気がします。しかし勝つ為にはこの馬に一番多く乗っている後藤騎手の好騎乗に期待するしかありません。今年のAJCCは巧く乗って1着が取れましたがあのような乗り方を。

印は
◎エアシェイディ
○マツリダゴッホ
△ブラックアルタイル
△マイネルキッツ
△キングストレイル
△トウショウシロッコ
△ミストラルクルーズ

馬券はマツリダの1.4倍に逆らった馬券。
◎→○→△
◎→△→○ の3連単10点。

逆らわない馬券も。
○→◎→△ の3連単5点。


万が一マツリダゴッホに前走の反動がかなり出ていた時の為に
◎ー△ の馬連5点も買っておきます。

来週からいよいよ秋のG1が始まります。神戸新聞杯もありますが、今週は無理せずG1シリーズに資金をとっておいた方がいいような気がします。

« セントライト記念、ローズSの回顧 | トップページ | オールカマー、神戸新聞杯の回顧   »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/24077245

この記事へのトラックバック一覧です: オールカマーの予想:

« セントライト記念、ローズSの回顧 | トップページ | オールカマー、神戸新聞杯の回顧   »