2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 朝日CCの予想 | トップページ | セントライト記念の展望 »

京成杯AHの回顧

京成杯AH
一週前の新潟2歳Sに続き先行を期待して◎を打った馬がまさかの出遅れ。ゴスホークケンとダンツキッスイが飛ばして2~4つ目の区間が10.1-10.5-11.2。間幕週の先行有利の馬場でもこれは速過ぎ。ゴスホークケンはともかく、ダンツキッスイは速いペースで行って終いまで脚のもつ持続力のある馬でもないのでこれはただの暴走。逃げた時にしか結果の出ていない馬なので前に行きたいのは分かりますが。
この暴走で一番利があったのが勝ったキストゥヘブン。この馬場状態ではこんなペースにでもならない限り、大外枠の差し馬が自力で勝つのは相当力の差がないと難しいと思います。大外枠で仕方なく印を下げた馬でした。
利があったとはいえ早めに動き出して大外のまくりで上位進出、直線を向いた頃には先頭と差の無い位置にまで。この時点でなお余裕があるようにも感じました。その後、直線なかほどで本格的に追い出し確実な勝利を手にしました。
流れに巧く乗せた藤田騎手の手腕も見事ですが、大外早め進出で最後までしっかり伸びていたのはこのメンバーの中では力量上位という事でしょう。一時期の不振を脱し、今年に入ってからのレースはどれも力を出しており、こういう牝馬は凡走するまで「買い」の馬でした。しかしながらやはりこの馬場で大外枠に入ってしまった差し馬に重い印を打つ事は私には無理な事でした。
適性は明らかにマイル近辺の馬で、その条件では凡走するまで「買い」の牝馬ですが、今回負担のかかるレースだったので次走はどうでしょう?

2着、レッツゴーキリシマ
内枠、中山マイル、先行有利の馬場、ステキシンスケクンの作る一本調子の流れは持続力に秀でたこの馬に向く事(予想の段階での考え)は明らかな買いの材料。休み明け、スプリングS→皐月賞→NHKマイル→ダービーのローテは間隔を考えてもやり過ぎのローテ、それに時計の速いレースに対応出来るか?は消したい材料。この2つ天秤にかけ最後まで迷った馬で予想の時に( )を付けて書きましたが、見事な走り。
一つ上のローレルゲレイロと同じようなダービーまでの過酷なローテ組まれました。ローレルゲレイロは4歳になってやっと復活しましたが、この馬はいきなりの好走。タフな馬です。
レースは飛ばす2頭から離れた4番手くらいを追走。馬場を考慮に入れても、この位置でさえ理想よりは少し前か?ロスなく進めた後、4角で早め先頭を目指さず、馬なりで直線を向いたところから追い出し。この判断が正解だったと思います。追い出すタイミングはほぼ完璧。勝てるレース運びでした。離れた外から差してくる馬が1頭いた事は運がなかったかと。
次戦が楽しみな馬です。中山以外でも結果を出すようだとかなり力をつけた馬という評価が必要になりそうです。

3着ステキシンスケクン
何にしても「出遅れ」に尽きます。レッツゴーキリシマ辺りの位置で自分の競馬が出来れば面白かった馬だと思います。いいスタートを切っていたら前の2頭を追いかけてしまった可能性もありましたし・・・・・しょうがないですね。
前に行けなかった時点で少なくとも勝ちは無くなりましたが、あの位置から3着に来たのは立派。今後も中山マイルでは注目の馬だと思っています。特に一貫した緩みのない一本調子のラップのレースで強みを発揮すると思います。それも自分が先行してその流れを作れれば一番良いと思っています。またそれが出来るのが中山のマイルかと。
逆に違う条件では強みを活かせるか?という点で買いにくい馬です。

« 朝日CCの予想 | トップページ | セントライト記念の展望 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/23793502

この記事へのトラックバック一覧です: 京成杯AHの回顧:

« 朝日CCの予想 | トップページ | セントライト記念の展望 »