2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 京成杯AHの回顧 | トップページ | ローズS、セントライト記念の予想 »

セントライト記念の展望

明日はセントライト記念、菊花賞で好勝負出来る馬がこの中にいるのでしょうか?
枠順は有力馬と思える馬が揃って外枠に!
明日雨が降らなければ、今の中山の芝は時計が速く、前が有利なので例年のセントライト記念と同様に緩急の少ない締まったラップのレースになると思っています。

枠順もあってまだ本命馬というか、勝てそうな馬が見つかっていません。

1番人気、マイネルチャールズ
前に行ければ好勝負になる馬ですが、外枠で前に行けず差しに回るとよほど前半速いラップになって上がりが掛からないと勝つ事は難しそうです。中山中距離に実績がありますが、どれも時計の掛かる馬場状態でのもの。今回の速い芝ではどうでしょう?

2番人気、ダイバーシティ
たった3走目でいきなり重賞を差のない3着と好走。レース毎にタイムをつめている事も好感が持てます。しかし、馬体を減らしながらの好走である事と、前走4キロ差あったこのレースも一緒に走るノットアローンに負けている事はマイナス。しかも前走は外枠でしたが、すぐに内に入れ道中前に馬を置いて巧く走らせた横山騎手の騎乗技術に助けられた感も。それで2番人気は期待値込み?

3番人気、クリスタルウィング
ダービーは大外枠がひびきました。今回も17番に。前有利の馬場の中山でフルゲートの外枠は?内田騎手が引き続き乗ってくれるのはプラス。スタートで前に行ってしまえば。

4番人気、キングスエンブレム
人気馬で唯一の内枠、しかも前に行ける馬で武騎手が騎乗。心配は前走馬体を減らして出た若葉Sでまさかの惨敗している事。立て直せていればいいのですが。この馬間隔を詰めてレースに出る時は馬体が減っているのであまりタフな馬ではなく一つ走るとそれなりにダメージを受ける馬なのか?その意味ではいかにもトライアルで好走しそうな馬で、間隔が空いているのもプラスか?

5番人気、フサイチアソート
馬体を減らしてクラシックで勝負になりませんでしたが、ついに馬体も戻ってそれなりに走った事で、新潟記念の回顧で次走期待する馬として取り上げました。東京スポ杯2歳Sの走りは見事でしたし。今回のレースでも期待したいのですが、トワイニング産駒の馬に距離延長はプラスになるとは・・・・。距離短縮のレースに出るなら本命候補にしたと思いますが。

6番人気、キングオブカルト
結果を残している馬ですが、勝ったレースは全て13秒以上のラップが2,3回入る中弛みのレース。今回はとてもそのようなレースにならないので、今回この馬の強みは発揮出来ないでしょう。

7番人気、タケミカヅチ
力量の割に評価が低すぎると思いますが、共同通信杯、弥生賞、皐月賞の好走は全て内枠を引き、騎手がそれを利して巧く乗った事が大きな要因。フルゲートの大外枠ではそれなりに厳しいレースになりそうです。

8番人気、ノットアローン
前走は強い競馬。レオマイスターというよりは宝塚を勝ってノリノリの内田騎手にやられた感があります。勝ちに等しい競馬でした。この馬コーナーの回り方が巧く、加速のスムーズで小回り競馬は合います。今回の条件はこの馬に一番向きそうです。
心配はレース毎にパフォーマンスにかなりの差がある事。白百合Sは陣営は勝つつもりで送り出しましたが、案外なレース。仕上がり具合ではなく、レースでこの馬がどれだけ気持ちよく走れるかが、好走、凡走を決めていまいそうです。すんなり逃げれて気分よく走れれば勝ってしまっても不思議ではありません。軸にはしずらい馬でしょうか?

と有力と思える馬はどの馬もマイナス面が目に付き予想を難しくしています。

« 京成杯AHの回顧 | トップページ | ローズS、セントライト記念の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/23891877

この記事へのトラックバック一覧です: セントライト記念の展望:

« 京成杯AHの回顧 | トップページ | ローズS、セントライト記念の予想 »