2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« オールカマーの予想 | トップページ | 政治家の失言だと空騒ぎする事について »

オールカマー、神戸新聞杯の回顧  

オールカマーマツリダゴッホの圧勝。それもどうしようもないほどの圧勝。日経賞に続き中山でこの馬に逆らいましたが完全なる返り討ちに。
完全に競馬の型を持っている馬の強さを痛感しました。騎手もどこでどう馬を動かせばよいか熟知してますし、馬もそれをよく分かっている。力量がある上に、中山の適性抜群となれば至極当然の圧勝劇でしょうか。
この馬の1着を嫌った最大の論拠は前走、海外帰りで馬体を減らしたままのレコード決着となるとなるレースを先行押し切りを狙う激走し、その反動がありはしないか?でしたが、馬体は490キロまで戻り、周囲の動きに惑わされる事なく自分の型の競馬をし、反応も抜群。グランプリホースを舐め過ぎていました。
大外れですが、これだけの走りをされるとかえって気持ちがいいような気もします。
次走は天皇賞でしょうか?この馬の競馬の型は中山で勝つ為に最強の型で、東京では脚の使い所が違いますし、最後に斬れ負けする可能性が大きいと見ているので軽視する予定です。
◎にしたエアシェイディは案外な結果。力が出し切れたとは思えず、次走人気が落ちるようなら勝ちのない2,3着候補として買ってみたい気がします。
3着トウショウシロッコも後ろから脚を伸ばす競馬でここでも結果を出しました。今後はメンバーによっては重賞でも3着突っ込みが期待出来るかもしれません。

神戸新聞杯
こちらは実力上位と考えられている馬が順調に上位を占めました。
1着はディープスカイ
秋初戦にしては意外なマイナス6キロでの出走。それもトライアル戦で。前走のダービーが余裕残しという事はないでしょうからこの辺りはどうでしょう?ダービーを勝った馬の次走をかなり前から見てもとマイナスで出てきたのはディープインパクトくらい。「インパクト」は生涯馬体重の変動が極めて少なかった馬で、この点でもまさに名馬中の名馬なのですが、「スカイ」はどうでしょう?「スカイ」がNHKマイルを挟んでのダービー馬、変則の2冠馬という事も忘れてはいけないと思います。
レースぶりは最内枠だったので、早めに進出するいつもとは違う競馬。これは勝てないかな?と思いましたが押し切ってしまいました。この世代ではやはり頭一つ抜けていると思います。そう思いつつもどうしようもなく強い馬ではなさそうだとも思いました。
最近のダービー馬はその後パッタリと勝てなくなる事が多いです。これはダービーというレースの過酷さを意味していますが、出来ればプラス体重で出走したいダービー明けの初戦。それをマイナス6キロ。
次走は菊花賞か天皇賞らしいのですが、個人的には(馬券的には)天皇賞に出てもらいたいと思っています。斤量の軽い3歳馬の不動のトップの馬として人気になるでしょうから。

2着、ブラックシェルはNHKマイルに続きディープスカイに勝利を阻まれました。ディープスカイを意識した感じで武騎手が非常に巧く乗りました。世代で力量上位は間違いないのですが、菊花賞では積極的に買いたい馬ではありません。

3着オーケンブルースリ
この馬は中団辺りから世代トップクラスの馬相手にどの位の斬れる脚が繰り出せるのか注目していた馬なので、後方からの競馬は少し残念でした。レースはインコースでロスなく進む競馬を選択。ほとんど最後方だったので前に馬が入って少し外に進路を求め、4角過ぎ辺りでは1,2着馬に比べると絶望的な位置に。そこから3着まで盛り返した脚は見事なものでこの馬はかなり強いと思いました。乗り方によってはまだパフォーマンスを上げる可能性があり、菊花賞でも大注目の1頭です。

惨敗したスマイルジャック
この馬にとって初めての関西圏に移動してのレース。菊花賞の前にこの事を経験出来たのは良かったと思います。セントライト記念ではなく神戸新聞杯に出た事は正解だと思います。
レースはいかにも頑張って走ってしまった感があり、次走で輸送にも少し慣れれば違う走りが期待できるかもしれません。道中溜めのきくレースが出来れば力量的には勝ち負け出来る馬だと思います。小牧騎手は牡馬のクラシックでも勝利をあげてほしいと思っている騎手ですが、京都の外回りの長丁場はかなりの試練になると思います。

« オールカマーの予想 | トップページ | 政治家の失言だと空騒ぎする事について »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/24132063

この記事へのトラックバック一覧です: オールカマー、神戸新聞杯の回顧  :

« オールカマーの予想 | トップページ | 政治家の失言だと空騒ぎする事について »